« 私だけのリバティ | トップページ | 森と海のパレット »

2006.02.23

PC版のSHUFFLE!を進めます

 ノートにインストールしたままになっていたSHUFFLE!、川湯温泉で湯治しつつ(←?)、一気に進めるよ。
 今まで、余裕が無くって、殆ど出来なかったから…。
 アニメの録画が溜まると、ついついそっちの消化を優先しちゃうんだもん。
 とりあえず、攻略とかは見ないで、自力で楓ルートを目指すです☆。
 んと、導入部は、アニメやコミックと同じ展開なんだあ。

 楓はやっぱり可愛いよ。
 稟も、楓に対して、至って普通の反応をするのがまた可愛いの。
 アニメの二人って、同居してる幼馴染みにしては、ちょっと違和感あったもの。
 ゲームだと、一緒にテレビとか見てるから、凄い安心感があったり。
 そういうの、凄く見たかったもん。
 まあ、アニメが無ければ、私がこの作品に触れることも無かったでしょうから、アニメだって大切ですよね。
 今回は感想率調査に参加していないので、このアニメの最終的な評価はしてませんけど、それは逆に良かったかも。
 TVアニメーションSHUFFLE!の評価って、どうにも困るんです。
 ついついネガティブな評価をしてしまいそうなので…(^^;。

 それはともかく。
 楓の設定の中で「頭脳明晰、運動優秀」っていうのは、アニメではそんなにクローズアップされて無かったよね。
 英語と物理が得意なんだあ。
 「一途で健気でちょっぴり天然」ていうのは、本当にそうですー。
 妬けちゃうわ(笑)。
 楓のセリフはアニメよりもゆったりのんびりですけど、これはこれでいいかも。
 楓のセリフは一言も聞き逃すまいと集中していました。
 他の人達のセリフはキャンセルしても、楓のは最後まで全部聞くです。
 ばか。

 楓は、プリムラともしっかり線を引いてたりするんだなあ。
 中々に融通の利かないコみたい。
 稟だって、シアや亜沙先輩に対して、はっきりと楓の料理の方が美味しいって言ってますし。
 偉い偉い。
 でも、「恨まれる前」とかさくっと言うなー。
 怖いの思い出しちゃうもん。

 プリムラは、ちっちゃいです。
 いえ、声が…(^^;。
 油断してると聞き取れないもん。
 役割としては、楓と何か対になってるのかとも思ったけれど、そういうわけでも無いみたい。
 てゆーか、プリムラ、芙蓉家から出て行っちゃいました。
 何かまずいルートに入ったのかなあ。
 でも、選択肢、何も無かった筈だけれど…。

 亜沙先輩も、何だか可愛いぞ。
 正直、アニメの亜沙先輩のキャラデって、好きじゃ無いです。
 亜沙先輩役の声優さんの声を聞いただけで、頭痛がしていたりもしたのですが、それはちょっとだけ緩和したかも。
 ん「しないと人間滅んじゃう」と言われましても…。
 実はあそこ、まだあんまりそーいう気分じゃ無かったのですが(^^;。
 楓の行動とセリフは結構唐突なので、実は稟君、かなり振り回されて無いですかあ?。
 でも、ちゃんと稟と楓のことを描いてあるから、私は嬉しい♪。

 どーでもいいのですが、バーベナの食堂って、朝からずっと開いてるんですね。
 それはちょっと便利そう。
 夏休みも終わって、シナリオはちゃんと私の目指すべき方向へ進んでいるかな…?。
 つづくっ。

« 私だけのリバティ | トップページ | 森と海のパレット »

SHUFFLE!」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ヴァンチさん☆

 ゲームの楓が救済キャラなら、辛い過去の部分がさらっと流されているのも納得なのです。
 私がゲームを始めたきっかけが、アニメの結末にがっかりしたから、だったので、ゲームでも結構幸せだったりしています(笑)。
 稟と楓の関係って、年齢制限の無いPS2版の方が、むしろうまく処理してあるのかな?、なんて想像しているのですが、どうなんでしょうね。
 PC版では、楓の行動に結構振り回されましたもん。
 あはは(^^;。
 稟と楓の描き方としては、仲良しだった子供の頃もしっかり見せてくれて、丁寧な描き方をすれば、もっともっと切なく楽しいストーリーが作れるような期待があったりもします。
 お墓絡みの部分は、小説ならではの繊細な描き方でしたね。
 ただ私には、別々にお墓参りに行くっていうのは、少しだけぴんと来ない部分があったりするかも…。
 二人の関係を的確に表現しているとは思うのですけど。
 ドラマCD(FILE.03)は、ストーリー自体は楽しかったのですが、「思い出せない過去」の部分は、やっぱりちょっとだけ引っかかる、かな?。
 楓の扱いって、難しいんですよねえ。
 亜沙先輩エンドにして、しかも楓はそのまま稟の近くに居る、なんて結末に持って行ったアニメは、今更ながら凄いなあ、なんて(^^;。

僕がゲームを初プレイしたときにクリアした初めのキャラが「楓」でした。
実はこれは理由があり、このゲームには「バットエンド」が存在せず、楓はその救済キャラなのです。
ほかの娘とのフラグが立たなかった場合、必ず楓のEDになります。
ゲームクリアーの当時はあのEDでも満足はしたのですが、小説版を読んでしまうと物足りなさを感じてしまいます。
ゲーム版の場合、楓の自己嫌悪による箍がはずれ今まで我慢した欲求に素直になりいちゃいちゃし始めた、という言うのが素直な感想。
小説版の場合はようやくお互いの過去を受け入れ二人で歩いていこうとする姿勢の表れのような印象を受けるのです。
前にも書きましたが小説版「楓」編の最後の挿絵がものすごく気に入っていまして。
「稟君に許しを得て恋人同士になりました。」で終わるEDよりも、全ての発端、「互いの親の死」その墓参りにようやく一緒に行くことが出来、そして今この二人の周りには仲間がたくさん出来て、今が幸せであることを実感する。
こっちの終わり方のほうが好きだな・・・やはり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/8802068

この記事へのトラックバック一覧です: PC版のSHUFFLE!を進めます:

« 私だけのリバティ | トップページ | 森と海のパレット »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー