« ■パピヨンローゼ New Season 第1話「アキバは萌えているか」 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第22話「インディゴの夜明けに」 »

2006.03.13

■LEMON ANGEL PROJECT 第10話「青いスタスィオン」

 新生Lemon Angelの合宿も、無事に終了したみたい。
 いよいよ明後日から、レコーディングが始まります。
 特に描写は無かったけれど、みんなそのレベルに達したんだよね。
 それは凄く楽しみです。
 最近、曲も耳に馴染んで来たし、早く全員揃っての歌が聞きたくて仕方が無い私なのでした。

 その前に、一日だけのオフ。
 早夜だけ何故か、ピンの仕事へと…。
 デビュー前にそんなことしてて、いいのかなあ。
 小暮さんも、何を考えていたのやら。
 まあ、早夜にとって気の進まないお仕事でも、絶対に断れない事情があったわけですけど(笑)。
 苦しかった時代にお世話になった人の恩って、大切にしたいですもんね。
 そういった人達への恩返しはして行かなくっちゃ。
 逆に、辛い目に遭わされた相手は、例え謝って来たって、未来永劫許しちゃ駄目。
 私だってそうするもん。

 今回の地方営業は、「ありがとう!福澄駅~さよならセレモニー~」なんですって。
 ポスターにはそう書いてありました。
 詳しい事情は何も説明がありませんでしたけど、普通に考えると、鉄道自体が廃線になっちゃうってことですよね。
 そういう場合は、駅じゃ無くって鉄道名か線名が入るのが普通なんだけどな。
 あ、もしかしたら、ダムの建設とかで駅のある場所が水没するっていうパターンかしら。
 それなら、駅のお別れをするっていうのも納得なのです。
 まあ、開通のときならともかく、廃線のときには、アイドルのステージなんてやらないと思いますけど。
cap001
 ヘッドマークは「さよなら福澄駅」です。
 にしても、この車輌を描いたのって、一体何処でどんな生活をしている人なのでしょう。
 酷過ぎるー。
 2両目に見えるの、一体何だあ…?。
 銀河鉄道999じゃあるまいし。
 確かに未来のお話ではあるのですが、なんとゆーか。

 早夜って、芸能生活は本当に長いんだなあ。
 グラビアアイドルの前は、着ぐるみ少女アイドルだったんですって。
 歌とは全然違う方向性の所に居たわけでしね…。

 で、当然のように残りのみんなもこっそり見に来ているわけですが…。
 あれれ?、どうして美希まで居るの?。
 そういうこと、しなさそうなのにね。
 って、美希は、何と、電車マニア、だったのでした!!。
 「えーっ!!」。
 「…本当ですか!?」。
 「意外ー…」。
 バックに電車とSLの警笛が流れるのが、また情け無いの。
 ただ、ここの電車の方が、さっき出て来た気動車よりも、よっぽどいいと思いますけど…。

 でも、エリカってば、そんなことばらしちゃ駄目だよう。
 そういうの、隠したい人は、隠しておきたいものだもん。
 女の子だったら、尚更です。
 私も、女の子の電車マニアの設定なんて、初めて見ました。
 しかもそれが、あの、諏訪美希なんですもん。
 びっくりしちゃう。
 趣味としての優先順位は、タクミより上みたいだし。
 撮り鉄みたいだし。
 「今後の研究」とかも言ってた。
 廃線電車のフロントプレート(って何だろ)が貰えるとなったら、無茶な依頼も即決してたし。
 あわわ(^^;。

 この人達、意外とお笑い系へのノリがいいんですよねえ。
 いつもは大人しいみると冬美だって、実はそういうのが大好きだもん。
 早夜は人情に弱いし。
 今回の強引なお話で、美希もすっかり溶け込んじゃいました。
cap005
 あ、さっきより違和感は無いかも。
 実は、ダブルデッカーの気動車だったのかしら。
 音は電車ですけどね。

 そして、揃って1日駅長さんをやるよ。
 みんな、楽しそうだし。
 廃止になった後のこの駅って、LEMON ANGELのプロモのロケ地として、使えそうだよ。
 そこまでシナリオがリンクしていたら、楽しいですよね。
 ヒマワリが咲いた、山の中の、田舎の駅。
 過去を忘れられない人、明日を信じて歩いて行く人、誰かを待っている人、そんな人達が行き交っていた駅なのです。

 おばーちゃんとのエピソード、単純ではありますけど、みんなの気持ちがちゃんと分かる、いいお話でした。
 今まで本性を見せなかった美希も、すっかり馴染んだみたいですし。
 早夜にだって、普段は見せない一面があるんだもんね。
 楽しかったです。

 そして、いよいよ最終列車。
cap006
 って、おい!。
 2両目は本当に機器室オンリーじゃないかあ!。
 はっ。
 これはもしかして、1970年代前半に、日本国有鉄道が開発したガスタービン動車キハ391系、その量産車なのかも!?。
 実用化していたんだ!。
 良く見ると、中間車が先頭車を支持する形の連接台車になっているのも、キハ391系同様なのです。
 渋いなあ。
 もしかしたら、更に進んだ原油高で運行が困難になって、路線ごと廃止って設定なのかしら。
 びっくりしちゃいました。
 ちなみに、キハ391系は、JR東日本の大宮総合車両センターで保存されているので、イベントのときなどに見ることが出来ますよ。
 ここに出て来た車輌とは、全くの別物ですけど。

« ■パピヨンローゼ New Season 第1話「アキバは萌えているか」 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第22話「インディゴの夜明けに」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

LEMON ANGEL PROJECT」カテゴリの記事

コメント

DVDレンタル待ち組さん☆

 はい、これはまさに変な電車です。
 DVDでも、わざわざ直したりはしないんだろうな…(^^;。

変な列車が出てキターーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■LEMON ANGEL PROJECT 第10話「青いスタスィオン」:

» LEMON ANGEL PROJECT 第10話 『青いスタスィオン』 [よせあつめ離島]
久々に当たり回キタコレ! こういう話があるからLAPはやめられない。 作画も微妙に復活してきたし。 で、今回OP担当は今回のメインでもある早夜こと小清水。 まあ、無難な出来? ていうか、門(略) 地方の廃駅でのイベントに出演することになった早夜。 昔の恩....... [続きを読む]

« ■パピヨンローゼ New Season 第1話「アキバは萌えているか」 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第22話「インディゴの夜明けに」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー