カテゴリー「Kanon」の24件の記事

2007.03.16

■Kanon 第24話「夢の果ての追復曲 ~kanon~」

 あ、ササラ電車だ!。
 さくっとこんなのが出て来ちゃうのが、凄いです。
 でも、人や後ろの電車と比べると、ちょっと大き過ぎなのではないかと…(^^;。

 いよいよ最終回。
 東映版みたいに、大丈夫って言ってるけれど全然大丈夫そうには見えない名雪、は出て来なかったので、とりあえず私は心安らかに見ていることが出来ました。
 祐一は誰か一人を選んだっていう感じじゃありませんでしたし。
 実際には、勿論あゆなんだと思いますけどね。

 みんな本当に幸せそうで、理想的な自分になっていたみたいで、雪は止んでお天気だったし、本当に夢の中かあの世にでも居るような(こら)、そんな気持ちで見ていた私なのでした。
 奇跡は、起きるから奇跡なんですよ。

 あゆがいつも登っていたあの樹は、雷が落ちて焼けてしまったから切られてしまった、みたいに覚えていたのですけど、単に危ないから切られてしまったのですねー。
 ん、それはどうなんだろ。
 あそこからの景色は、もう二度と見れなくなっちゃいました。
 あの樹のこと、今のあゆがどう思っているのかも、分からなくなっちゃった…。

 というわけで。
 私としては、祐一の一番近い所に居た名雪に、もっと活躍して欲しかったです。
 名雪の気持ちだけが、微妙に行き場を無くしてしまっているような気もしますし。
 全体的に振り返ってみて、東映版を見ていれば、別にこちらは見なくってもいいような感じはします…(^^;。
 逆に、こちらを見ていれば、東映版を見る必要は無いかな…?。
 私としては、最初に見た東映版の方が、どちちかと言えば好きでした…。

2007.03.09

■Kanon 第23話「茜色の終曲 ~finale~」

 沢渡さんとこのお姉さん、真琴さん。
 優しくて聡明な人ですね。
 キツネの真琴と、そのギャップが凄かったりして(^^;。
 本当に、優しいお姉さんなの。
 自分と違う真琴の名前を出されても、笑顔が変わることはありませんでした。
 あの人は、あの街でどんな生活を送っているのかな…?。

 名雪も、香里の言葉で、ようやく心を取り戻してくれたみたい。
 香里、凄く頼もしかったです。
 あの状況は、北川には手に負ませんもの。
 同じ思いをしている人でないと、相手の苦しみを分かってあげられないっていうのは、ちょっと辛い所ではあるのですけど。
 余裕が無いのは確かですもんね。
 自分の苦しみだけじゃ無くって、相手の苦しみを分かるようになるには、やっぱり時間が必要なんだって思いますし。
 世界には沢山の人達が居て、沢山の気持ちがあります。
 そういう関わりは、大切にしたいもん。

 あゆだって、そうだぞ。
 「ボクのこと、忘れて下さい」って、それは却下なのです。
 そうした方が誰かの為とか、そうした方が楽だとか、それはそういうことじゃ無いんですもん。
 記憶とか思い出とか、一部でも無くしてしまったら、それはもうそれまでと同じ人じゃ無くなってしまうということで…。
 祐一が祐一じゃ無くなっちゃう。
 そういった意味では、今までの祐一って、祐一じゃ無かったとも言えるもん。
 記憶を全て取り戻して、その上でみんなと向き合ってこそ、祐一なんだよ。

 でもまあ、祐一は頑張っていました。
 みんながこうして欲しいってことを、祐一はちゃんと叶えてあげてましたもん。
 実は祐一って、みんなの心が生み出した幻なのかな、なんて思っちゃう位なのですよー。

 それでは、その先にあるストーリーを楽しみにしつつ。
 名雪へのフォローが、あれで終わりじゃないことを祈りつつ…(^^;。
 次回、いよいよ最終回です。
 どんなときにも、出会えた意味は深く感じたい、ですよね。

2007.03.06

■Kanon 第22話「追想の交響楽 ~symphony~」

 秋子さん、交通事故です。
 私は今まで、やたらと交通事故に関わりがあって、現実に色々なシチュエーションを体験して来ましたけど、それでもやっぱり画面を直視出来ませんでした…。
 こういう場合、祐一みたいな性格だと、結構頼りになったりもします。

 名雪の秋子さんへの気持ちは、名雪の祐一への気持ちを断ち切るようなことになってしまうし…。
 祐一は、名雪に拒絶されて、そこで初めて名雪と自分の関係を思い出したりもします。 幼馴染み同士だと、あそこまで追い込まなくっちゃ、その関係は突き詰められないのかしら、とも私は思うのですけど…。
 作品としては、むしろ自然な流れなのかもしれませんね。

 祐一、また随分と寒そうな所に居ましたが、懐かしい真琴は祐一を助けてくれるでしょうか。
 早く名雪の所に戻ってあげて下さいね。
 今までみたいに、今の自分に出来ることをすればいいんだもん。
 そして、あゆの探し物のことも、ね。

2007.02.23

■Kanon 第21話「君のいない輪舞曲 ~ronde~」

 あゆの居ない日常がやって来ました。
 祐一は、一生懸命に、あゆの痕跡を探して…。
 でも、一人じゃ無くって、名雪や北川が一緒に手伝ってくれるんですもん、祐一は幸せですよね。
 あゆが居なくなって、いよいよ名雪がクローズアップされたりもします。
 今まで関わって来た女の子は、二人が消えちゃって、三人が病院で…。
 ここでやっと名雪の出番が回って来るのは、ちょっとだけ寂しいけれど、ある意味名雪らしいって思いますよー。

 あの名雪が、祐一のことを起こしに来てくれたり。
 名雪の部屋で、一緒に宿題やったり(殆ど寝ていたけど)。
 ベランダに出てお話するのも、やっと名雪の出番が回って来たよ。
 名雪が大好きな私は、そういうのが楽しくって仕方が無いのでした☆。
 とにかく、祐一と名雪、ずっと一緒に居ましたもん。
 苺サンデーを食べてる祐一の描写が無かったのは、ちょっと残念かなあ。
 ちゃんと美味しそうに食べたのかしらん(^^;。

 そうこうするうち、ケーキを買いに行った秋子さん、事故に遭っちゃいます。
 あれ、かなり衝撃的な映像だったんですけど…。
 あれじゃ、どう見たって即死ですよう。
 ひいい。
 心を閉ざして、祐一のことも拒絶してしまう名雪、幼馴染みの祐一に、名雪を何とかしてあげることは出来るのかな…?。
 にしてもこの作品、余韻が全く感じられないまま、いきなりラストシーンからEDへと切り替わるなあ(^^;。

 名雪の雪うさぎを叩き壊しちゃった幼い祐一の姿も、かなり衝撃的な光景だったりしました。
 今になってそれを思い出した祐一も、相当ショックですよね。
 授業中でも、そのまま名雪に声をかけそうな勢いだったもの。
 これからは、名雪に優しくしてあげて下さいね。
 今まで名雪がどんな気持ちだったのか、ちゃんと考えてくれたら嬉しいな。
 ちなみに私は、雪うさぎを頭に頂いた幼い名雪の図、あれが凄くお気に入りで、ずっとノートの壁紙にしてたっけ…。

2007.02.16

■Kanon 第20話「別れの夜想曲 ~nocturn~」

 祐一とあゆ、お付き合い開始☆、だよ。
 なので、恥ずかしい会話をしたり、恥ずかしい行動を取ったりもします。
 あーもう!。
 初恋の話なんかしてるんじゃなーい!(^^;。
 でもまあ、祐一×あゆ、結構違和感無く見れたりもしたのでした。
 お付き合いのきっかけは、どうかとも思いますけど。
 あゆが、真琴や舞や栞と違う所って…?。
 他のコ達は、そうなる前に入院しちゃったり、消えちゃったりしたけれど、あゆはちゃんと近くに居て、そうなってから消えました。
 よすがっていうのは不思議だね。

 この時点では、あゆの本当の姿って、まだ全く分かりません。
 あゆシナリオをプレイ済みの私でさえ、全然思い出せませんし…。
 こら。
 私も、祐一並に記憶が飛んじゃってるんですもん。
 本当は、秋子さんみたいな立場で、祐一のことを見守って行きたいんですけど。
 かなり微妙。
 名雪と秋子さんは、祐一のこと、きっとみんな分かっていてくれてるんだよね。
 その上で、自主性に任せてくれているのが、素敵です。

 祐一が水瀬家に来た意味は、しっかり感じていたいって思う私なのでした。
 確かに、バルコニーからあゆと二人で夜空を見上げる場でもあるのですけど(^^;。
 それだけじゃ寂しいもん。
 ちゃんと自分から起きて来た名雪の姿は、忘れちゃいけないぞ。
 ね、祐一。

2007.02.09

■Kanon 第19話「ふれあいの練習曲 ~etude~」

 最初の方、ちょっとだけ見損なっちゃいました。
 録画かけるの忘れてたあ(^^;。
 OPから先は見れたので、ぎりぎりだったよ。

 実は陸上の実力は凄くって、有名人だった名雪、危なげ無く、しかも新記録でゴールしちゃうのでした。
 凄い凄い。
 いつも、寝起きなぽけぽけの姿を見ている祐一はびっくりですけど、そういう名雪って、実はフォーマルな姿じゃ無いのですよー。
 家族として近くに居る祐一、名雪のことを知らな過ぎだもん(^^;。
 そして、名雪は何も教えてはくれないのでした。
 ヒントは一切くれません。
 それは、祐一が考えるべきことですし。
 名雪はみんなお見通し、そんな感じですよねー。
 そして、ご褒美のプレゼントは、苺の色のビー玉、だよ。
 昔の祐一はカチューシャをプレゼントして回っていたけれど、今の祐一はお安いものをプレゼントして回っています…(こら)。
 コーヒーといちごパフェで乾杯してた祐一と名雪が、何かすっごくらしかったなあ。

 名雪と一緒に居る祐一、そんな光景に幸せを感じていたら、祐一とあゆ、キスしちゃったりするし。
 あんな、傷口を埋めようとするみたいな状況だと、どう受け止めればいいのか、かなり困るんですけど!(^^;。
 それに、小学生を彼女にするのは、やばいっすー。

 雪の中、静かに思い出を辿りつつ、全ての物事にはやっぱり結末が必要だったりもするのでした…。

2007.02.02

■Kanon 第18話「消え去りゆく緩徐楽章 ~adagio~」

 栞はやっぱり、制服を着て、学校に来ている方がらしいって思います。
 楽しそうに、お友達とお出かけに誘われた、みたいな話をして。
 祐一と一緒にお昼ご飯を食べて。
 栞、可愛いです(^^)。
 いつものストール姿って、本当の栞じゃないみたいで。
 それは、病気の影が見えちゃうせいなのかしらん…。

 お誕生日は特別な日なんですけど、栞はそれ以上の特別な日、ってことにはしたくなかったみたい。
 午後の授業をサボって何処か好きな所に行く、なんていう祐一の提案は、あっさり却下されちゃいました。
 栞の願いって、そういうことじゃ無かったんですものね。

 かなり追い詰められていた香里も、自分で考えて自分で決めて、百花屋の誕生パーティに来てくれました。
 良かったあ。
 名雪が香里を見付けて名前を呼んだとき、栞と祐一に走った緊張感は、凄かったです。
 二人、凄い勢いで振り向きましたもん(^^;。

 この時点でも、香里はまだ決心が付いていなかったみたい。
 北川には感謝しなくっちゃ、ですね。
 ちらちらと視線を交わしていた栞と香里、見ていた私も楽しかったり、心配だったり。
 早くしないと、名雪が練習に行っちゃうよお!、なんて。
 みんなの前で「この子は美坂栞、私の妹よ」って言って貰わなくっちゃ。
 最後には、二人がちゃんと元通りの仲良し姉妹に戻ってくれて、私は嬉しいな。

 夜の噴水は、凄くいい雰囲気だったりもして。
 とりあえず、祐一の役目は、ここまででしょうか。
 後は、栞自身の問題、なのかもしれません。

2007.01.26

■Kanon 第17話「姉と妹の無言歌 ~Lieder ohne worte~」

 本当、病気が相手じゃあ、自分では何も出来ないんですよね。
 それでも元気にしている栞と、心を閉ざしてしまったかのような香里、あの姉妹の様子って、ある意味凄くリアルかもしれません。
 栞へのアプローチの仕方は、祐一と香里で全然違うけれど、それは二人の立場が違うわけですし…。
 でも、香里の行動って、後で絶対に後悔すると思うんです。
 栞はお姉ちゃんに甘えたがってるもん。
 昔みたいに。
 昔の香里は、怒られてる栞を庇ってくれたって言ってたし。
 祐一をお兄ちゃんにしているのは、その現れみたい。
 祐一のポジションは、もっと別にあるんですもの。

 香里、優しいお姉ちゃんに戻ってくれたらいいな。
 そのきっかけを作るのが、祐一の役割みたい。
 親友の名雪が殆ど絡んで来ないのは、残念と言えば残念なのですけど。
 気を遣わせるからって、一言で片付けられてしまった…(^^;。
 祐一へのアドバイスも、あゆが担ってるもんなあ。

 それはともかく。
 カレーを前にした栞って、やけくそに可愛かったです。
 何だか妙に、挙動不審で(笑)。
 落ち着かなくって、表情もころころ変わって。
 カレーって、辛いからカレーなんですよ…?。
 ワサビもカラシも、私は友達だもん♪。
 タバスコは人類の敵なんじゃ無くって、栞の敵なんでしょー(^^;。
 私はカレーもアイスクリームも大好き。
 激辛も激甘もOKだけれど、酸っぱい物は全く駄目。
 って、私の好みなんかどーでもいいんですけど。
 そういえば、栞のあの小さいお弁当箱、フタを開けたシーンも食べてるシーンも無かったのは残念です。
 ちゃんと食べたんだよねー?。

2007.01.19

■Kanon 第16話「真夜中の聖譚曲 ~oratorio~」

 二人、仲良く同じ病室に入院中なのです。
 倉田佐祐理と川澄舞、そう書かれた名前のプレートがかけられていて。
 その光景を見て、思わず笑ってしまった私なのでした。
 すいません(^^;。
 でも、何か笑える光景なのですよー。
 佐祐理と舞を、笑って見守れるようになったのは、とても嬉しいことでもあって。
 もう大丈夫みたい。
 佐祐理が怪我した理由、その強引な説明も、佐祐理ならではとゆーか。
 学校が壊れていた理由は、まあ別にどーでもいいか。
 本当は、弁償しなくちゃいけませんけど(^^;。
 床に落とした牛丼の掃除とか、大変そうだもん。

 何げに、あゆはずっと祐一と一緒に居たりします。
 お見舞いにだって一緒に行っちゃうし、栞との自己紹介も済ませたよ。
 あゆが名雪の知らない祐一を沢山知ってるの、私はちょっと悔しかったりもします。
 まあ、しょーがないんですけど。
 名雪が負のパワーを溜め込まないか、私は心配で仕方ありません(^^;。
 祐一の隣りで笑っているのは、いつもあゆなんだもん。

 今回は、その名雪もしっかり者ぶりを見せてくれて、祐一も少しは見直してくれたかな?。
 秋子さんが病気になっても、クローズアップされていたのは、むしろあゆだった感じもしますけど(^^;。
 香里の「あんたたちって、本当に同じ家に住んでたのね」の台詞さえも私は嬉しくって、思わずもう一度聞き直しちゃったりするのでした。

 その香里は、やっと栞を妹だって言ってくれました。
 栞の病気のことも、教えてくれたよ。
 本当は、祐一にそれを教える必要は無かったのかもしれませんけど…。
 きっと、香里が耐えられなかったんだろうな。
 舞は能力が使え無くなっているし、今の祐一に、何が出来るでしょう。
 真琴のときみたいに、一緒に居てあげること…?。
 でも、栞が望んでいるのは、香里と一緒に登校して、一緒にお弁当を食べること、なんですよね。
 香里のこと、説得出来るといいな。
 出来れば、名雪と一緒に…。

 そうそう、栞と過ごす1日は、見ていてとっても楽しそうでした。
 雪合戦も、スケッチも。
 そして、もぐら叩き。
 あれは見ていてじれったいです。
 もう、凄く(^^;。
 栞が一生懸命叩いている様子は凄く感じられるので、放っておいてあげなくっちゃ。
 0点なんて初めて見た、そんなこと言っちゃ駄目。

2007.01.12

■Kanon 第15話「かくれんぼの小奏鳴曲 ~sonatina~」

 少女の檻は、これで全て壊されました。
 これで舞は自由になって、佐祐理と祐一が、いつも舞の隣りに居るよ。
 とはいえ、アニメではシナリオの都合上、そういう訳にもいかないのが、ちょっと残念な所なのでした。
 ラスト、あの場には佐祐理も居て欲しかったけれど、さすがにそれは無理かしら。
 佐祐理との時間は、お誕生会の前で止まっているから、後でちゃんとフォローがあると嬉しいな。
 自分が原因で佐祐理と祐一に怪我をさせちゃった舞、自分自身に剣を刺して死のうとしたのも、ある意味納得出来るだけに…。

 今回、印象的なシーンが凄く多くって、私は圧倒されっ放しなのでした。
 寝ていた舞の上を飛び越えて行った子供の頃の祐一、お母さんの為に雪でうさぎさんの動物園を作る舞、学校で祐一が手を繋いでいた子供のウサミミ舞の表情、他にも色々ありますけど、一度見たら忘れられないシーンの数々、いいですよねー。

 夏休みが終わったら帰らなくっちゃいけない祐一、本人もちゃんとそう言っていたのに、自分から逃げたと信じて疑わなかった舞は、思い込みの激しい女の子なのです。
 そうだからこそ、ああいう能力が宿ったのかもしれないよ。
 でも、決して祐一を恨んだりはしてなくって。
 優しいコですもんね。
 気持ちは全て、自分自身の内面へと…。

 剣を振り回すことが無くなれば、生徒会から目を付けられることも無くなって、能力のことは誰も知らないし、これからは普通に暮らして行けるよね。
 単に、無表情で口数の少ない女の子として…(笑)。
 今でも祐一の相談相手だったりしてますし、舞の出番はまだきっとあります。
 何だか、舞にはすごく感情移入してしまう私なのでした。

 舞とお母さん、キハ82系に乗っていました♪。
 何処から来たのかなあ。
 JR北海道のキハ82系は、1986年11月改正で定期列車の運用が消滅(臨時「北斗」としての運行は、1992年のゴールデンウィークまで)していますから、歴史を感じちゃいます。
 Kanonの世界って、実は結構昔だったりするんだよ。
 1話で祐一が乗っていたのが721系なら、とりあえず今は1988年以降、ってことになります。
 あのキハ82系、丁寧に描いてあるとは思うのですが、見た印象はえらくちゃちいです。
 車体が完全に立方体だし、前面も隙間が多過ぎて、すかすか。
 隙の無いキハ82系の造形美が完全に殺されちゃってて…。
 愛情が全く感じられませんわ(^^;。
 折角、パノラミックウィンドウはそれっぽくなってるのにな。
 スノープロウが付いているかは、確認出来ませんでした。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー