« 暑くて出かける気力があ… | トップページ | ナレーションのスタジオ収録 »

2004.06.30

■ぽぽたん 第11話「おわかれ」

 どんなときだって、出会えた意味は、ちゃんと考えたいですよね!。
 それに意味を持たせることが出来るのも、自分自身なんですもん。
 とても大切なことなんです。
 ぽぽたんが風に乗せて種を飛ばすのも、次の季節を迎える為に、地図には無い場所を目指してるんだもの。
 今回のキースは、意外とそんなに悪人ぽくは無かったみたい。
 それにしても、掌の上で転がされているような雰囲気は、本人達にはちょっと可哀想かも…。

 三姉妹は、どんな結論を出すのでしょうね。
 メアーが言うように、それはちょっと早かった気もしますけど、いずれ何らかの選択が必要なら、結局は一緒かな…。
 まいはともかく、みいまで出て行ったのには、びっくりしたけれど…。
 しかも、それぞれが家財道具一切を持って、なんて(^^;。
 まあ、あの三人は今まで支え合って生きて来たんですもん。
 きっと、落ち着くべきところに落ち着きますよね。
 そしてそれは、大地達にかかってます。
 旅にだって、決して終りはありませんし、ね(^^)。

« 暑くて出かける気力があ… | トップページ | ナレーションのスタジオ収録 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/874411

この記事へのトラックバック一覧です: ■ぽぽたん 第11話「おわかれ」:

« 暑くて出かける気力があ… | トップページ | ナレーションのスタジオ収録 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー