« ■マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第40話「初夢大作戦」 | トップページ | ■天罰エンジェルラヴィ☆ »

2004.01.03

■君が望む永遠 第十三話

 感想は、もう一度じっくり見直してから書きたいな。
 鳴海の周囲で起こっている色々なこと、結構きちんとまとめてくれていたので、びっくりしちゃいました。
 それぞれが持っている気持ちも、良く出てましたし。
 やっぱり、涼宮がきちんと目を覚まして、色々なことを知り、自分から未来に向かって歩き出したのは大きいと思います。
 過去を理解する為にも、未来へ進まないと行けないですもんね。
 必死にリハビリをしている涼宮の表情を見て、私はまたゾクゾクしたです。
 そんな中で、自分では何一つ決めることの出来無い鳴海を見ると、歯がゆいというか、ヘタレ虫というか…(^^;。

 というわけで、続きです。
 「時間は取り戻せるよ、大丈夫」。
 その為には、鳴海が最大限協力しなくちゃいけないと思うけれど、彼にその自覚はあるのでしょうか…。
 少なくとも、この時点では無かったような気がするぞ(^^;。
 誰にでも優しいっていうのは、確かに問題あるかも…。

 あ、茜の出番はまだあるんだ…。
 茜の表情を追っているだけで、何か問題が起きてるらしいのが、分かってしまうという。
 ポジション的には、全てを把握出来る立場に居るわけで。
 でも、どうしようも無いよね。
 それにしても、鳴海は本心を見せないなあ。

 さすがに、鳴海がすかいてんぷるの正社員になったら、配属は変わっちゃうんだ。
 大空寺も、それがむかつくなら、一緒のお店に行けばいいのにね。
 彼女にそういうことは許されてないのかしらん…。
 北海道の果てだって、別にいいのに。
 私はだったら、別に構わないですー。
 でも、すかいてんぷるの騒々しさも、鳴海の支えになってたんですね。
 周囲の人達、みんなに助けられてるです。
 そういった意味では、ずっと1人の速瀬は凄く可哀想というか…。
 慎二は気に留めてくれてたみたいだけど、実際には全然お役に立たなかったみたいなのがお気の毒。
 石井は、どうもポジションが中途半端だし。

 それでも、速瀬はちゃんと心を保ってるみたい。
 とりあえず、言うべきことは全て言ってしまったから…。
 後は本人次第ですよねー。
 自分のことを惨めじゃないって思えるまで、どれ位の時間がかかるんだろう?。

 涼宮も、水月が悪く無いのは分かってるなんて…。
 怪我のことを引け目に感じてる様子が、すっごく伝わって来る台詞でしたあ。
 それでも、はっきり嫌って言ってましたものね。
 それだけに、壮絶なリハビリのシーンも納得出来てしまいます。
 涼宮にあんなに激しい部分があるなんて、私もびっくりしちゃった…。

 鳴海も、全部話す気になったみたいで、いよいよ次が最後の話です。
 でも、まだ実際に伝えてはいないので、油断はなりませんが…。
 吹っ切れたような表情の鳴海と、決意をもってそれを聞こうとしている涼宮の姿が、とても印象に残るラストでした。

 誰だって、自分1人では生きてはいけません。
 回りの人達との関係の中で、どうやって過ごして行くか。
 誰にでも優しいのだって、本当は悪くないことだよねって、私は思うのでした。

« ■マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第40話「初夢大作戦」 | トップページ | ■天罰エンジェルラヴィ☆ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■君が望む永遠 第十三話:

» 君が望む永遠最終回 [MISTTIMES.com Blog]
アニメ版は賛否両用・・・というか否定的な意見の方が多かったように見受けられたが、個人的にはそこそこ楽しめました。原作ゲームをやっているかいないかで評価もかなり違... [続きを読む]

« ■マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第40話「初夢大作戦」 | トップページ | ■天罰エンジェルラヴィ☆ »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー