2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■W~ウィッシュ~ 第十ニ話「迫られる選択」 | トップページ | ■双恋 第12話「バレンタイン・パニック」 »

2004.12.26

■Φなる・あぷろーち 第十ニ話「大喝采!!愛と祝福のバッカ野郎!」

 学校への登校シーン、頭上に暗雲を漂わせた涼を見ている、明鐘と美樹の表情が好きです。
 何故か美樹だけはコートを着てないけれど…。
 寒さに強いっていう設定でもあるのかしらん。
 気になるじゃないかあ!(^^;。

 西守歌の存在、深く静かに、涼の心を蝕んでいたのでした。
 怖いなあ。
 名前間違えられたのも、明鐘的にはOKなんですねー(笑)。
 でも、何かいい雰囲気で今回のストーリーは進行して行くのでした。
 SDキャラの使い方も良かったよ☆。
 「君色パレット」が流れ始めた後の展開なんて、台詞を入れずに凄くうまい処理をしていて、見ている私もわくわく嬉しくなっちゃったもん♪。

 山葉女子学院に戻って、元の生活を送っていた西守歌、みんなに好かれてて、本当に本当にいいコだったんだあ。
 腹黒、非常識、鉄面皮、性悪。
 そんなのは、全てウソだもん。
 …と思いたいんですけど、どうも私は素直に成り切れなくって。
 ていうか、あの1話の、初期の西守歌の、そのインパクトが強過ぎるんだもん。
 描き方として、やり過ぎるのも考えものですよねー(^^;。
 前回、涼が西守歌を拒絶した理由、それは凄く強いものにも思えたし。

 そんな感じですが、次回、まだちょっと続きます。
 と、言われましても…。
 あの、根本的な問題が、全く全然解決して無いんですけど…?(^^;。

 おまけ。
 明鐘がコタツで読んでた本、分厚い百科事典みたいだったけれど、実はまんがなのでした(笑)。
 山葉女子の温室の中に居た女の子の一人、ちょっとだけ高瀬祐花ちゃんに似てるかもっ(^^)。

« ■W~ウィッシュ~ 第十ニ話「迫られる選択」 | トップページ | ■双恋 第12話「バレンタイン・パニック」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Φなる・あぷろーち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ■W~ウィッシュ~ 第十ニ話「迫られる選択」 | トップページ | ■双恋 第12話「バレンタイン・パニック」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー