2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■げんしけん 第10話「経済効果から考える余暇消費のフェティシズム」 | トップページ | ■To Heart~Remember my memories~ 第11話「理解(わか)りあうために」 »

2004.12.19

■スクールランブル 第11話「奈良!烏丸!播磨!」

 自己資本比率…。
 そんな用語、もう忘れたよー。
 別に難しいことは無いんですけど、実務でも日常生活でも、縁遠くなっちゃってるもん。
 晶、分かってるし。
 プロだ…(だから何が(^^;)。

 でも、四人、全員が泳げないのー?(笑)。
 この四人なら勝てる!っていう、あの自信が素敵です。
 でも実際、そんな感じはするよね。
 連携いいし。
 苦手はちゃんと存在しますけど。
 そういえば、私の出身校、中学にも高校にも、プールというものがありませんでした…。

 奈良と天満、微妙に波長が合ってないけど、それなりにお似合いって感じがするかも。
 でも、本当に突然出て来たなあ。
 今回の烏丸は、分かりやすかったみたい。
 ちゃんと自分の考えを述べてたし(^^;。
 八雲も、雰囲気出てた。
 復活した播磨は、ちょっと鬱陶しいかも。
 弱ってたときの方が、いい感じだった気がするよ。

 今回も面白かったけれど、微妙にパワーは落ちてたみたい。
 天満の描き方のバリエーションにも、そろそろ慣れちゃいましたし…。

« ■げんしけん 第10話「経済効果から考える余暇消費のフェティシズム」 | トップページ | ■To Heart~Remember my memories~ 第11話「理解(わか)りあうために」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

プラズマさん☆

 言われてみれば、そうですよねー。
 ずばり「播磨」も、その辺りにあったような…。
 烏丸がペンネームで使っていた「二条」も、京都の隣りですし。
 アーバンネットワークではありませんけど、「姉ヶ崎」は私の地元の千葉県に駅があります(^^)。

サブタイトルで地名が並んでいるのを見ると、
「アーバンネットワークだ」とか思います(播磨は播州赤穂…とか)。
「塚本・天満」も大阪ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■スクールランブル 第11話「奈良!烏丸!播磨!」:

« ■げんしけん 第10話「経済効果から考える余暇消費のフェティシズム」 | トップページ | ■To Heart~Remember my memories~ 第11話「理解(わか)りあうために」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー