2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ■げんしけん 第5話「自律行動に見る排斥と受容の境界」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第6話「死闘!一護VSイチゴ」 »

2004.11.11

■スクールランブル 第6話「放課後のサバイバル!告白の時、アライバル!二人きりのホスピタル!」

 天満のこと、みんな分かってくれてるみたい。
 信用あるよ(^^)。
 でも、カバンや靴がまだ残ってることまでは、確認してくれないんだあ。
 微妙に冷たいの。
 それに、制服だって、まだ残ってるよね。
 あ、八雲なら、きっとビデオの録画はしてくれてるよ。
 探しにまでは来てくれないみたいですけど。
 微妙に冷たいの。
 まあ、天満のぽけぽけが、みんなの予想の上を行ってるから…。
 とりあえずマットで寝ちゃう天満の姿に、好感度が上がったりしました(笑)。

 私も、ああいう状況で閉じ込められたことって、一度だけあるです。
 会社のエレベーターが故障しちゃったの。
 緊急のインターホンかけても、誰も出ないし。
 誰も出ないのは当然で、会社にはもう私しか残って無かったんだもん。
 その私がここに居るんだから…(^^;。
 たまたま携帯を持っていたので、エレベーター内をうろうろしつつ、辛うじてアンテナが1本だけ立つポイントを見付けて、救助を要請したの。
 ラッキーなことに、修理屋さんがたまたま近くを流していたそうで、10数分後には無事救出されたのでした。
 あー、心細かったよー(^^;。

 にしても、天満の思考パターンは謎なのだあ。
 スプリンクラー作動させちゃうんだもん(笑)。
 スプリンクラーの水って、飲めるのかなあ…。
 あ、でも、スプリンクラーが作動したら、誰かが確認に来るかも!。
 …来なかったけど。
 そして、あまり無事で無く、脱出。
 トイレの窓から脱出したこともあるし、あの程度なら、全然平気みたいだよ。
 心の方は、平気じゃ無かったけど。
 もう、烏丸に顔を合わせられません…(^^;。
 なんてねっ。
 天満は、ちょっと元気過ぎるのが、私的には減点ポイントなのでした。

 そして、播磨。
 さすが、恋する者同士、惚れてる瞳が分かるさー。
 そういう所は、意外と冷静なんだなあ。
 楽しい楽しい(^^)。
 でも、勘違いをしていると、トラックにはねられて死んじゃうよ…。

 ちょっと入院すれば、すぐ治るみたいですけど(笑)。
 どーして天満が一人でお見舞いに来たんだろう…?。
 何か変な状況だけど、それはそれでラッキーだったよね♪。
 にしても、携帯OKの病院なんて無いと思うです。
 間違えて絃子に抱き付いちゃって、おめめが飛び出してる播磨、カワイかったよ。
 天満の髪型を真似してる絃子もね。
 意地が悪いけど。

« ■げんしけん 第5話「自律行動に見る排斥と受容の境界」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第6話「死闘!一護VSイチゴ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スクールランブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ■げんしけん 第5話「自律行動に見る排斥と受容の境界」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第6話「死闘!一護VSイチゴ」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー