« ■神無月の巫女 第三話「秘恋貝」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第3話「兄の想い、妹の想い」 »

2004.10.21

■To Heart~Remember my memories~ 第3話「そして、君は」

 マルチは、どうして心を閉ざしてしまったのか。
 そして、再びマルチが心を開くきっかけと、そのときの気持ち。
 その過程は勿論大切なんですけど、私にとっては、そこにあかりがどう絡んで来るのか、その描き方の方が、むしろ重要だったりするのでした。

 ゲームと違って、これはアニメなんですもん。
 アニメで浩之を描こうとするなら、そこには当然、いつもあかりが居なくちゃおかしいもの。
 アニメには、そういうアプローチを期待しちゃいます(^^)。
 今回、あかりはちゃんと浩之の側に居て、浩之とマルチの姿を見て、色々なことを考えていたみたい。
 それが分かったので、私はとても嬉しいです。
 ラストの後ろ姿は、本当に本当に印象的でしたし。
 この先、その気持ちまではっきり踏み込んで描いて貰えたら、嬉しいな。

 とまあ、ひとまずそれは置いといて、と。
 朝。
 また、あかりが起こしに来てくれる所から始まるよ。
 この作品のプロローグして、それは凄く重要ですよねー。
 そして、浩之が自分から起きて来たなんて、もう何かが起こる前触れだもん(笑)。
 浩之とあかり、ちゃんと携帯出してる所が可愛いです。

 遊園地、あかりも結構楽しそうだったし、私はそこばっかり見てたりします。
 うんうん、いくつになっても、お化け屋敷は怖いよね。
 浩之も「何だよ、いい歳して」なんて言ってちゃ駄目ー!(^^;。
 悲鳴上げて、浩之に引っ付くあかり…。
 ああいうことを、素で出来るあかりが、私は好きです。

 マルチのことも、少しは見てあげなくっちゃ駄目なんですけど。
 私はマルチが苦手なので…(^^;。
 ちなみに、バスの窓はあんなに大きく開きませんよー(笑)。

« ■神無月の巫女 第三話「秘恋貝」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第3話「兄の想い、妹の想い」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

To Heart~Remember my memories~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■To Heart~Remember my memories~ 第3話「そして、君は」:

« ■神無月の巫女 第三話「秘恋貝」 | トップページ | ■BLEACH~ブリーチ 第3話「兄の想い、妹の想い」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー