« ■マシュマロ通信 第52話「幸せの鐘を鳴らそう」 | トップページ | ■アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第32話「スリーピングマーダー その3 ヘレンの恋」 »

2005.03.29

■スクールランブル 第25話「ボ──!プワーン!ギュイーン」

 前回のあれだけじゃ、さすがに感想とは言えないので、一応書き足しをしておきます。
 で、サブタイトル。
 読めないだけじゃなくって、書けないし(^^;。
 ギターはともかく、船と電車だなんて、今の私の嗜好にぴったりなの。
 ちょっと嬉しいな。
 ちなみに、サブタイの電車記号、交通エコロジー・モビリティ財団が制定した「標準案内用図記号ガイドライン」に似ているけれど、実は全然違ってるので注意が必要です(笑)。
 鬼哭丸も、どーして舳先に旗なんか立ててるのか、謎だし。
 そんなの、入港直前に立てればいいのにね。

 でも、中々に渋いOPでしたねー。
 さすが、マグロ漁船は熱いです!。
 フェリーで流れる、九越フェリーの「Rainbom Dream」や、商船三井フェリーの「さんふらわあ~太陽に守られて~」なんて曲とは全然違うの。
 あれはあれで、爽やかで好きなんですけどねっ♪。

 ポンチ絵は逃げ場じゃ無い、師匠はそう言いました。
 じゃあ、何なのか、それは教えてくれなかったけれど…。
 あのペン、使いにくそうだなあ(^^;。
 ちなみに私は、ポンチ絵なんて言葉は初めて聞きました。

 で、天満はしつこくケーキを作ってるし。
 材料が勿体ないぞ。
 才能っていうのは、決して越えられない壁なのかなあ…。
 播磨はすっかり八雲の彼氏ってことになってるし(^^;。
 天満はノリがいいから、一緒にお出かけっていうのは、凄く楽しいと思いますけどね。
 見てて、凄くそう思うもん。
 播磨は微妙に不幸なわけですけど…。
 そして、あのE217系のシーンに続いて行くのでした。
 あれって、「999」というより、「あずさ2号」みたいな雰囲気だったりもしています(笑)。

 この辺りの話って、マガジンで読んだ記憶があるよー。
 当時は、設定が何が何だか分からなかったけれど…。
 特に、八雲の能力のこととか(笑)。
 物事にあんまり動じない八雲、いきなり核心を付突いて来るの。
 まあ、あのキャラデじゃ…。
 何だかんだで真実を言い当てる播磨も、実は結構凄いです。
 おねーちゃんに勝ってるかも!。
 にしたって、八雲は作品の感想を聞くだけの筈なのに、ベタなんか手伝わせていいのかなあ(^^;。

 次回はいよいよ最終回。
 もっとずっと続いていくのかと思っていたので、ちょっとびっくりしちゃった。
 そしてスクランは、天満と烏丸、二人のストーリーへと還って行くのでしょうか…。

« ■マシュマロ通信 第52話「幸せの鐘を鳴らそう」 | トップページ | ■アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第32話「スリーピングマーダー その3 ヘレンの恋」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■スクールランブル 第25話「ボ──!プワーン!ギュイーン」:

« ■マシュマロ通信 第52話「幸せの鐘を鳴らそう」 | トップページ | ■アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第32話「スリーピングマーダー その3 ヘレンの恋」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー