« ■せんせいのお時間 第4話のお時間「みか先生の夏物語の巻」 | トップページ | 海上コンテナと乙女の恋心 »

2004.05.01

■ふたりはプリキュア 第13話「ご用心!年下の転校生」

 省吾、いきなりキリヤに抜かれちゃった…。
 でも、どうせなら年下じゃ無くって、同級生として転入した方が、何かと便利だったと思うのにな。
 ポイズニーも、教師として潜入したりはしなかったですし。
 まあ、それは既にピーサードがやってるから、同じ手は使わないよね。
 そもそも、キリヤは二人から全然相手にされてませんです(^^;。

 ほのかって、どうして一人だけ白衣なんだろ…。
 拘り…?。
 部活の中心になってるのはほのかかと思ったけれど、違ったですね。
 まあ、なぎさも部長じゃ無いですし。
 研究、頑張ってね!。
 にしても、なぎさってば、静電気でびりびりするなら、さっさと手を放せばいいのに(笑)。
 結局、グランプリは取れたのかなあ…。
 会場、座席が全部埋まってるわけじゃないのが、リアルです。

 いつもお腹を空かせてるみたいななぎさが、いい感じだよ。
 ていうか、すっごく可愛いです。
 チョコ探す表情がまた(^^)。
 でも、お弁当二つも貰ってどーするの。
 秒殺で食べてるし。
 可憐さは無いよね(^^;。

 そんななぎさも、省吾のこと、色々と考えてるんだあ。
 なぎさの顔、凄かったけれど。
 とくんとくん。
 メップルの芸の細かさも笑えちゃった(^^)。

 にしても、戦い方がちょっと飽きて来たよー。
 弱点を見付けて、そこを攻めるわけでもないですし。
 単調かも…。
 今回は、人質取ったり出来たと思いますし。
 ゆりこが立ち塞がっても、全然影響は無かったみたい。
 ほのか1号も、ちゃんと直ってたもんね。
 その辺りは、うまく処理して欲しいなあ。

 電車、正面の造形が、妙にのっぺりしてますよね。
 でも、現実にも、ああいうのって多いからなー。
 カットによっては、クーラーが妙にでっかかったけれど、ちゃんと両開き4扉でした。
 扉の上の広告シールも再現してたのは偉いです!。
 屋根上の機器配置も合格っ(^^)。

« ■せんせいのお時間 第4話のお時間「みか先生の夏物語の巻」 | トップページ | 海上コンテナと乙女の恋心 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ふたりはプリキュア 第13話「ご用心!年下の転校生」:

« ■せんせいのお時間 第4話のお時間「みか先生の夏物語の巻」 | トップページ | 海上コンテナと乙女の恋心 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー