« ■陰陽大戦記 第7話 「発動!怒涛斬魂剣」 | トップページ | ■モリゾーとキッコロ 第17話「まっかっかのか」 »

2004.11.15

■アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第16話「エンドハウス怪事件 その1 パーティーの夜に」

 この作品を見るのって、凄く久しぶりだよー♪。
 ポワロもメイベルもヘイスティングスもオリバーも、みんな本当にお久しぶり。

 事件解決のご褒美に、10日間もリゾートホテルでのんびり出来ちゃうなんて、羨ましいなあ(^^;。
 ヘイスティングスの磯釣りも、羨ましいよ。
 メイベルには、ちょっと退屈かもしれませんけど。
 好奇心たっぷりのお嬢さんには、ただひたすらのんびり流れる時間って、持て余したりしそうだもんね。
 ちょっとむくれ顔のメイベルが、楽しかったりして(^^)。

 でもでも、事件はちゃんとポワロの元へとやって来ます。
 いつもの導入部と同じく、説明すべき事柄は多いのですが、それでも頑張って遊びを入れてますよねー。
 オリバーが銃弾をくわえて来たり。
 しかも、それをメイベルじゃ無くって、ちゃんとポワロに渡したり。
 メイベルにはニックのお部屋の点検をやらせてましたし。
 説明ばかりだと、見ていて単調に感じられちゃいますもんね。
 そういうのって、楽しいです。

 ニックも、随分と可愛く描かれていたので、ちょっとびっくりしちゃいました。
 それからそれから。
 フレデリカ登場のときに、「声:中山忍」ってしっかりクレジットされたので、またまたびっくり。
 ここでお名前が出るってことは、大物の女優さんってことですし。
 私には、アイドルとして歌っていた頃の印象が強いので、時代の流れを感じてしまったりもするのでしたあ(^^;。

« ■陰陽大戦記 第7話 「発動!怒涛斬魂剣」 | トップページ | ■モリゾーとキッコロ 第17話「まっかっかのか」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ■陰陽大戦記 第7話 「発動!怒涛斬魂剣」 | トップページ | ■モリゾーとキッコロ 第17話「まっかっかのか」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー