« ■わがまま☆フェアリーミルモでポン!わんだほう 春休みアニメ祭り!!1時間スペシャル | トップページ | ■陰陽大戦記 第26話「大鬼門開放」 »

2005.03.31

■魔法先生ネギま! 第13話「Tamdiu discendum est, quamdiu vivas」

 バカレンジャーとネギ先生の図書館島探検は続きます。
 ということで、図書館島、後篇。
 この6人のノリの良さ、楽しいです(^^)。

 二日間遊びまくったけど、最後の一日はちゃんとお勉強。
 そういう描写は全然無かったけれど、本人達が丸一日勉強したって言ってたし…。
 にしても、最後のあの点数は高過ぎるみたい。
 罰のデコピンが怖くて必死になったとかゆーならともかく(^^;。
 それでも平気で問題を出そうとする夕映が楽しいよ。

 地上のみんなも、せっせとお勉強中。
 みんなでわいわいやるのって、意外とはかどったりするんですよね。
 委員長みたいに、明確な目標があるのなら、尚更。
 そんな雰囲気が、本当に良く出ていて。
 クラスがしっかりまとまっている様子、伝わって来ました。
 それって凄く大切だと思うもん。

 1階への直通エレベーターは便利だなあ。
 来たときの苦労を思うと…。
 まあ、なんてとぼけた図書館なんでしょう。
 てゆーか、あの螺旋階段で、相当上に登ってるとは思いますけどね。
 重量オーバーだと、体重の重さがシビアに出るです(^^;。
 私は重くないよっ(笑)。
 ちなみに、中2女子の平均体重は46キロ、10歳男子は34キロ、なんですって(1992年のデータ)。

 で、みんな、あっさりハダカになってるし…。
 躊躇するコなんて、誰も居ないのが凄いです(^^;。
 まあ、制服はとっくにぼろぼろになってたし、そんなに惜しくはないもんね(そういう問題じゃ無い)。
 でも、何故かネギは服を脱いだりはしないのでした。
 ハダカの姿は、当然見せて貰えません。
 地上に戻ってから着替えるシーンもばっさり省略されちゃって。
 ちぇ(^^;。
 本をぶつけられただけでおっこちて行くゴーレムも情け無いの。
 あれが魔法の本だからー?。

 とりあえず、わざわざ図書館島の地下まで行った甲斐はあったということで。
 わざわざゴーレムに化けていた理事長の行動は全く謎ですけど…。
 ネギも結局魔法を使っちゃったけど、あれ位なら見逃してあげてもいいかな?。
 本当に公平を期するなら、全校生徒に対して使ってあげなくちゃ駄目だとは思いますけどね。

 しっかし、麻帆良学園中等部の2年生って、23クラスもあるんですねえ。
 でっかい!。
 そんな中、抜群の存在感を誇る2-A、0.1点差で最下位なのでした…。
 落胆する委員長が、凄く気の毒だったりします。
 あんなに頑張ったのにね。
 リーダーシップを発揮して、地上居残り組をまとめたのは、あやかだもん。
 そして、そのきっかけは、のどか。
 引き継ぎもしないで、いきなり荷物をまとめて去ってしまうネギ先生は、やたらと行動が早いけれど…。
 こらー!(^^;。

 再計算の結果、2位になったよ。
 バカレンジャー5人の平均は66点。
 十分です。
 クラス平均を69.4点から80.4点に押し上げました(^^)。
 この辺りの計算は、さすがにちゃんと合ってるみたい(笑)。
 そして、ラストは爽やかに終わるのでした。
 いいないいな。
 「良かったねー!」。
 というわけで、相変わらず楽しいネギま!なのでした。

 JR麻帆良学園中央駅、立派だよね。
 あんなに立派な駅、滅多に無いもん。
 学校名が入った駅だと、尚更。
 にしては、改札回りの作りが妙に安っちいのが不思議な所なのです。

« ■わがまま☆フェアリーミルモでポン!わんだほう 春休みアニメ祭り!!1時間スペシャル | トップページ | ■陰陽大戦記 第26話「大鬼門開放」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

魔法先生ネギま!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■魔法先生ネギま! 第13話「Tamdiu discendum est, quamdiu vivas」:

« ■わがまま☆フェアリーミルモでポン!わんだほう 春休みアニメ祭り!!1時間スペシャル | トップページ | ■陰陽大戦記 第26話「大鬼門開放」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー