« 電車のお話 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第10話「追憶のスノーホワイト」 »

2005.12.05

■シュガシュガルーン ルーン23「走れ走れ!友情リレー」

 勘違いとか余計なお世話とか根性とか、そういうのがみんないい方向に転がって、全てがうまく収まりました。
 それって、意外と現実にもありそうなのです。
 逆に、そういうのがあるからこそ、この世はちゃんと保っていられるわけで。
 変に理屈っぽい展開にはならず、ストレートに見せ場を作ってあったし、このお話は素直な気持ちで見れちゃいました。
 余計なことを考えてちゃ駄目なんだもん♪。

 ショコラが逃げてたの、掃除のお当番かと思ったら、リレーの練習だったという。
 あ、そーいう努力とか練習とか、ショコラには向いて無さそー。
 リレーっていう競技への認識も、実にショコラらしいとゆーか。
 関係無いですけど、いきなり佐紀子のソックスを脱がしちゃうのもね。
 クラス対抗ともなると、みんな燃えちゃうから、練習からは逃げられません。
 朝も昼も放課後も、練習したりするもん。
 私もそうでしたあ。
 リレーなんて、みんな本気で熱くなるから、走ってる方も大変だ。
 「行けー!」だの「殺せー!」だの。
 いや、殺せと言われましても…。
 これ、リレーだし(^^;。
 私だって必死だったのだあ。

 なんてことはともかく。
 佐紀子のお部屋、少し開けたクローゼットから部屋の様子を伺ってる二人。
 あ、怪しい…。
 バニラが、何かまたえらく無茶な言い訳をしてましたねえ。
 慌て過ぎ(笑)。

 まあ、今回もハートは取れませんでした。
 ハートは沢山出ていたけれど、それどころじゃ無かったもん。
 って、今回のギュンギュンシューズのエクル分は稼いでおかないとー!。
 しょうがないですけどね。
 バニラの方は、ソツ無くゲット。
 そろそろ、ああいうのを意識して出来るようになって来そうなの。
 無意識な行動の結果でも「あ、ハート取れそう」ってすぐに分かるようにはなったんだろうな。

« 電車のお話 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第10話「追憶のスノーホワイト」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

シュガシュガルーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■シュガシュガルーン ルーン23「走れ走れ!友情リレー」:

« 電車のお話 | トップページ | ■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第10話「追憶のスノーホワイト」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー