« 1.旅立ち前、私なりの選択 | トップページ | 2.東日本フェリー「へすていあ」 »

2005.10.04

■陰陽大戦記 最終回「巡る節季(とき)の中で」

 いよいよ、最終回。
 とても良く出来た最終回で、式神や色々な人達、そして自分の過去とのお別れがあったにも関わらず、見終わった後にほわほわとした暖かさを感じちゃうっていう、素敵なラストなのでした。
 EDでは、ここぞとばかりに色々と描き込んでありましたし。
 楽しいよ(^^)。

 ミヅキは可愛過ぎるよね。
 モモちゃんはちっとも変わってないから、同じ宗家の彼女なのに、随分と差を付けられちゃったみたい。
 何故か、リクはモモちゃんを見て顔を赤らめてましたけど…。
 何だよ、その取って付けたような展開は!(^^;。
 モモちゃんが凄く心配していた気持ちが、ちゃんと伝わったってことなのかなあ。
 良く分かりませんけど…(^^;。
 幼馴染み評論家の私としては、美味しい部分をみんなすっ飛ばされちゃったみたいで、激しく不満なんですけど!(笑)。
 まあ、今まで十分楽しかったから、いっか。
 モモちゃん、うまいことリクを手懐けて下さいね。
 もう障害は何も無い筈だもん。
 ね、3歳の頃からの幼馴染み、上善寺モモさん!☆。

 テルはもう置いとくとして、ソーマはうまく行くのでしょうか…。
 ビジネスと一緒で、押して押しまくるのも悪くは無いと思うのですが、押す方向を間違えると、大変なことになるもん。
 ナズナのこと、ちゃんとたらしこ…仲良くなって下さいね。
 あの二人の性格じゃ、うまく場を作るのが大変だとは思いますけど。
 でも大丈夫!、脈はきっとあるから(^^;。

 ヤクモは、何とゆーか…。
 もう勝手に宜しくやっててくれい!(^^;。
 ソツ無いなあ。

 というわけで。
 この作品を見るきっかけをくれた(幼馴染み情報を伝えてくれた)杉の木工房さんと、いつも素敵な感想を届けて下さったR'sMさんに、思いっ切りの感謝と、ありがとうの気持ちをお伝えしつつ…。
 R'sMさんの感想と解説は、この作品への愛情が溢れ出しちゃってますから、一読をお勧めしますです。
 私が書いた感想なんかはどーでもいいので、そっちを読め!(^^;。

 またまた新幹線が出てましたねー。
 形式を確認するの忘れちゃったので、それはまた後で調べなくっちゃ。
 架線柱の間隔が妙に短かったの、それだけははっきりと覚えているのですけど(^^;。

« 1.旅立ち前、私なりの選択 | トップページ | 2.東日本フェリー「へすていあ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

陰陽大戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■陰陽大戦記 最終回「巡る節季(とき)の中で」:

« 1.旅立ち前、私なりの選択 | トップページ | 2.東日本フェリー「へすていあ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー