2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ■エルフェンリート(地上波版) 第13話「不還 ERLEUCHTUNG」 | トップページ | ■まほらば~Heartful days~ 第25話「告げる夜」 »

2005.07.02

■わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ 第10(160)話「マツタケぼっちゃまの逆襲」

 松竹の使命は、もう終わったのかと思ってました…。
 さすがにそれはあんまりだもんね。
 主役の回も用意してあげなくっちゃ!。

 むー、でも、全然主役じゃ無かったみたい。
 楓とも全然お話して無かったし。
 今頃になって、住田を紹介されてるとゆうのも不憫です。
 何故か、はるかへの紹介は無し。
 それなのに、強制的に好きにされちゃうんだもん。
 幸薄いなあ。
 これじゃ、未来永劫、100回輪廻したって、楓とはラブラブになれないよー(^^;。

 ミモモショップの売れ筋アイテムだけあって、今回は同じアイテム同士が激突。
 最初に見た相手を好きになっちゃうっていう擦り込み、それって凄く危険ですよねー。
 何が起きるか分からないもん。
 案の定…。
 にしても、一体何羽居るんだ妖精ひよこ(^^;。

 楓は元々結木が好きだったから、その効果は無効。
 なので、被害者の中ではただ一人、正気を保っていました。
 合法的に、結木に抱き付いちゃったり出来たのにね。
 損をした気持ち。

 松竹は、日高に。
 危険だ…。
 それは危険です!。
 日高相手だと、好きになるのも好きになられるのも、命懸けだもん。
 松竹って、本当に可哀想。

 住田は、はるかに。
 これは別に普通みたい。
 そうでもないか。
 はるかは普通に困ってました(^^;。

 結木は無難にリルムだよ。
 あんなに情熱的な結木は、滅多に見れるものじゃありません。
 あはは。
 にしたって、好きっていうのに、みんなわざわざ抱き付かなくっても!。
 溢れ出る愛しさってやつですかあ(笑)。

 これはこれでおしまいなのかと思ったら、ちゃんと次回に続いていたので、びっくりしちゃった。
 あ、だから楓やミルモは正気だったんだ。
 全員でぐちゃぐちゃになっちゃうのが普通のパターンですけど、それじゃ収拾付かないもんね。
 ミルモで投げっ放しは有り得ません(^^)。

« ■エルフェンリート(地上波版) 第13話「不還 ERLEUCHTUNG」 | トップページ | ■まほらば~Heartful days~ 第25話「告げる夜」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ■エルフェンリート(地上波版) 第13話「不還 ERLEUCHTUNG」 | トップページ | ■まほらば~Heartful days~ 第25話「告げる夜」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー