2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 苫小牧漂流… | トップページ | ■陰陽大戦記 第14話 「伏魔殿侵入」 »

2005.01.10

ニュー「きそ」初日に乗ってまあす

 写真付きの乗船記は、こちらに載せました

 太平洋フェリーの新造船、ニュー「きそ」ですよー。
 「ばるな」にてお昼過ぎに到着した苫小牧には、もう既にニュー「きそ」が居て、万国旗で飾られた真っ白な船体が見えました。
 関係者の見学会が行なわれていたみたい。

 夕方、苫小牧からの市営バスでターミナルに戻ります。
 バスは満員。
 今日は、ニュー「きそ」は勿論、「ばるな」も満席なんですって。
 連休ですもんねー。
 17時過ぎの時点で、ニュー「きそ」の乗船は既に開始されていました。
 乗船手続きをして、1000円分の船内利用券、部屋のカードキー、絵葉書を貰いました。
 絵葉書には、特に就航記念とかの文字は無かったです。

 さあ、乗船するよー。
 私のお部屋は、1等室の船室775。
 二人用の個室を一人で使います。
 設備は、クローゼットと冷蔵庫とトイレとシャワーとBSデジタル対応の20インチ液晶テレビ。
 一人分だけイスがありますけど、このイスは、ちょっとだけ使い勝手が悪いかも。
 座ると、足の持って行き場が…。
 コンセントは室内に三つもあって、それは嬉しいな。
 インサイドの部屋なので景色は見えず、そもそも曇りガラスなので、窓の向こうに何があるのか、全く不明とゆー。
 広さ的には、フツーのビジネスホテルという感じで。
 「ばるな」の二人用1等Bよりは、かなり狭いです(笑)。

 友人のS寝台とB寝台を覗きに行ったら、こちらにもベッド毎のコンセントが付いたんですねー。
 S寝台、それまでのA寝台と、そんなに違いがあるようには見えないかも…(^^;。
 新日本海フェリーと比べると、通路に平行している分、こちらの方は自由に使えるスペースが少ないですし。
 S寝台の通路にビニールシートを敷いて宴会を始めたグループが居て、さすがにこれはクルーに注意されていました。
 B寝台は、随分と狭そうに見えましたけど、多分気のせいかと(笑)。
 上段も階段で登るようになって、「あけぼの」や「北陸」のソロみたいな感じだあ。
 何室かある2等の女性専用室の出入り口にはカードキーが付いていて、かなり防犯が強化されてますけど、ちょっと優遇し過ぎのような気も…。

 共用部分は、随分と豪華になりました。
 でも、多分重量の関係で、本物の岩とかガラスとかが使えなかったみたいで、ハリボテが多いです(^^;。
 個人的に、オブジェをごてごて並べたりするのは好きじゃ無いので、もっとシンプルな構成の方がいいな。
 それに、北海道や仙台や名古屋をモチーフにしたわけでも無さそうで…。
 なんて文句を言っても仕方ないんですけど、十分豪華ですし、全ての乗船客をびっくりさせるだけの効果はあると思いますよ♪。
 あれれ、そういえば、旧「きそ」の船内で早々に置かれていた船内配置図の案内パンフ、何処にも置かれて無かったです。

 お風呂も、洗い場には仕切りがあるし、それぞれにシャンプーとボディーソープはあるし、ジェットバスは別区画で三つもありました。
 ただ、このジェットバス、揺れ出してお湯が少なくなったときに、負荷を失って凄い音と勢いで吹き出し、中々に壮絶でした(^^;。
 脱衣場はカゴになっているので、貴重品とかは持って来れません。
 って、良く見たら、貴重品用の小さい100円返却ロッカーがありましたあ。

 ゲームコーナーには、ドライブゲームの体感マシンが四台も置いてあって…。
 時化のときにプレイしたら、それはそれは素敵なことになりそう。

 とりあえず、こんな感じ、かな。
 船内、CBCのテレビ取材のチームも乗船しています。
 何故かお客の呼び出し放送が繰り返し繰り返し流れていて…。
 ちょっと騒々しいなあ。
 別に、トラブルでは無いとは思いますけど。
 レストランはまた後のお楽しみ。
 翌朝、朝食の案内放送が流れた直後に「只今満席です」の放送が流れてびっくりしました。
 いつも、空いてるレストランしか利用したことが無いから…。

18時30分。
 マーメイドクラブ前で、船長と機関長と教授による鏡割り。
 「きそ就航記念2005年1月太平洋フェリー株式会社」と書かれた升は、記念に貰えました。
 仙台出たときも、またやるって♪。
 おつまみの差し入れまであったりして。

18時45分。
 「ばるな」出港。
 若干遅れて、汽笛と共に出て行きました。
 今度こそ、「ばるな」を見るのはこれが最後です。

19時00分。
 こちらも若干遅れて、出港。
 汽笛は無し。
 紙テープも無し。
 見送りも無し。
 何だか随分と寂しいなあ。
 出港後には、特に放送も流れませんでしたし。
 まあ、夜ですし、ね。

 後は、船内でのんびりしようっと。
 でも、人が多いので、居場所を見付けるのがなかなか大変なの。
 個室に戻ってもいいんですけど、インサイドだからなー(^^;。
 ちなみにこの個室、時々外から「きーん!」ていう耳障りな音が聞こえて来るんですけど、何の音なんだろ?。

 続く。

« 苫小牧漂流… | トップページ | ■陰陽大戦記 第14話 「伏魔殿侵入」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/2525715

この記事へのトラックバック一覧です: ニュー「きそ」初日に乗ってまあす:

« 苫小牧漂流… | トップページ | ■陰陽大戦記 第14話 「伏魔殿侵入」 »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ