« ■うた∽かた 第6話「濡肌の微熱」 | トップページ | ■グレネーダー~ほほえみの閃士~ 第五話「爆裂!拳槍閃・紅桃華」 »

2004.11.13

■双恋 第6話「夏のロケット」

 みんなと同じ高校へ行くのって、大変だよね。
 双子たちは、少なくとも一条姉妹と桜月姉妹は、頭がいいみたいだし。
 でも、望ってば、いつの間にそんなことを気にするようになったんだろー?。
 夏休みだってまだだし、思い出作りだってこれからなのに。
 ちょっと唐突かも。
 でも、私はすぐに望とのシンクロモードに入ってしまって、うんうんそうだよねー、なんて思ってしまうのでした。
 切り替え、早いなあ(笑)。
 好きな作品だもん、多少の違和感なんて、すぐに受け入れちゃうの。

 とりあえず、望は一条姉妹、敬介は桜月姉妹ってことで。
 作品の特性上、双子たちが常にセットで描かれるのは当然みたい。
 そんな中、優也がピンポイントで薫子を狙って来たのは新鮮なのです。
 薫子の何処が好きなのか、菫子とは何が違うのか、その辺りは何も語ってはくれませんでしたけど…。
 でも、彼はいいヤツだよ。
 夢にまっすぐ進んで行けるのは、羨ましいし。
 台詞回しも優しくって、好感度はかなり高め。
 そこから、望と一条姉妹の付き合い方が、はっきり見えて来たりもしそうなのです。
 でも、薫子。
 小学校を卒業したときの夢がお嫁さんっていうのは、どうなんでしょう(^^;。

 望が持っている、コメットハンターの夢は、凄くいいと思いますよー。
 あ!、そういえばずっと気になっていたことがあって。
 こっちへ越して来てから、どうして望は星を全然見ないんだろ?。
 本人もそのことを気にする台詞があったし、やっぱり何か理由があるのかなあ。
 天体望遠鏡を使って星を見るシーン、毎回あってもいいと思う位だもの。

 今回、望のテンションが落ちていた分、敬介もかなりいい思いが出来てたみたい。
 ていうか、望、テンション落ち過ぎなのです…(^^;。
 ちゃんとそのことに気が付いて、ちらちらと望のことを気にしていた一条姉妹が可愛いの
 描き方として、やっぱり双子たち全員が平等ってわけじゃないんですよね。
 オンリーの恋愛要素をどれだけ入れてくるのか、わくわくしたりする私なのでした。

 というわけで、今回も楽しいぞ(^^)。
 でも、この感想、眠くて眠くて仕方ない状態で書いているので、そういう気持ちが全然伝わらない文章になっちゃったです。
 アベニゥさんには、過分な言葉を頂いてしまいましたが、そう言って頂けると、私は凄く嬉しいです(^^)。

« ■うた∽かた 第6話「濡肌の微熱」 | トップページ | ■グレネーダー~ほほえみの閃士~ 第五話「爆裂!拳槍閃・紅桃華」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

双恋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■双恋 第6話「夏のロケット」:

« ■うた∽かた 第6話「濡肌の微熱」 | トップページ | ■グレネーダー~ほほえみの閃士~ 第五話「爆裂!拳槍閃・紅桃華」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー