« ■IZUMO-猛き剣の閃記- 第十二話「二つの魂」 | トップページ | ■魔法先生ネギま! 第26話「Non mihi, non tibi, sed nobis」 »

2005.07.02

■これが私の御主人様 第十二話「これが私の御主人様!!」

 今回のいずみ、もう沢山語ってました。
 自分に対しても、義貴に対しても。
 それを聞いていて、妙に納得しちゃう私なのでした。
 「こういう時に大抵墓穴を掘る」なんて、本当にそうだもん。
 自分のこと、ちゃんと分かってますよね。
 それは、やっぱりその通りになったし…。
 でも、義貴に平手打ちを喰らわせたりして、結構生き生きしてたのも確かなの。
 女王様の素質はあるんだもん、いつか義貴を屈伏させちゃえ!(笑)。

 いずみってば、屋敷を取り戻すなんて言ってましたけど、それは義貴を取り戻すっていうのと同義ですもん。
 そういう所、可愛いの。
 うん、いずみは可愛いよ。
 弱ってた義貴も、かなり可愛かったし(おい)。
 きやつは、何処までが本気で何処までが演技なのか、本当にさっぱり分かりませんけど。
 自分のことは、ちゃんと分かってるみたいです。
 いずみも、そのことちゃんと分かってるみたい。
 それで十分だよね。
 だから二人、話がとても早いです。
 みつきと安奈がびっくりしちゃう位だもん。

 義貴の隠し金庫対決って、面白いなあ。
 本当に、何が出るか分からないから…。
 モザイク入れなきゃならないようなお宝って、さすがにそこまでは怪しく無いでしょー。
 変態でも鬼畜でもどマニアでも、結構ピュアだったりするんだから!。
 いえ、別に自分のことを弁護しているわけじゃ…(^^;。
 いずみにしか見えない真っ黒なもやもや、あれには義貴のどんな気持ちが込められていたんでしょうねえ。
 どきどき。

 ポチの宝物は、お気に入りギャルゲーのセーブデータなんですって。
 ちょっと納得。
 私だって、セガサターンのセーブデータが内蔵電池の放電でみんな消えちゃったとき、泣きたくなったもん(^^;。
 そうそう、巨大金庫の為に、いつのまにか機械式クレーンを設置してたのも可笑しかったの。
 前回は油圧クレーンが出て来たし。
 実はクレーンマニアな私なのです(うそ)。

 前回に続いて、全力疾走のポチ、何か格好いいぞ。
 がうがう言いながら走る姿に、思わず笑っちゃったもん。
 楽しー♪。
 ポチのこういう使い方、いいですね。
 とうとう馬を追い詰めちゃったし(^^)。
 馬に追い付くポチも非常識ですけど、馬で屋根の上まで走っちゃうのも、十分非常識だと思います(^^;。
 義貴の嫌がることをするのが大好きな多可美とか、本当にいいヤツですよねえ(笑)。
 私は好きだよー。

 そして。
 金庫から出て来たのは、ウェディングドレスなのでした。
 リリカルで綺麗なウェディングドレス。
 義貴も、わざわざ気持ちを口に出さなくてもいーのに(^^;。
 可愛いやつ。
 誠一郎もね。
 マニアとして、あくまで公正な審判を下した彼の姿には、私も感銘を受けたもん。
 誠一郎が流した涙の意味、しかと受け取めました。
 辛くても悔しくても、その価値観に嘘は付けないよね。
 うんうん。

 や、そんなことはどーでもいいや。
 義貴は、全財産と命をかけていずみを取り返しに来ました。
 御主人様としては、最上級クラスだよー。
 ラスト、見事な位にまとまりました。
 EDでは、あの爽やかなOPの光景を再現したりして。
 楽しかったあ。
 シリーズとしては、中盤でちょっと単調になってしまったのが残念ですけど、ネタに走らず世界を構築していた展開は、本当に見事だったと思う私なのでした。

« ■IZUMO-猛き剣の閃記- 第十二話「二つの魂」 | トップページ | ■魔法先生ネギま! 第26話「Non mihi, non tibi, sed nobis」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

これが私の御主人様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■これが私の御主人様 第十二話「これが私の御主人様!!」:

» これが私の御主人様 #12 「これが私の御主人様!!」 [(仮)みつきちゃん親衛隊]
いずみは多過美と勝負をすることを決める 内容は・・・・金庫の中からどれだけすごい物を見つけるかというもの 多過美さんはポチのエロげーのセーブデータ ポチをこれを取り戻すために先週泣いていたのは内緒だ♪ 一方いずみはすごいオーラを発している金庫を選ぶ そ....... [続きを読む]

» [アニメ] 「これが私の御主人様」 総評 [【馬と戯れる少女逆転スリーラン】]
感想はあまり書いてなかったけど毎週欠かさず楽しみに見てた「これが私の御主人様」私の価値観で「萌えたらそれでOK」というのがある。萌えを前面に出した作品の場合は見るものをいかに萌えさすかが肝要なわけです。「これが私の御主人様」は萌えさせてなんぼの作品。私は激しく萌えた!!沢... [続きを読む]

« ■IZUMO-猛き剣の閃記- 第十二話「二つの魂」 | トップページ | ■魔法先生ネギま! 第26話「Non mihi, non tibi, sed nobis」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー