« フェリーで暴走!フェリーで戦争!フェリーで感想! | トップページ | ■陰陽大戦記 第15話 「鬼門遁走」 »

2005.01.18

■グレネーダー~ほほえみの閃士~ 最終話「旅で身につけたもの」

 私自身にとっても、旅はとても大切なテーマの一つなんです。
 日々の生活、それ自体が旅だって思いますし。
 旅に生活を持ち出すんじゃなくって、生活の中に旅が組み込まれて行く、そんな雰囲気。
 私達、旅人みんなの課題です。

 でも、まだ「旅で身につけたもの」を語る領域までは達して無いんですよねー。
 少しずつ、少しずつでも、もっと色々な人達と関わって行きたいなって思いますし。
 勿論、自分自身だけの旅があってもいいんですけど、そればっかりじゃ進歩が無いもんね。

 琉朱菜にとっては、どうなのでしょう。
 そして、弥次郎にとっては…?。
 天子が琉朱菜を旅に出した理由、分かるような気がします。
 それは、琉朱菜自身のセリフが、全てを語っていますもん。
 逆に、弥次郎はそろそろ一箇所に落ち着いた方がいいような気がするよ。
 そりゃ、剣を芸代わりにして生きて行くのは、大変だと思いますけど(^^;。
 実際、あの二人って、生活能力低そうだよなあ(笑)。

 みかんは、紅桃華の教え、ちゃんと理解してたんですね。
 いいです!、あの戦法はイイ!(笑)。
 あんなものが貰えるんだったら、戦いなんて、馬鹿馬鹿しくってやってられないもん。
 桃華楼の無料宿泊券!。
 しかも、3泊4日だ!!。
 私だって、欲しいよう(^^;。

 藍前鉄破は、やっぱりいい役なのでした。
 ラストはちょっと可哀想だったけど、それは自分自身が原因なんだもん、仕方ないよね。
 あんまり決め過ぎるのも考えものだなあ(笑)。
 しかも、天子様の秘密まで知っちゃったから…。
 もう生きては帰れないかも(…帰ってたけど)。
 琉朱菜も、胸で本物と偽物を見分けるなよー。
 実際の所、琉朱菜は胸が大きくなり過ぎたから、影武者にはなれなかったのかしらん?。

 開山道士は、結局古いタイプの人間だったみたい。
 それでもそれなりに筋が通っていたから、刹那も従っていたのかなあ。
 私だって、例の戦術はやっぱり何か胡散臭く思うし、いくらなんでもラストであれは無いよーな気がしますけど、強引にまとめちゃいました(^^;。
 最後の最後で、グレネーダーの意味までひっくり返してしまって。
 いくら強引でも、ちゃんとテーマを意識したラストになっていたし、私は納得しちゃいます。

 というわけで。
 CMにまで登場していた「おっぱいリロード」、それが面白かったのは本当に最初だけだったし、ガンアクションも期待した程じゃ無かったんですけど、ちゃんと最後まで付き合いました(^^)。

« フェリーで暴走!フェリーで戦争!フェリーで感想! | トップページ | ■陰陽大戦記 第15話 「鬼門遁走」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グレネーダー~ほほえみの閃士~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« フェリーで暴走!フェリーで戦争!フェリーで感想! | トップページ | ■陰陽大戦記 第15話 「鬼門遁走」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー