2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 小田急で新百合ヶ丘に行く理由 | トップページ | ■下級生2~瞳の中の少女たち~ 第10章「…去り逝く者の鎮魂歌…」 »

2004.12.09

■スクールランブル 第10話「お願い神さま!お願い!リアル動物占い!お願い!!天満ちゃん!」

 今回も、ノリノリで楽し♪。
 美琴の好きな人って、結局誰なのー?(笑)。
 それと、試験はどーなったんでしょう。
 それをすっぱりと省略してしまうのが、潔いです。
 美琴のこと、誰にも心配されないまま、完結してしまった…。

 というか、そこから播磨に持って行きますかあ。
 凄いです。
 播磨、本当に神になってるし。
 動物達にも慕われて。
 占いも大当たり。
 失恋すると、みんながみんな普通じゃ居られなくって、違う自分になりたいって思うものなんですけど、それを現実にしてしまう播磨のパワーが羨ましいです(^^;。

 にしても、天満と烏丸って、本当にお付き合いしてるのかしらん。
 だって、インスタントのカレーだよ?。
 そういえば、播磨もいつの間にか烏丸の名前をちゃんと覚えたんだ。
 二条の名前も刻んでたし。
 しっかし、烏丸は謎です。
 まあ、ミルモに出て来る結木だって、根は同じようなタイプと言えなくも無いし、ヒロインのお相手には、あれでいいのかもしれません(笑)。
 姉ヶ崎のおねーさんは…。
 実際、どうなんでしょう(^^;。
 ラスト、屋上には八雲が来るのかなって思ったけれど、さすがの播磨も靴箱を間違えたりはしなかったなあ。

 そして私は、さりげなく不幸担当みたいになってる愛理にクラクラなのです。
 好き。好き、でも好き。
 強気で可愛いのに、幸の薄そうな役回りが似合ってしまうコって、ツボなのでした。
 ばか。

 この先、登場人物がどんどんクロスして行ったら、まだまだ楽しくなりそうな、スクールランブルなのでした。

« 小田急で新百合ヶ丘に行く理由 | トップページ | ■下級生2~瞳の中の少女たち~ 第10章「…去り逝く者の鎮魂歌…」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急で新百合ヶ丘に行く理由 | トップページ | ■下級生2~瞳の中の少女たち~ 第10章「…去り逝く者の鎮魂歌…」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー