« そうだ、旅に出よう。 | トップページ | バスガイドさんは好きですか »

2004.08.25

■爆裂天使 第20話「皆殺しのハイウェイ」

 高速道路を走ってて、バイクで乗用車に引っ付いたりしたら、バイクの方がずっと危ない気がするよ。
 腕に強化プロテクターみたいなのを付けてましたけど、怖い怖い。
 それと、以前の電車もそうでしたけど、飛ばされた車、重力を全く無視した動きをするの。
 車のくせに、演技派なのだあ(^^;。

 警告を無視されたら、強制執行♪。
 本当にやりたい放題なの。
 殺しちゃうし(^^;。
 警察に限らず、ああいう仕事でいいなら、私もそうしたいよう。
 「一番偉いヤツを出せ!」なんていう苦情処理だって、現実には大変なんですから!。
 執行、とか言って、丁重にお引き取り願えるなら、楽でいいなあ。
 結構切実だったりするんだよー。
 そしてジョウは、そんなことには関係無く、お風呂でうつらうつらしているのでした。
 何それー(^^;。

 それにしても、破壊したバイクの残骸とか死体とか、そのまんまなのに「執行を終了しました。封鎖を解除します」なんて、仕事が雑なのだあ。
 スペックだけ良くたって、もう。
 前歴の解析とか、妙に恨みがましくリピートしてると思ったら、搭載していた光る脳の影響、だったんだ。
 あ、成る程。
 それは結構、ヒューマンですよね。
 ありかも。
 それは、ちょっとだけ私の心に残ったのでした。
 2号機と3号機も、もっと仲間としての繋がり、みたいなものが描いてあれば…、なんてことまで思っちゃって。

 セイは、あんなにでっかいトレーラーで、良く逃げ切ったと思います。
 感心しちゃった。
 ジャンゴ以上の機動力を持ってた相手なので、もっと何か仕掛けがあっても良かったみたい。
 エイミーが何らかの干渉をするとか、ね。
 ジョウの決着の付け方も、もっとはっきりきっぱり決めて欲しい気がするかな。
 何か、通好み、みたいな渋い戦い方なんですもん(^^;。

 これで、RAPTとは正面切って揉めることになるのかなあ。
 面倒なことになりそうです。
 鷹音とも、これでお別れ?。
 ちょっとあっさり気味なので、冷凍車の特別席の方がドラマチックな気がするです(^^;。
 光る脳っていうのも、良くも悪くも、人間の脳なんだなあ。
 そして、開発の技術者は、とかく都合のいい解釈をしがち、っていうお話。

« そうだ、旅に出よう。 | トップページ | バスガイドさんは好きですか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■爆裂天使 第20話「皆殺しのハイウェイ」:

« そうだ、旅に出よう。 | トップページ | バスガイドさんは好きですか »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー