2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ■陰陽大戦記 第33話 「時を越えた再会」 | トップページ | ■エルフェンリート(地上波版) 第8話「嚆矢 BEGINN」 »

2005.05.25

北海道旅行のまとめっ

 ミルモの次回サブタイトルは「ラベンダー色の恋」。
 北海道、行きたいな。
 ラベンダーにはまだかなり早いですけど、大通り公園ではライラックまつりの真っ最中ですもん。
 …ライラック、未だに開花してないそうですけど。
 御主人様の今回サブタイは「~秘湯特急東北湯煙~」。
 東北本線の特急に乗って温泉もいいよねっ。
 特急でさくっと行けるような温泉は、秘湯とは言わないかなあ。
 そーいや、こみパも舞台は神戸の温泉でした。
 ネギま!は京都。
 んー、そっち方面は、とりあえず用事が無いや。
 113系なら、地元の房総でいくらだって乗れるもんっ。

 というわけで、北へと旅に出ます…。
 忘却の旋律の「それでも旅立つ君の朝」みたいな感じ。
 ボッカは困難を承知で旅立ったわけですが、私は家でごろごろしてるのも捨て難いよね、なんていう消極的な旅立ち。
 こらこら、盛り下がってるってば(^^;。
 そんなこんながあって…。
 「行くのね…?」。
 「…行くわ」。
 ↑ノワール風(笑)。

 言わずもがなのような気もしますけど、ここで旅のまとめと解説、なんかをしておくです。
 私の携帯から記事を送信すると字数制限がかかるので、容赦無く専門用語(笑)が入ってますし。
 でも、妙にアニメネタが多いので、もし電車や船オンリーの方が読まれたら、凄く引かれそう…。
 ごめんなさいごめんなさい(^^;。

2005.05.21 at 22:53 北斗星1号、グランシャリオにて イタリアンハンバーグ¥2000を食べてみたり。電車の旅はいいな♪。揺れてるので、ナイフとフォーク、凄く使いにくいけれど…。ていうか、揺れ過ぎ。「ぐるり北海道フリー」を買って、小さな旅に出ましたよー。月曜には戻らなくちゃいけないし(^^;。当日でさくっとソロが取れたのは、逆にちょっと寂しいかも。旅行中、多分パソコンからのアクセスは出来ないと思いますけど、DoCoMoの字数制限の範囲内で、携帯から何か送ってみようと思います。さあて、シャワー浴びて来ようっと。北斗星の旅はいいな。列車は、定刻で一ノ関を発車しました。

 鉄道マニアとしては、上野駅には早めに着いて、推進運転で入線して来る北斗星を出迎えるべきなんでしょうけど…。
 そんな余裕、あった例がありません。
 いっつも、発車時刻ぎりぎりだもん。
 今回も、ご飯食べる余裕すらありませんでした(^^;。
 チキン弁当とお茶をSuicaで買って、慌ただしく北斗星に乗り込んだのでした。
 5号車の16番個室。
 そういえば、車掌さん、とうとう車内改札に来てくれなかったなあ。

 北斗星の食堂車、パブタイムの22時に行ったら、お客は私だけでした…。
 居心地悪いっ(^^;。
 と思ったら、後から4人程見えました。
 良かったあ。
 まあ、ちょっと高いですもんね。
 車内だから、仕方無いんですけど。

 「ぐるり北海道フリーきっぷ」は凄くお得な切符です。
 あ、そだ。
 くるる北海道フリーきっぷとか、ちりり北海道フリーきっぷとか、さらら北海道フリーきっぷとか、ほろろ北海道フリーきっぷとか、そういうネタを考えたんですけど、どうでしょう?。
 や、どうでしょうと言われても…(笑)。

2005.05.22 at 08:05 登別を発車しました 私の寝台は台車の直上なので、青森とか、騒音と振動が凄かったです。でも全然平気(笑)。北海道に上陸したよ。いいお天気♪。函館は、4時過ぎからもう明るいんだ。夏至も近いですもんね。八雲辺りで起床。ロビーカーで上映していた、実写のハットリくんが妙に楽しくって、景色と交互に見ながら旅しています。さて、この記事はモブログで送信しているのですが、何故かココログからエラーのメールが返って来ます…。もし重複して送信してても、帰宅まで直す術が無いので、そのまんま。どこかに無料のホットスポットでもあれば、直しますー。

 友人にメールして、@niftyで使える札幌のモバイルポイントを教えて貰ったのですが…。
 でも、肝心要のWEPキーが調べられないんだもん(^^;。

2005.05.22 at 12:36 ポーラスターはプラタナス プラタナスを道標に出来たらいいですよねっ。ちゅことで、北斗星、札幌にとうちゃーく。個室ばかりなので、車内販売のおねーさんも大声だったのが印象的でした(^^;。私はそのままライラックで旭川へ。ずっと居眠りしてたよー。雪で真っ白な大雪山系が見えますけど、ぽかぽか陽気です。快速に乗り換えて、宗谷本線に突入だ!。団体さんが居て、4両も繋いでる。でも、塩狩峠の20パーミル勾配は、オリジナルのキハ40には荷が重いよね。ごとごとのんびり走ります。塩狩に臨時停車。さくらノロッコが居るよ。さあ、私も何処かで降りるです。

 タイトルが怪しくなって来ます(^^;。
 元ネタは福永恵規さんの歌の歌詞。
 よりによって、福永恵規さんかよ!。
 古過ぎるー。
 以降のタイトル、全てアイドル系の元ネタがありますけど、解説は省略です(笑)。

 どうせなら稚内まで行っても良かったんですけど、面倒になりました。
 丁度この日、稚内での桜開花のニュースが流れてたっけ。
 日本で一番最後なんですって。

2005.05.22 at 16:47 広げた地図と時刻表 名寄でキハ54に乗り換えて、紋穂内で降りました。別に理由や目的は無しで、ただ何と無く(笑)。秘境駅、とまでは言いませんが、周囲には人家なんてありません。ヨ改造の待合室に荷物を置いて、ぶらぶら。土手を走る風は、凄く柔らかくって、暑い位。小さな池では、蛙がケロケロ鳴いてるの。おやつは、梅屋さんのシュークリーム。北へ。でスオミちゃんが食べてましたよね。でも、おやつと言うか、沢山買い込み過ぎて、既に主食と化してます(^^;。待合室の旅人ノートにメッセージを残して、っと。私の前は、2週間前の人で。楽しかったな♪。

 紋穂内は、もんぽない、って読みます。
 上下の列車の時間を調べて、都合が良かったので降りてみました。
 それは大正解(^^)。
 ちなみに、こんな感じの風景です。
monponai01
 ↑近景&遠景↓。
monponai02
 「♪子供達は焼けた線路歩く」とか歌いたくなりませんか?(^^)。
 こんな写真を見せられたら、旅に出ようって誘う声に、身を委ねたくなりますよねっ。
 青空の丘を走ったあの日の風の匂い、何故忘れないの…?。

 ちなみに、「ヨ」っていうのは、貨車の形式で。
 緩急車のことです。
 今では、そもそも緩急車自体を知らない人が居そうですよねー(^^;。

 旅人ノートは、あちこちの無人駅(秘境駅)に置かれるようになりました。
 アニメ絡みでは、おねがいティーチャーの舞台になった海ノ口駅や稲尾駅、センチメンタルジャーニーの坪尻駅なんかにあって、私もメッセージを残して来ました。

2005.05.22 at 21:28 風は優しさ、汐の薫り 札幌19時22分のスーパー北斗で離脱しました。今日は、室蘭~青森のフェリーに泊まります。一旦北海道から離れるけれど、明日は青森~函館のフェリーに乗り換えて、また北海道に戻るとゆー…。変なルート(笑)。ていうか、今回はフェリーの乗り継ぎが目的だったのに、ドック休航を把握していなくって、その結果、中途半端なルートになっちゃったんですう。でも、中距離航路の中距離船は久しぶりなので、ちょっと楽しみ。2等席なのが欝ですけど、それしか無いんだもん、仕方無いですね。いつかは、思い出なら…。そんなのへいちゃら(^^;。

 フェリーの乗船記は、別ページに載せておきました。
 勿論、アニメネタと隔離の為です(笑)。

■05/05/22 東日本フェリー「びなす」室蘭-青森
■05/05/23 東日本フェリー「ほるす」青森-函館

2005.05.23 at 13:02 でも、カニ、嫌いだもん 東日本フェリーの「びなす」と「ほるす」を乗り継いで、函館に上陸したよ。津軽海峡、全然揺れなかったなあ。つまんない(^^;。舞みたいに「だから船旅は微妙だって言ったじゃない」って言いたかったのに(笑)。船は楽しいけれど、船酔いは凄い地獄ですよー。さて、今日は青森も函館も雨降りです。あちこち歩くのに。とりあえず、海峡通りを十字街に向かおうっと。函館の街、実は大好きなんですよー♪。「イカすカード」とか「イカすホール」とか付けちゃう市のセンスも最高。ミルモみたい。さあて、茜木温子ちゃんを探しに行きますかあ。

 そういえば、オレンジフェリーに乗船していた舞、紙コップにストローを刺したドリンクを買ってましたけど、ああいう形でジュースを売ってる船、実際には無いと思います。

 私はカニが好きじゃありません。
 味がどうこうより、殻があったり皮があったりして、食べるのが面倒臭い食品は、全て却下なのです(^^;。

2005.05.23 at 15:39 船のしょほうせん 函館の駅を覗いたら、国鉄色の485系が居たよ。east-iみたいなのもちらっと見えた。君は一昨日、上野に居たよね?。青函連絡船摩周丸に挨拶して、と。あれれ、対岸の函館どつくに居るの、「シルバークイーン」なんじゃ…。彼女が休航してるから、私の予定が狂ったんですう(^^;。まあ、結果的には良かったですけど。その後は、シスコライスを食べて(…来る度に量が増えてるような気が)。谷地頭温泉に入って。いつものお散歩コースです。函館の街、傘もささずに修学旅行生が沢山歩いてるの。さあて、私はそろそろ帰宅モードに入るです。

 さすがに、このタイトルは…。
 ええとですね、以前「海はなにいろ?」っていうタイトルを付けたら、船関係の人に評判が良かったので、味をしめたんです(^^;。
 元ネタを知ってる人は、さぞかし呆れることでしょう(笑)。
 いいんだもん。
 あれ、凄く好きなんだもん!。

 函館ドックの正式名称は函館どつくなので、それに準拠しましたあ。
 というわけで、函館15時40分のスーパー白鳥に乗って、八戸で新幹線に乗り替えて、東京到着22時08分で帰って来たのでした。
 結構速いです。
 タイミング良く、北海道新幹線着工開始のニュースが流れてましたけど…。
 いらないと思うなあ。
 JR北海道の車内誌には、既に北海道新幹線と新駅が路線図に載ってて、びっくりしちゃいました…。

 というわけで、おしまい(^^)。
 家に帰ると、またアニメの録画が溜まっているのでした。
moegomi
 何だこの写真…(笑)。

« ■陰陽大戦記 第33話 「時を越えた再会」 | トップページ | ■エルフェンリート(地上波版) 第8話「嚆矢 BEGINN」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/4276539

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行のまとめっ:

» 北海道旅行レポート ① ★★★☆ [TRUE-TIME WEB-LOG]
>北海道旅行レポート ① 来年の1月に妹が結婚するのでその前に家族で旅行にゆきたいねえ、という事で11月11日から14日にかけて3泊4日の北海道旅行に行って参りました。豊饒なる北の大地の恵みを存分に満喫して、溢れんばかりのエネルギーを充填して帰って来る事が出来ました。帰途から一週間、ようやくにして(!)荷物もろもろ身辺の整理も終わったので、少しずつ慌しくも楽しかった旅の顛末などをつらつらつらと綴ってゆこうと思います。ただ、管理人の私的な旅行記などを聞かされてもさぞ退屈されて呆れられてしまうと思いま... [続きを読む]

« ■陰陽大戦記 第33話 「時を越えた再会」 | トップページ | ■エルフェンリート(地上波版) 第8話「嚆矢 BEGINN」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ