« ■うた∽かた 第9話「恋愛の痛痒」 | トップページ | ■ローゼンメイデン 第十話「別離」 »

2004.12.12

■うた∽かた 第10話「死生の再会」

 ルール違反は、絶対に認められないみたいです。
 どうしてそんなに、ルールに拘るんだろ。
 繪委も舞夏も、それからは決して逃れられないみたい。
 正式な手順を踏まないと行けない理由があるのでしょうけど…。
 それが逆に、普段は決して見せない、沙耶の弱点って言えるかも。
 今回初めて、一夏の予想外の行動に慌てる描写がありました。
 飛び込み自殺はともかく、そうやって沙耶を驚かせてやって欲しいなあって、私は思うのでした。
 一夏は、ずっと沙耶の思惑通りに動かされていたみたいで、そろそろそういう行動があってもいいよね。
 繪委だって、そんなことを言ってたし。
 人間の心は凄く強くって、誰の思い通りにもならなくって、勝手に踏み込んじゃいけないものだもん。
 沙耶は都合が悪いときには姿を見せないような傾向もあるし…。
 なんてね。
 舞夏のこと、お父さんもお母さんも、おばあちゃんもシロも、みんなみんな信頼してるみたい。
 それは、一夏の気持ちがそうだから、なんだもん。
 最後には、きっと何かいいことがあるって、私もそう思えるもん。
 一夏と舞夏が一緒に居ること、それだけでもきっと。
 成長っていうは、知ること。
 そして、忘れること、なのかなあ…。

« ■うた∽かた 第9話「恋愛の痛痒」 | トップページ | ■ローゼンメイデン 第十話「別離」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

うた∽かた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■うた∽かた 第10話「死生の再会」:

» うた∽かた 第11話 プーールー!オイル塗り!抱き合い! [いぬ日記]
● 明日あさってぐらいに、二枚目のサウンドトラック「うた∽かた 鎌倉女子学園 SOUND MEMORY 舞夏 SIDE」が出るバウね。「うた∽かた 鎌倉女子学... [続きを読む]

« ■うた∽かた 第9話「恋愛の痛痒」 | トップページ | ■ローゼンメイデン 第十話「別離」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー