« ■陰陽大戦記 第42話「蒼の覚醒(めざめ)」 | トップページ | ■ぺとぺとさん 第2話「特定種族」 »

2005.07.26

■シュガシュガルーン ルーン4「魔法のリップは恋の予感」

 人間界の恋って、色々と面倒なお約束や手順があって、本当に大変そー。
 お互いが好き合ってて、本音をそのまま言ったとしても、TPOを考えないとみんな台無しになっちゃうんだもん。
 ショコラとバニラ、少しずつ少しずつ、そんなこんなを学んでます。
 それって、二人の成長の為、少しはお役に立ってるのかしらん。
 まあ、ハートを集めるっていう目的があるから、いくら変だと思っても、それに合わせるしか無いですもんね。
 大変なのだ(^^;。

 萌黄学園、まだ初等部なのに、ロミオとジュリエットを演じたりするの。
 あのクラス、役にうってつけの男の子と女の子が居て良かったね。
 本当に、適材適所なのです。
 みんな一生懸命やってて、いつもの男子二人は全く出て来なかったなあ(^^;。

 今回のアイテム、ミルモに出て来た本音リップと機能は一緒みたい。
 真実の唇ですって(二人、口紅じゃ無くって唇って言ってたよね)。
 200エクル。
 本音なんて、知ってもいいことはあんまり無さそー。
 あのヴァニラだって、見かけとは全然違うこと考えてたもん。
 だからショコラと気が合うんだあ、なんて思った(笑)。

 劇は結局大失敗になっちゃって、真部とハヤトの恋の行方がどうなったのかもはっきりとは描かれなかったけれど、きっとそれで正解だよね。
 自分に向けられたものでないハートは、やっぱり回収出来ないみたいだし。
 行動パターンが全然違うショコラとバニラは見ていて楽しいけれど、やっぱり同じ方向に向かいつつあるんだって、実感も出来たもん。
 魔界通販の注文方法も面白かったよ。
 蝦蟇の油売りみたいで…(こら)。

« ■陰陽大戦記 第42話「蒼の覚醒(めざめ)」 | トップページ | ■ぺとぺとさん 第2話「特定種族」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

シュガシュガルーン」カテゴリの記事

コメント

加嶋結喜さん☆

 ハート集め、今の所はバニラが先行してますけど、世の男の子がみんな萌えキャラ好きってわけでもありませんし、それだけじゃオレンジ止まりっていう限界もありますし、クイーンへの勝負はまだまだ分かりませんねー。
 普通に考えると、ショコラの方が大成しそうな感じだもん。
 実務的にはバニラなんでしょうけど(^^;。

えーとつまり、リアル萌えキャラとして大成した方がプリンセスになれるということですか?
……オチしか印象に残っていない私です^^;

プラズマさん☆

 自分が子供のときは、桜の花が散ったらさくらんぼが出来るー!って、わくわくしながら待っていたものですけど…。
 でも、品種が違うから食べられませんでした(^^;。
 宇治拾遺物語は日本語訳ですら読んだことが無いのですが、麦の花って、そんなに繊細な受粉をするんですねー。

 無意識とか反射とかって怖いです。
 一体何を口走るか、本人ですら分からない危険なアイテムでした。

桜が散るのが儚くて涙… なんて風流な子どもなんでしょう。
宇治拾遺物語では子どもは違うことを考えていたわけですが。
大勢の前で過去の恥ずかしい出来事を公表されてしまうとは、なかなか罪なアイテムです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■シュガシュガルーン ルーン4「魔法のリップは恋の予感」:

» シュガシュガルーン #4 [日々の記録]
今回は演劇発表会のお話でした。こういう魔法少女物では定番のお話だと思いますが、ち [続きを読む]

« ■陰陽大戦記 第42話「蒼の覚醒(めざめ)」 | トップページ | ■ぺとぺとさん 第2話「特定種族」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー