« のどかに揺れるひまわり畑 | トップページ | 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)開業しました »

2005.08.24

■D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン #8「嵐の予感」

 2年っていう時間、それはやっぱり長かったみたい。
 純一と音夢、順調にこじれちゃってるもん。
 魔法が全てを越えるのなら、誰も傷付かないで済むかもしれないのにね。
 お互いに意地を張ってると、取り返しの付かないことになりそうで。
 純一は、そろそろ限界が近いよー。
 とうとうアイシアにまで当たっちゃって…。
 後になって、どうしてあんなことをしたのか激しく後悔するの、それは誰にだってありますよね。
 私だって、しょっちゅう。
 だから、純一の気持ちは分かる気がするの。
 アイシアの絡め方は、ポジション的に唐突な気はしますけど、それは別にいっか。

 2年前に二人が離れてしまったときの状況が良く分からないので、どちらかというと音夢の行動の方が謎だったりもします。
 辛いことを書いた手紙を送らなかったのはともかく、楽しいこととか、季節の挨拶位は送れる筈だもん。
 全く連絡も取らないで、一人で頑張れちゃうものなのかなあ。
 ある意味、音夢は執念深いんだ。
 仲直りするの大変そー。
 でも、こういう描き方って、私は結構好きです。
 見せるべき所は見せてくれて、程よく緊張感を保ってて。

 ことりは、私が思っていた以上にいいコだったみたい。
 今の状況を利用すれば、純一のこと、どうか出来たかもしれないのにね。
 何もかも全て分かった上で、自分のポジションを決めて、出過ぎたことは絶対にしないの。
 最初から、そう決めてたのかなあ。
 でも、いつか何かが爆発しちゃう可能性もありそうで…。
 火種はまだ残ってたりします。
 「危険過ぎる位に安全」って言っていた、本当の気持ちとか、ね。

 昭島もまたいい人でした。
 あそこまでの余裕があると、純一が完全に子供に見えちゃう。
 音夢の事情や気持ちに詳し過ぎるから、それはどうかとも思いますけど(^^;。

 朝倉家、あそこは音夢の家でもあるので、放っておいても音夢は帰って来ます。
 言われてみればそうですけど、それはちょっと盲点でした(笑)。
 音夢が書き溜めた沢山の手紙、今回のラストで捨てちゃいそうで、ちょっとドキドキな私だったのでした。

« のどかに揺れるひまわり畑 | トップページ | 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)開業しました »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン #8「嵐の予感」:

» ダ・カーポ セカンド シーズン [ゼロから]
不憫なことり。 音夢と喧嘩で、アイシアに八つ当たり。 なんか、音夢に他のキャラクターが食われているよ。 [続きを読む]

» D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 第8話 [パズライズ日記]
今回は、純一サイテーなお話でした。 前回ラストで家を飛び出していった音夢を、豪雨の中探しに行った純一。 しかし、音夢が昭島先生の車に乗っているところを目撃してしまいます。 翌日は朝から無駄に張り切って家事をしてアイシアと出かけますが、帰ってみれば音夢が家... [続きを読む]

» 『D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~』 #8 [【T】 Tsukasa♪'s Blog!]
ぅえぇッ!? 音夢、事故死・・・!? [続きを読む]

« のどかに揺れるひまわり畑 | トップページ | 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)開業しました »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー