«  「JR東日本 駅発車メロディーオリジナル音源集」のCDを買いました | トップページ | ■美鳥の日々 DAYS 7「はじめて no デート」 »

2004.05.17

■スクラップド・プリンセス 第7話「絆と祈りの夜想曲」

 ピースメイカーは、確かにパシフィカに直接手は出さず、周囲の人間を利用して殺させようとしてますよね。
 パシフィカ本人を精神的に追い込む為、では決して無いんですけど、不安を抱かせる要素ではあります。
 あ、逆に、そういう方法でパシフィカを自殺させてちゃうみたいな、そういうアプローチがあっても良かったかも。
 とりあえず、パシフィカを護るのも、殺そうとするのも、同じ人間なのでした。

 そして、スウィンが登場だよ。
 シャノンにくっついて来たのも、ある意味、計算されていたことなんでしょうねー。
 本人にその意識が無かったとしても。
 でも、スウィンが来た意味って、実は今でもあんまり分かってなかったりします。
 んー。

 シャノンだけじゃ無くって、ラクウェルにもかまって貰え無くなって、パシフィカはご機嫌ナナメなの。
 実は結構、甘えん坊さんですもんねー。
 廃棄王女なんて言われて、他人から嫌われてしまっても、実は誰よりも他人と関わっていたいっていう気持ちがあるから…。
 それは、後々明らかになるパシフィカの役割みたいなものに、関係があったりするのでした。

 それにしても、ゼフィリスは冷たいです。
 いきなりナイフ渡して、殺せ、なんですもん。
 現状、そんなことが出来る筈も無いのは、分かり切ってるのにな。
 下手したら、内部分裂の原因に…。

«  「JR東日本 駅発車メロディーオリジナル音源集」のCDを買いました | トップページ | ■美鳥の日々 DAYS 7「はじめて no デート」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■スクラップド・プリンセス 第7話「絆と祈りの夜想曲」:

«  「JR東日本 駅発車メロディーオリジナル音源集」のCDを買いました | トップページ | ■美鳥の日々 DAYS 7「はじめて no デート」 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー