2017.01.23

Haskap Trapper(札幌→函館)

 JRE POINTカードを作ったです。
 前から作ろうと思っていたのですが、何処で作れるのかが、イマイチ良く分からなくって。
 ネットからの申し込みは、ページまで辿り着けず。
 シャポー市川のインフォメーションで聞いてみたら、各ショップに申し込み用紙が有るそうで。
 ここにも用意が有るそうなので、その場で発行して貰ったのでした。
 小岩と市川と船橋のシャポー、結構愛用してますし。
 今日は、ちょっとお高い、ケーキとお弁当を買ったです。
 自分への御褒美ねっ。
 って何の…?(^^;。

 お店の掲示を見ていたら、02/14から、JR東日本旅行券の使用時にお釣りが出なくなるそうで…。
 使い勝手がかなり悪くなっちゃう。
 私の手持ちは、残り30,000円位。
 それまでに、何とか使い切れそうな感じかなあ。

 2016年の旅の記録は、もう全てフォロー出来たよね、なんて思いつつ、実は1日だけ抜けが有ったのでした。

09/17
 こちらから続いてます。

 この日は、札幌のホテルで目覚めて。
 夕方に函館で待ち合わせが有るので、今日はもう、単純に特急「北斗」で移動するだけ。
 昼過ぎの特急券を持っているので、それまではフリータイム。
 その気になれば、結構、色々出来ると思うのですが、ひたすらホテルでごろごろしてました(^^;。
 やる気なーい。

 特急券を取っていた列車の自由席ががらがらだと、妙にがっかりしますよねー。
 大ショックなのですよ(笑)。
 がらがらな「北斗」の車内では、さすがに居眠りとかはせず、ちゃんと景色を見てました。
 JR北海道は全く信用ならないので、どうせ遅延するんだろうな。
 実際、伊達紋別で対向列車の待ち合わせで何分か遅れたものの、何と!、終点の函館には定刻で到着したのでした。
 凄いです。
 定刻なんて、いつ以来だろ…?。

 函館では、ちょっとしたオフ会が開かれて、懐かしい方、始めましての方から、色々と濃いお話を伺ったのでした。
 楽しい時間を過ごした上、五稜郭駅の近くまで送って頂いて…。
 私が、五稜郭市街と五稜郭駅の位置関係を、全く把握していないってことも発覚(^^;。
 色々とありがとうございました。

 それとは別に、お世話になった方に、後から北海道のお米をお送りしたんです。
 北海道キヨスクの通販で。
 北海道に住んでいる方に、北海道発の品を…?。
 しかもお米って!(^^;。
 いえ、食べ物の好みとか分からないですし、日常生活に必要なのは、米と味噌だよねっていう、「OL進化論」的な発想で。
 そうしたら、お返しに北海道のジャムとクッキーを頂いてしまい。
 それこそ「OL進化論」なのです。
 ネタがひっくり返ったあ!。
 なあんて、しょーもないことを考えていた私なのでした(^^;。

 そんな旅は、こちらへ続きます。

 年が変わって、2017年。
 上旬は、「らいらっく」に乗船して、成田山の初詣臨時列車に乗って、沼津へ2回行って。
 なかなかのスタートダッシュなのですよ。
Img_7164
 沼津へは、ラブライブ!サンシャイン!!のコラボメニューを食べに行ったの。
 下旬は、JALのマイルを消化します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.09

太平洋フェリー「きそ」乗船記

 ここには、太平洋フェリー「きそ」名古屋19:00-16:40仙台の乗船記が有ります。
 こちらから続いてます。

12/17
 名古屋駅からの連絡バスで、フェリーターミナルに到着です。
 程無く、あおなみ線連絡の市営バスも到着しましたが、お客さんは誰も居なかったみたい。
 暫くは乗船手続きのカウンターも混雑しているので、掲示物やパンフレットを一つ一つ眺めて歩いて。
 レストランのセット券の販売は無いのですねー。
 船内Wi-Fiは、メンテナンス工事中で使用不可なんだそうです。
 その旨の説明書も渡されたよ。
 私は、左舷側のアウトサイドのお部屋だったので、ドコモの携帯は、ずっと圏内でした。
 今回の乗船は、珍しく早割で予定を組んでいて、折角なので特等洋室を押さえています。
 仙台まで、10,500円。
 割安感有ります。
Img_6953
 乗船口の前には、ベンチが設置されていますねん。
 ハイシーズンには、ここに並んだりとかするのかしら。

 お部屋のカードキーは、陸上ではなく、船内の案内所で渡されます。
 私のお部屋は、ロビーのすぐ近くで。
 レストランへのアクセスが良いです。
 室内の空調制御はシーメンス製で、室温の設定は0.5度単位で調節出来ます。
 でも、ソファーの真上に吹き出し口が有るので、暑かったり寒かったり。
 ちょっと微妙な調節が難しい感じ。
 あ、ソファー自体は使い勝手良かったです。
 くつろげます。
Img_6958
 背もたれの無い丸イスは、テーブルでずっと作業をするには使い難いですけど。
 鏡の設置場所も、イマイチ謎です。
Img_6960
 ターミナルに掲示してある写真を見ると、「いしかり」では、鏡の場所は修正されていますね。
 テレビと冷蔵庫、お風呂は使わなかったので、使用感は不明です(^^;。

 船長さんの挨拶と案内は、出航直前に有ったです。
 出航は、19:00ぴったり。
 見事な定刻です。
 私は、後退した「きそ」が転回を始めるまでデッキに居ました。
 他にはお2人程が出て来られて。
 橋を潜るまで我慢出来ず、船内に戻っちゃいます。
 さすがに寒いですしっ。
 てゆーか、上から覗いたレストランがあまりにも空いていて、心配になったので(^^;。

 夜のレストラン、私がご飯を食べていても、常時10人位だったです。
 がらがら。
 以前と比べると、品数はちょっと寂しいですが、食べ過ぎる心配が無いので、むしろ好ましいかもです。
 全て、無くなるとすぐに補充されましたし。
 舞茸の天ぷらが美味しかったよ。
 今日は勿論、1レーンしか使っていませんが、動線が悪いとゆーか、配置がばらばらとゆーか。
 シュウマイとかミルク、アイスは存在に気が付かない方も居そうです。

 アイス、以前とはパッケージが代わったのですねー。
 どーでもいいのですが、この乗船記をドコモの携帯から入力していて、アイスを変換しようとしたら、候補にAice5が出て来たから、びっくりです。
 そんなに有名なんだ。
 いつかは、μ'sも登録されるのでしょうか。
 船旅を好きになること、それは大事件、明日まで変わる。
 強い風や雨に負けない。
 綺麗だけじゃないから。
Img_6966
 なんて、私はデザート食べますよー。

 2等室の前を歩くと、手摺の下に、タオルを吊るすロープが張られていたよ。
Img_6961
 あ、成る程…。
 逆転の発想だあ。

 船内、パブリックスペースには誰も居なくって。
 本当に空いているのですね。
Img_6974
 グランドピアノも寂しげ。
 このピアノ、木目調だったんだあ。

 ご飯の後、ベッドでうだうだしていたら、そのまま寝てしまったみたい。
 完璧な寝落ち。
 気付いたら、未明の02:00とかだったりします。
 起きてお風呂に行くか、本格的に寝直すか、迷った結果、そのまま寝直しなのです(^^;。
 こーゆーとき、お風呂がずっとオープンしているのは、嬉しいな。

 お風呂はですね、やっぱり湯船のお湯の少なさが残念なんです。
 寝湯ですら、肩までお湯に浸かるのが不可能なんですもん。
 幼児用プールみたい。
 これは、就航当時からそうなのですよね。

 朝は、07:30過ぎ、レストランオープンの放送で起きました。
 バイキングは気が進まないので、マーメイドクラブを採用だよ。
Img_6970
 ホットケーキを食べましょう。
 アイスコーヒーとセットで、570円。
 他には、モーニングメニューも有りますよん。
 差額を考えると、バイキングの方がお得では有るのですけど。
 カウンターに座って、ホットケーキを食べながら、景色を眺めます。
 GPSで調べてみると、現在地は丁度犬吠埼の沖合い。
 灯台とホテルが見えますね。

 お昼のレストランからは、福二が見えました。
 お昼はバイキングを採用だよー。
 更に、14:00にはマメクラで焼き立てパンの販売が有ったので、シュークリームとアイスコーヒーを買って。
Img_6980
 合計で550円。
 ちょっと食べ過ぎみたい(^^;。

 操舵室からの案内で「大型船の出航と重なる為、仙台到着は15分早くなります」とのことで。
 更に、14:30には、あと10分で「いしかり」とすれ違うとの案内が有って。
 私もデッキへ出ます。
 「きそ」のデッキへと続く階段は、こんなに急だったんだ。
 今更気が付いたです。

 程無く「いしかり」がやって来て、私達の「きそ」が最初に汽笛を鳴らします。
 今日は風が強く、汽笛の音もかき消されてしまいそう。
 デッキに出て来たのは6人。
 向こうも4人位でした。
 それがはっきり分かる距離なのは、実は凄いことなのですよね。
 これだけ大きなフェリーのすれ違いって、やっぱり感動的。
 わくわくなのです。
Img_6984
 デッキから見る海と空も、澄んだ拡がりを見せてくれて。
 寒さが、またいいスパイスなのです。
 波は全然有りませんし。
Img_6994
 そろそろ夕陽が沈んで行きますが、ちょっと雲が多いかなあ。
 夕陽と水平線が触れ合う瞬間は見れなさそう。
 私は怠惰に、ベッドに寝転んだまま、夕陽が飛び火した窓を眺めていました。
 もう間もなく、仙台港、入港です。
 カードキーだと、ルームキー回収の手間が無いから、いいですよね。

 仙台ではゆっくり最後に下船したので、私と入れ替わりに、お掃除のおばちゃん達が乗り込みます。
 おばちゃん達が一斉に挨拶してくれるので、お辞儀しながら隣りを通過して(^^;。
Img_6982
 苫小牧まで行くなら、一時下船は手続きが必要だよ。

 16:30には、ターミナルに降りて来れちゃいました。
 まだ全然明るいの。
 中野栄駅へのバスは16:50発。
 バス自体は既に到着していますが、さすがにまだ乗れません。
 私は外に出て、うろうろ。
 建物内、暖房が暑くって…。
 外も全然寒く有りません。
 雪も全く無いですし。

 宮城交通のバスは、Suicaが使えますよー。
 車窓から、ちょっと先にAEONが見えますが、あそこまで、結構歩くのですよね。
 一時下船の間に、仙台駅までの往復は可能です。
 てゆーか、陸前小野までも往復出来た気が!(^^;。
 時刻表を調べてみると、んー、ちょっときついけれど、不可能では有りませんね。

 今回の特等洋室の旅は快適でした。
 フル区間の乗船をしたくなっちゃいます。
 瞬間をリングに閉じ込めて。
Img_6997
 思い出だけじゃなく、新しい夢が生まれて来るのです♪。

 こちらへ続いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

仙石線と常磐線の新線区間

 こちらから続いてます。

12/15
 中野栄の朝は、意外と早起き。
 仙石東北ラインの本数が少ないので、そこに合わせなくっちゃいけないですし。
 中野栄の改札で、青春18きっぷに日付を入れて貰います。
 駅員さんに、お気を付けて行ってらっしゃいませ、なんて見送って貰っちゃいました。

 まずは陸前小野に向かいましょう。
 津波の後、線路を付け替えた区間、私は立ち上がって、右を見たり、左を見たり。
 旧線との分岐地点も確認しなくちゃ、だもんね。
 そんなことをしていると、凄く目立ちそうですが、車内の人達、私以外の全員が寝ちゃっているとゆー…(^^;。

 陸前小野では、ホーム反対側に到着する対向の快速に、すぐの乗り換え。
Img_7004
 前回は真っ暗で分からなかった、短絡線を確認しましょう。
 でも、これ、単なる渡り線なのですね。
 わざわざ再訪しなくても良かったみたい。
 何度か停車を繰り返して、ゆっくりゆっくり渡ります。

 車内には、浜吉田~相馬運転再開のお知らせが掲出されていて、私も今日、乗ってしまうことにしました。
 仙台ですぐの接続だよ。
 その間に改札を出て、売店で萩の月を購入。
 朝ご飯を完全に食べ損なってます。
 お腹空いたよお。

 12/10に運転を再開したばかりの新線区間は、線路が真っ直ぐに延びて、駅前には殆ど何も有りません。
 まだまだ、これから。
 沿線では、色々な工事が進んでいたよ。
 私は相馬で降りて、岩沼へと折り返します。
Img_7007
 このまま真っ直ぐ進んで代行バスを待っていたら、家に着くのが深夜になってしまうので…。
 戻った方が早いの。
 一般の路線バスで福島か郡山に出られたら時間短縮になるけれど、便数が少な過ぎなんです。

 相馬駅近くのイタリア料理店で、やっとご飯にありつけたよ。
 パスタを頂きます。
 それはいいのですが、相馬で電車から降りるとき、半自動のドアスイッチを押したら、何とトイレのドアが開いたとゆー…(^^;。
 紛らわしいよう。
 E721系恐るべし。
Img_7009
 …これ、フツーは間違えませんかあ?(^^;。

 岩沼からは、福島、郡山と電車を乗り継ぎます。
 ここでは、久しぶりに車内改札が有って。
 最近、特急でも車内改札は省略されていたから、新鮮なのです。
 福島ではちょっとだけ時間が有るので、お茶を飲んで、萩の月を買い足して。
 座れなくなってしまったけれど、郡山まで、1時間もかからないですしね。
 最後尾に立って、安達太良山を眺めつつ。

 黒磯からは、通勤快速です。
 乗り換え時間は7分しかないのに、グリーン券は改札外の券売機のみでの発売なので、ちょっとした混乱が有ったり。
 私自身はモバイルSuicaなので、楽勝だあ。
 それより、売店で何か買いたかったなあ。
 腹ペコ。
 宇都宮か小山で降りて、何か食べようかと思ったもん。
 でも、結局、そのまま上野まで乗り通したのでした。
 頑張ったよ。
 大袈裟だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

来年の旅っ

 来年の旅ですが、最初はこれ↓になりそうです(^^)。
20161225_0010
 新日本海フェリーに乗りますよー。
 その後、名門大洋フェリーも予約済みなのです。
 楽しみだあ♪。
 あ、津軽海峡フェリーの新造船は、来年2月までお預けになっちゃいました。
 今年は、予想外の転勤のせいで、後半ずっと忙しく、遠出は殆ど出来なくって。
 JALのステイタスも平JGCに格下げなのです。
 来年は頑張ってお出かけするぞー!。
 未来をしっかり見て。
 JMBの、いわゆるJALガチャにも挑戦します。
 私みたいに、何処かへ行きたいけれど、行き先には拘らない、って人にはぴったりなのですよ。

 他には…。
 PASMOが販売開始からもうすぐ10年、ずっと未使用だと失効してしまうので、手持ちの記念ICカードを全て会社へ持って行って、端末で残高照会をしました。
 これで期限が延長されます。
 こーゆー場合、自分でPASMO端末を扱えるのは便利なんです。
 ついでに、高瀬祐花名義のPASMOを作ろうかと思いましたが、あんまり意味が無いので止めました(^^;。

 Aqoursブレードを事前通販で買ったのですが、肝心のパシフィコ横浜に落選してしまい…。
 また、ライブビューイングだあ。
 寂しいね(^^;。
 まあ、最初はコールとか良く分からないので、これはこれでいっか。
 そんな感じに、新年を迎えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.28

10月下旬の夕張ドライブは大変なんです

 新日本海フェリー「すいせん」敦賀-苫小牧東、乗船記から続いてます。

10/24
 南千歳からの接続は、快速「エアポート217」号石狩当別行きになります。
 まだちょっとだけ時間が有るので、駅構内の掲示を見て歩いて。
 みどりの窓口でのJR北海道バスの定期券の販売は、もうすぐ終了するそうです。
 えっ、今まで買えたんだあ。
 知らなかった!。
 小さなテーブルには、駅レンタカー営業所への連絡電話が有って。
 連絡すれば迎えに来てくれますが、ちょっと時間がかかるそう。
 他社のレンタカーだと、空港へのピストンは有りますけど、頼めば南千歳にも寄ってくれるのかしら。
 謎なのです。
 駅レンタカーなら、勿論南千歳への送迎が有るです。

 ロングシートの快速「エアポート217」号に座って、札幌へ。
 今日は札幌泊りです。
 珍しい行き先なので、そのまま乗って行きたいのですけどねー。
 札幌駅からは、地下道を歩いてホテルへ。
 地元の皆さん、コートにマフラーに手袋に、完全に冬仕様です。
 寒いですもん。
 私は、長袖シャツ1枚なので、何だか頭のおかしい人みたいな…(^^;。
 外人さんみたいに、Tシャツ1枚とかじゃ有りませんけど。

 ホテルでは、最上階のデラックスツインに案内され、何だかすっごく広くて豪華なお部屋でした。
 JALのダイナミックパッケージで遅い時間に到着すると、こういうことが良く有ります。
 シングルを先に埋めてしまうのですよねー。
 私はただ寝るだけなので、デラックスとか、全然きょーみが有りません…。

 翌朝は、通勤通学の人達に混ざって、大通公園沿いを歩きます。
 風が冷たいっ。
 レンタカーの営業所が、ビルの地下二階に有るって、不思議な感じ。
 おにーさんに駐車場まで案内して貰いつつ。
 「寒くないですか…?」。
 寒いですっ。
 「コートとかは…」。
 持って来てません。
 まあ、ずっと外に居るわけでも有りませんし。
 大丈夫。

 取り敢えず、温泉に入りたいので、追分駅近くの安平町ぬくもりの湯にナビをセットします。
 札幌市内の渋滞を抜けるのに、結構かかっちゃったなあ。
 それより、フロントガラスを何かが横切りました。
 虫だあ。
 え、でもこれ、内側、車内に居るよね。
 ゴキブリ!?って、一瞬焦ったですよ。
 ゴキブリ嫌い。
 もし本当にゴキブリだったら、スコーク77を発令して、車は路肩に放棄、殺虫剤を買いに行くレベルなのです(^^;。
 よーく観察すると、どうもカメムシみたい。
 ほっ。
 休憩した道の駅で、出て行って貰ったよ。
Img_6627
 追分の鉄道資料館は、ワムが並んでいて、不思議な感じ。
 蒸気機関車は、大切に庫内にしまわれていました。

 ぬくもりの湯でのんびりして、早来でご飯を食べると、もうすることが有りません。
 こら。
 十勝清水へ行ってみたくなったので、道東道に乗りますが、この先、事故で通行止めになってしまったみたい。
 じゃあ、夕張で降りちゃいましょう。
 下道で、行けるところまで行こー。
 それはいいのですが、さっきからちらちらと舞っていた雪が、夕張を過ぎると本降りになって、これはもう吹雪です。
 前が見えないよお!。
 怖くなって、慌てて転回、逃げ帰って来たのでした。
 雪の中を走るの、もう嫌だあ(^^;。

 下道で厚真へ戻り、こぶしの湯あつまでまた温泉に入って、もう帰ってしまうことにしました。
 やる気無いなあ。
 ポテトのプリンを食べたよ。
Img_6629
 プリンとゆーか、スイートポテトみたいな感じ。
 途中のお店でスフレケーキとかも買って、まあ、何だかんだで結構楽しかったのでした。

 帰りのJALは、完全に満席のキツキツで、乗っててちょっと疲れたです。
 身動き出来ないような、圧迫感が…(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.23

中野栄にて

 太平洋フェリー「きそ」名古屋-仙台、乗船記から続いてます。

12/18
 フェリーターミナルからのバスは、17:00に中野栄の駅前に到着です。
 今日はこのまま、中野栄駅の最寄りのホテルに泊まっちゃいます。
 太平洋フェリー下船からの行程で、初めてのパターンなのですよ。
 普段なら、苫小牧まで乗り通すか、真っ直ぐ新幹線で千葉に帰ってしまいますもの。
 今回は、仙台に用事が有るんだあ。
 それに、苫小牧飽きた(^^;。

 北海道は大雪で大変みたいで、札幌地区のJRや新千歳空港、酷いことになっていたみたいですよね。
 例年なら、私も確実に巻き込まれていたと思うのですけど。
 北海道には全く近付いていないので…。
 助かったよ。
 私を迷子にしないで。

 徒歩10分ちょっとのホテルは、綺麗でしっかりした設備で、くつろげます。
 シャワールームが、ロールカーテンを開けると覗けるようになっているのが、ちょっと謎(^^;。
 21:00頃、歩いて中野栄の駅前に戻って、ご飯。
 ホテルの近くにもお店は色々有りましたけど、船内で運動不足でしたから。
 ここのホテルって、丁度、仙台市と多賀城市の境になるのですね。

 寝る前に大浴場へ入って、日付が変わる頃に就寝。
 超健康的。
 規則正しい生活だあ。
 まあ、自堕落するのも、有りなんですけどねー。
 今回の旅は、健全ルートを採用なのです。

 ちなみに、パソコンを持って来ていないので、細々とした作業は、全てガラケーとスマホでこなします。
 この文章も、適当に両方を使ってポチポチ入力していました。
 後でまとめて、パソコンで体裁を整えれば、完成だよ。
 ちなみに私は、全てをスマホにまとめるのは嫌な人なので、通話はガラケー、撮影はコンデジ、音楽聞くのはMP3プレイヤーと、それぞれを別に持ち歩いていたりします。
 分散させておかないと、長旅ではすぐにバッテリー不足になっちゃいますもん。
 じゃないと、心は何処にも旅立てなくなるの。

 こちらに続いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.19

「踊り子」と「ひかり」三島乗り換え

12/17
 これから、名古屋へ向けて、出発です。
 太平洋フェリーに乗りますよお。
 前日から、会社に泊まり込んでお仕事をしていたわけなのですが、青春18きっぷを使うなら10:45に、新幹線を使うなら15:00に、最寄り駅を出なくっちゃ駄目。
 タイムリミットなのです。
 出来ることなら、青春18きっぷで行きたいなあ。

 でも…。
 実際には、13:00とかビミョーな時間になってしまい。
 この時間だと、小田原までロマンスカーで行くか、三島まで「踊り子」で行くか、なのです。
 ん、今日は何だか「踊り子」に乗りたい気分。
 ってことで、えきねっとから、乗り継ぎ割引の特急券を申し込みます。
 窓口で行列に並ぶの、嫌ですものね(^^;。

 今日は土曜日なので、13:30発、臨時の「踊り子117」号を運転しています。
 15両の長い編成ですが、がらがらでした。
 車内放送では、唱歌チャイムが流れたから、びっくり。
 まだ残っていたのですね。
 詳しい友人に聞いたら、C編成にまだ現存しているとか。
 凄いなあ。
 懐かしいのです。
 ちなみに今日は、C2編成なのでした。

 熱海では、伊豆急下田行きと修善寺行きの切り離し。
 ちなみに私は三島まで行くので、修善寺行きに乗ってます。
 切り離し作業は、一旦扉が閉まり、私の修善寺行きが少し後退するっていう段取り。
Img_6940
 ホームに降りて、先に発車する伊豆急下田行きを見送ったのでした。
 ホームの案内表示には、律儀に伊豆箱根駿豆線て、案内が出ていて。
Img_6942
 次の来宮では、伊東線のホームに停車していた伊豆急下田行きを追い越したよ。
 楽しいな。
 旦那トンネルを抜けると三島。
 15:09、定刻です。
 車内を巡回していたJR東海の車掌さんと一緒に下車します。
 一区間だけの、短い乗務なのです。
 こういう会社間の調整は大変そう。
 なので、会社間をまたがる直通列車は減る一方で。
 私だって、自分が担当だったら、そんな面倒な列車は設定したくありませんわ(^^;。
 ポイントを渡って行く修善寺行きを見送っていたら、何だか切ない気持ちに。
 次は、終点まで乗ろう!。

 三島では、一旦改札を出て、駅前をお散歩。
 伊豆箱根鉄道の窓口と、東海バスの窓口へ行って、何かグッズが出ていないかチェックなのです。
 特に有りませんでした。
 パン屋さんでお茶にしましょう。
 一休み。

 三島の新幹線改札は初めてですが、在来線の改札内に不二家のレストランが有ったりして、びっくりしたよ。
 売店でのっぽパンを買おうか迷ったけれど、あれ、かさ張るので…(^^;。
 接続は、15:48発の「ひかり477」号です。
 結構な利用者さんが居ますよん。
 ホームからは、綺麗に富士山が見えます。
Img_6948
 ここまでの道中、横浜から熱海、静岡から三河安城までは、ずっとぐーぐー寝てました(^^;。
 名古屋には17:09の到着で、名鉄バスセンターからの連絡バスの発車は17:20。
 間に合うの…?。
 間に合いました。
 人だらけの名古屋駅を早足で急いで。
 年末ジャンボ購入の物凄い行列に、進路を遮られたりしましたけど…。
 まあ、バスに間に合わなければ、まだあおなみ線が有りますし。
 大丈夫だよ。

 料金550円は、下車するときに払えば良いそうです。
 夕方の渋滞で、バスセンターから出るのに時間がかかりましたが、ほぼ定刻の18:00にはフェリーターミナルに到着したのでした。
 車内、暖房が効きすぎで、暑かったよー。
 お客さんは、10人ちょっと。

 それでは、太平洋フェリー「きそ」名古屋-仙台、乗船記に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

「SLレトロみなかみ」号の旅

12/11
 青春18きっぷの1回目。
 今日は、水上までSLを乗りに行くです。
 珍しい臨時列車の候補は他にも有ったけれど、距離や時間、予算の関係で採用には至らず、なのです。
 えきねっとから検索すると、前日夜でも、往復共に窓側席が取れました。
 当日の朝、上野東京ラインの新橋まで高崎行きを迎えに行きましたが、上野からでも楽々座れた感じ。
 車内では、とにかく寝ます(^^;。

 高崎に着くと、「SLレトロみなかみ」号が既に反対側のホームに停車中。
 今日の牽引機はC61だね。
 すっごく存在感有ります。
 さすがにボックス席の独り占めは出来ませんが、そこそこ空席は有りました。
 それほどの混雑では有りませんが、ホームをお巡りさんも巡回中。

 発車後は、ホームや道行く人達と手を振り合いながら進みます。
 ドラフトと汽笛、煙はインパクトが有って。
Img_6901
 黒くてでっかいのが走って行くのは凄いのです。
 渋川で後続の特急と普通列車に抜かれた際も、注目度高かったよ。
 27分停車。
 私はホームをお散歩して、200円の焼き饅頭を買いました。
 ホームでは、他にアイスを販売中。
 車掌さんの帽子を被っての撮影会は順番待ち。
 ですよね。
 ちっちゃい子には、車内だけじゃ物足りないでしょうから。
Img_6902
 窓枠には、石炭の煤が散ってます。

 沼田でも、ちょっとだけホームを歩けたよ。
 ちらちらと雪が舞い始めました。
 車内では、SLスクラッチ付の栞が配られます。
20161225_0019
 当たりだと缶バッチが貰えるそう。
 私はハズレでした(^^;。
20161225_0002
 ちなみに、車内改札のスタンプもオリジナルだよ。

 終点の水上は、がっつり雪が降っていて。
 ちょっとした吹雪です。
 私は切り離しを見届けて、改札を出ます。
 さすがに転車台まで行く気にはならなくって(^^;。
 寒いよう。
 雪が冷たいよう。
 それでも、バスから見た転車台には、沢山の人達が見えました。

 水上温泉シャトルバスは、今日で今年の運行は終了みたい。
 駅前の水上温泉旅館共同組合で500円の1日券を購入したよ。
20161225_0005
 乗り場が良く分からず、路線バスの待合室で待機。
 さっきの組合の目の前がバス停でした(^^;。
 そうそう、おいでちゃんの着ぐるみが、改札口で迎えてくれてたのですよねー。
 おいでちゃん、イラストよりも着ぐるみの方が可愛いの。

 この後のスケジュールは、こんな感じ↓だよ。
12:30、湯テルメ谷川でお風呂。570円
13:38、道の駅「水紀行館」。
14:50、水上駅。
 帰りに通ったふれあい交流館は以前、駅から歩いて来たことがあるです。

 露天風呂へと続く階段を裸で降りて行くのは、さすがにかなり寒くって。
 お湯もちょっと温めかな。
 それより、頭と顔に雪が積もって行くのが、寒くて仕方有りません。
 これは辛い!。
 頑張りましたあ(^^;。

 電気機関車が展示されている道の駅では、お土産物を見て、軽食コーナーでカレーとクリームみつ豆を食べます。
 変な組み合わせ。
 クリームみつ豆は、冬季割引中だったので。

 その後、300円払って、水産学習館へ。
 暇なんですもん。
 ささやかな展示を、時間をかけてじっくり見ます。
 実は、お隣に無料の休憩コーナーが有って、お茶まで飲めることに気が付いたり。
 最初から、そっちで良かったね(^^;。
Img_6913
 水上駅は雪がしんしんと降り続けていて。
 雪国だあ。
 真っ白だあ。
 車内も結構、冷えてます。
 SLが連結されると、スチーム暖房がカンカン言い出したよ。
Img_6914
 若い人は、何の音なのか、分からないみたい(^^;。
 これも味でしょ。
 お外で撮影の人達、寒く無いのかなあ。
 頑張るなあ。

 私は車内販売で日本酒を買おうとするのですが、なんと売り切れで。
 ビールと笹かまぼこです。
 支払いは、Suicaの他、クレカも使えるのですねー。

 水上を離れたら、雪は見えなくなったね。
 渋川では、また特急と普通に抜かれます。
 私はホームを散歩して、石炭の欠片を見付けたり。
 普通列車は、線路に人立ち入りの影響で、約3分遅れ。
 こちらも遅れになりました。
 その115系に、新潟旅行帰りの友人が乗っているそうで、車内を覗いて見たけれど、何処に居るのか分かりませんでした。
 そんな感じに、高崎到着です。
Img_6919
 それじゃあ、上野行快速のグリーン車で家に帰りましょう。
 のんびり。
 したら、先程見付けられなかった友人が、席まで訪ねて来てくれました。
 え、スマフォの電池が残り僅かなの?。
 私のモバイルバッテリー貸しますよお。
 高崎では、駅ビルで食料を調達していたそう。
 色々と貰ってしまったよ。
 あっという間に、上野に到着したのでした。
 尾久には四季島が居て、ライトの中、何か作業が行われていたよ。

 以下、公式サイトの情報です。
------
「SLレトロみなかみ」 
C6120+旧客4両の運転日:12月10,11日

運転時刻
下り:8731レ
高崎9:56発(SL単機入線9:20頃→9:40頃連結作業)
井野10:03頃通過
新前橋10:09着/10:14発
八木原10:28頃通過
渋川10:34着/11:01発
敷島11:12頃通過
岩本11:23頃通過
沼田11:29着/11:35発
後閑11:43着/11:44発
水上12:04着

上り:8732レ
水上15:20発
上牧15:28頃通過
後閑15:38着/15:39発
沼田15:47着/15:52発
岩本15:59頃通過
敷島16:11頃通過
渋川16:21着/16:45発
八木原16:41頃通過
新前橋16:55着/17:01発
井野17:06頃通過
高崎17:13着(SL単機回送17:15頃)
------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.17

高瀬駅まで青春18きっぷを買いに行きます

12/06
 ゆかえき。
Img_6864
 祐花駅。
 これはいいです!(^^;。

 それでは、予讃線の高瀬まで、青春18きっぷを買いに行く旅、始まり始まり。
 本当は、この週末に行く予定で、飛行機やホテルの予約を済ませていたのですが、赤い常備券は今季限りで販売を終了するとのリリースが流れ、在庫が心配になっちゃって。
 予定を早めることにして、そちらはキャンセル。
 西日本は既に完売。
 さすがに、四国は売り切れたりしないと思うのですが。
 念の為に、ね。

 出発は、本当にお久しぶりな寝台特急「サンライズ瀬戸」です。
 東京22:00発。
 前日にシングルを予約したよ。
 乗車券は、レール&レンタカーきっぷを使います。
 行程上、一度高松まで行って、折り返した坂出で駅レンタカーを借ります。
 切符を買うとき、行きも新幹線経由で発券されてしまって、確認したら、往復同じ経路で無いと、往復割引が適用されないので、なんて説明でしたが、レール&レンタカーきっぷなんですもん、もともと往復割引は適用されませんよね(^^;。

 旅立ち前、中野駅近くの銭湯に入り、ご飯を食べて、東京駅へ。
 「サンライズ瀬戸」は既にホームに入線していました。
 私のベッドは、下段席だね。
 今日の「サンライズ瀬戸」は空いていて、終点の高松で確認したら、私の車両は3人分のお部屋しか使われていませんでした…。

 シングルの個室はさすがに狭いですけど、コンセントや棚はしっかり有りますし、設備は十分なのですよー。
 サンライズのコンセントの仕様は、AC100V2A60Hzです。
Img_6844
 窓に、東京駅で買って来た食糧を並べて、と。
 23:58の沼津までは、頑張って起きていることにしました。
 沼津では、わざわざホームに降りて、写真を撮ったりします。
 今、沼津は重要ポイントなんですもの。

12/07
 その後は、ぐっすり眠って。
 なんて、実は揺れが激しいので、何回も地震の夢で目が覚めました(^^;。
 寒さでも目が覚めたりして。
 ヒーターのスイッチを入れるの、忘れてました。
 岡山で何となく目が覚めて、児島で本格的に起き出します。
 朝陽が眩しい中、瀬戸大橋を渡って行くよ。

 ゴミを捨てにデッキへ出たら、丁度坂出に到着するところ。
 かなりの下車が有りました。
 高松よりも多かったみたい。
 終点の高松には定刻で到着。
 各車両、数人の下車客なのでした。

 私は、改札を抜けて、みどりの窓口へ。
 取り敢えず、青春18きっぷを買っておきましょう。
 2枚。
 券番は4289。
 その後、カフェでご飯を食べて、と。
 のんびりと「マリンライナー」で折り返したのでした。

 坂出には9:40頃に到着したよ。
 ここの駅レンタカーは、駅構内に小さなカウンターが有るものの、オリックスレンタカーに業務を委託していて、常駐する人も無く、電話で誰かを呼び出さなくっちゃ駄目みたい。
Img_6878
 面倒臭いよー(^^;。
 幸い、おねーさんはすぐに来てくれました。
 料金6,480円は、勿論、事前に決済済みです。

 それでは、高瀬駅に向けて、しゅっぱーつ。
 国道を淡々と走って行きますよー。
 途中、道の駅「ふれあいパークみの」に寄り道。
 もう、三豊市内です。
 道の駅とゆーには、随分とメインの道から外れてますけど。
 ここには温泉が有るのですが、健康ランド的な施設なので、お値段はお高めです。
 なので、今回はスルーだよ。
 いつか泊まってみたいなあ。

 高瀬駅では、いそいそと青春18きっぷを購入します。
 ここでも2枚、買いました。
 券番は5094。
 んー、あんまり売れてないみたい。

 それじゃあ、温泉に入りましょう。
 たかせ天然温泉には行ったことがあるので、今日は道の駅「たからだの里環の湯」まで行ってみます。
 最寄り駅は土讃線の讃岐財田ですが、こちらも同じ三豊市内なんです。
 車なので、こういう移動も自由自在なのですよー。
 ちなみに、お風呂の後は、また高瀬駅に戻って、ご飯と「マリンライナー」のグリーン券を買いました(^^;。

 ナビの指示通りに、道をくねくね曲がって、「たからだの里環の湯」に到着っ。
 物産コーナーを見て回って、アイスを食べて。
 アイスは、ちょっと珍しい、柿と焼き芋のダブルにしてみたよ。
 そして、温泉でのんびり過ごしたのでした。
 モール泉みたいに、ぬるぬるしたお湯でした。

 高瀬駅前に戻って、記念にグリーン券を購入しましょう。
 電話での中継販売なんです。
20161225_0003
 以前、「北陸」の寝台券を買ったときは、手書きの出札補充券だったにゃあ。

 その後、駅前のお寿司屋さんでお昼ご飯。
 正午なので、三豊市役所前には、パンの移動販売車が来ていたよ。
 ここ、三豊市役所前のバス停からは、東京と大阪と神戸へ、直通のJRバスが出ていて。
 実は、バスタ新宿からダイレクトアクセスが可能なんです。
 でも、今後はあんまり高瀬に来る機会は無さそうなので...。

 次は、琴電の羽床駅へ行こー!。
 いえ、道の駅で案内板を見ていたら、この羽床駅を見付けて、ひらがなだと「はゆかえき」、まさに祐花駅だあ!、ってことに気が付いたので。
 楽しいね。
 そのまま坂出駅に抜けてしまえば、ルート的にも時間的にも丁度いいですし。
 効率いいよ。

 羽床駅の場所がイマイチ良く分からなくって、ナビの案内もテキトーなので、ナチュラルに道に迷ったりしつつ、何とか羽床駅に到着です。
Img_6868
 丁度、高松築港行きの電車が来ました。

 これで、そろそろタイムアップ。
 今回の旅は、凄く充実していたね。
 坂出駅に戻って、レンタカーを返却するべく、また電話をすると、回送中で人が居なくて、こっちに出せる人員が居ないと…。
 車は駐車場に入れて、キーとファイルはカウンターに置いといて下さい、と。
 はあい、了解です(^^;。

 駅前の、テナントがすかすかのイオンを覗いて、15:24発の快速「マリンライナー42」号に乗ったのでした。
 グリーン車は初めてなのですが、車内、ずっと寝ちゃってました。

 岡山からは、16:22発の「ひかり478」号で帰ります。
 レール&レンタカーきっぷでは、「のぞみ」の割引が不可なんですもん。
 この「ひかり」は殆ど各駅停車なので、東京まで4時間18分もかかります。
 「のぞみ」より1時間も長いよう。
 疲れるー。
 車内では、駅弁を食べて、その後はぐーぐー寝てましたけど。
 何となく、また中野で別の銭湯に入って、家に帰ったのでした。
20161225_0001
 沢山買った青春18きっぷの常備券は、それぞれに引き取り手が見付かって、全国へ散って行きました。
 皆さん、いい旅をして下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.15

特急「きりふり267」号、浅草→運河

12/02
 浅草22:20発のアーバンパークライン直通、臨時の運河行特急に乗りました。
 愛称には、「きりふり267」号が振られているね。
 年末の金曜日だけの運転で、去年に引き続き、300型の6両編成。
 浅草を22:10に出て、終点の運河には23:28の到着です。

 当日、私は下総中山駅でご飯を食べて、銭湯に入ったりしつつ、浅草駅に到着したよ。
Img_6826
 最後尾付近には、結構カメラを持っている方々が居ました。
 今日は初日ですものね。
 リバティの記念乗車券の販売も行われて。
 発車前には、前後で異なる運板のお披露目も行われて。
Img_6819
 結構なイベント感なのですよ。

 ちなみに、私はネットから特急券を予約したのですが、会員登録でちょっと躓いちゃって。
 携帯電話でのレジストが必要なのですが、この手続きのときだけは、Wi-Fiでの接続が不可なのですよね。
 パスワードが違うってエラーが出るので、悩みまくったりして。

 それはともかく、車内は窓側がほぼ埋まる感じで。
 直前の空席状況では「○」の表示が出ていました。
 運河23:28到着だと、地元の人以外は家に帰れなくなっちゃいますものね。
Img_6828
 リクライニングしないシートですが、テーブル類はかなり充実しています。
20161204_0003
 立派な乗車証明書が配られたよ。
 これ、毎回デザインが異なるそうで…。
 気合入ってます。
 車内放送でも、リバティの紹介が有ったりしたもん。

 若干の遅れで発車したので、「きりふり267」号はそこそこのスピードで走って行って。
 新越谷を出ると、随分とゆっくりになっちゃいました。
 春日部では本線のホームに停まって、進行方向が変わります。
 ここからは特急券無しでの乗車が可能ですが、乗って来られたのは数人だけ。
 途中駅からの乗車はゼロでした…。
 こんな時間ですし。
 そもそも、アーバンパークライン各駅の行き先案内は「団体」になっているのですよね(^^;。
 終点運河まで乗って行ったのは、各車両7人位。
 合計で30人ちょっとでしょうか。

 私はTXの最終列車と武蔵野線の最終列車を乗り継いで、家に帰りましょう。
 常磐線の最終列車でも帰れますけど、滅多に乗らないTXを採用なのです。
 ちなみに、どのルートで帰っても、乗換駅でそれぞれ15分の待ち合わせが発生します。
 なら、東武の最終に乗って、新船橋から歩いた方が、自宅には早く着くことに気が付いたり(^^;。
 実際には、武蔵野線が遅れていたので、最終1本前に乗れました。

 どーでもいいのですが、浅草駅で売っている駅弁。
Img_6809
 がっつりボリュームの男弁当が、私、気になります!(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.04

ペリエ千葉エキナカ開業

11/27
 私もようやく、行って来ました。
 千葉県民としては、千葉駅は超重要なのですよ。
 でも…。
 船橋に住んで、都内の会社に勤めていると、千葉駅に行くことなんて、殆ど全然無いのです。
 房総方面には、行っても津田沼まで。
 …房総?。
 これはまずい(^^;。

 土曜日に行ったので、千葉駅は人がいっぱい。
 てゆーか、エキナカの充実ぶりには、びっくりしちゃいました。
 殆どデパ地下みたい。
 ここ、本当に改札内?。
 本当に千葉駅?。
 お昼ご飯時なので、水餃子屋さんやお茶漬け屋さんには行列が出来ています。
 びっくりだよー。

 テナントも、なかなか面白そうなお店がいっぱいで、むむむ、これは、時間のあるときに、ゆっくり買い物に来なくっちゃ、です。
 今日は時間が無くって。

 万葉軒の売店を探して、定番の菜の花弁当650円と、ペリエ千葉エキナカ開業記念弁当1,100円を買ったのでした。
 このペリエ千葉エキナカ開業記念弁当、万葉軒のサイトにも情報が無いのですよねー。Img_6803
 限定500食だから…?。
 お品書きも無いのは残念、
Img_6806
 写真はあんまり美味しそうに撮れてませんけど、千葉の名産品満載です。
 ピー味噌が入っているのはポイント高い!。
 美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.23

「ホリデー快速湘南」号の小さな旅

11/23
 立川09:17発、小田原11:10着の快速「ホリデー快速湘南」号に乗って来たです。
 この列車、本当は青梅始発なのですが、起きられません。
 船橋から立川まで行くの、大変なんですよお。
 それに、立川から乗った方が、お財布には優しいですし(^^;。

 朝から、いつもの通勤ルートを辿って行くのは、不思議な気持ち。
 中野駅の券売機で、えきねっと予約の指定券を受け取って、と。
 特別快速の先頭車に立って、立川までの景色を眺めつつ。
 後ろからは、「山梨富士3」号が追い掛けて来ています。
Img_6791
 立川のエキナカで、食料を調達しましょう。
 お弁当と飲み物買ったよ♪。
 駅弁じゃ無いのは残念なのですけど。
 立川なんて、お正月に劇場版ガルパンを観に来て以来だなー。
 何となく南武線ホームのホームに降りかけて、「ホリデー快速湘南」号は中央線ホームなことに気が付いたり。

 程無く、ホームにはおんぼろな189系が到着なのです。
 凄い写真撮られてる。
 国鉄色ですものねー。
 沿線も、カメラが凄かったです。
 車内もほぼ満席。
 私のお隣には、既に先客が居ましたし。
 お弁当、食べにくいよお(^^;。
Img_6795
 「ホリデー快速湘南」号は南武線をのんびり走って、府中本町から武蔵野線へ。
 鶴見で結構長く停まっていたよ。
 この先、平塚でも運転停車が有るそうです。
 後続の特急「踊り子」の通過待ち。
 藤沢からは、その「踊り子」と間違えて乗って来たお年寄りが居たりして、車掌さんに保護されていました(^^;。

 辻堂付近では、非常制動がかかって、がっくんと停車。
 踏切支障警報装置が作動しているとか…。
 まあ、すぐに復位になったです。
 最近多いなあ。

 そんな感じで、小田原着。
 律儀に幹線の接続案内が有りました。
 お隣には、「伊豆クレイル」が停車中。
 空席を調べたら、若干の空きは有ったのですが、これにわざわざ1人で乗ってもなあ。
 それより、ミュージックホーンを鳴らしながら到着した、VSEに乗りたくなりました(^^;。
 いいなー、VSE。
 発車のときのミュージックホーンも聞くべく、信号が変わるまで、ずっとホームで待機していた私なのです。

 さあて。
 この後は、伊豆箱根鉄道本社(大場)で開催されている、ふれあいフェスタへ行きますかあ。
 ラブライブ!サンシャイン!!のグッズを買いたい。
Img_6797
 そうそう、帰りの大船駅、根岸線のホームに、京急の電車が居ました。
 1000型の16次車なのですって。
Img_6798
 兵庫の川崎重工から、遥々運ばれて来たのですねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.11.09

MIRAIへのTICKET

 間もなく、ここは長めのメンテナンスに入ります。
 アクセスは出来なくなっちゃいます。
 これより先、皆様方の旅が楽しい旅で有りますよう、心からお祈り致しております。

 みなさまようこそ。素敵な船の旅をすごしていってネ♡。
Img_6674
 船が往くよ、未来へ旅立とう。
 もっと先の景色をのぞむんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

「しもうさやまどり」号の小さな旅

11/05
 西船橋07:44発、長野原草津口13:23着の快速「しもうさやまどり」号に乗ったです。
Img_6755
 車両は、485系の「リゾートやまどり」編成。
 3列シートで、シートピッチもゆったり。
 前後にはフリーの展望席が有りますし、キッズルームやミーティングルームまで装備した、豪華な編成なのですよ。
 ちなみに、展望席は飲食禁止で、その旨のステッカーが貼られています。
Img_6723
 禁煙マークでは無く、飲食禁止マークなんだ。
 交代制ですし、居座られても困りますものね。
Img_6722
 他には謎のベンチも有ったりして。
 お一人様の隔離席…?。

 この「しもうさやまどり」号、始発は新習志野なのですが、私は地元の西船橋から乗車です。
 行き先案内に、しれっと長野原草津口が登場していて。
Img_6718
 高崎線内の何処かの駅では、行き先が高崎って間違えて表示されていたりしました(^^;。

 途中、少しずつ少しずつお客さんが増えて、座席はほぼ満席になったよ。
 お隣の車両に友人が乗っていることが判明して、挨拶に行ったりとかしつつ。
 深谷駅の手前で急ブレーキがかかり、ガックンと停車。
 立っていた私は、慌ててシートに掴まります。
 車両点検を実施中とか…。
 一瞬、人身事故かと焦ったのですが、程無く復位になりました。
 昨日は、ケーブル切断で高崎線は大混乱でしたものね。
 ちなみに今日も、別件で一部列車に20分以上の遅れが出ています。

 高崎では12分の停車となり、たかべんの鶏めし弁当を買って、と。
 美味しいのです。
 だるま弁当と合わせて、昔からのファンなのですよ。
 行き来する115系を眺めつつ、旅を続けましょう。
 ちなみに来週は、船橋から東武日光まで、特急「日光63」号に乗る予定なのです。
 結構、毎日が充実してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.04

あわしまマリンパークのAqours丼を食べに行くよ

10/30
 沼津のあわしまマリンパークで、Aqours丼を食べて来たです。
 これ↓。
------
あわしまマリンパークよりコラボメニューAqours丼が登場!

内容はAqoursと同じく新鮮な具材9品を贅沢に盛り付けたスペシャルな海鮮丼です。
・姫サザエ ・マグロ ・イカ ・サーモン
・アジ ・ネギトロ ・しらす ・桜えび ・タマゴ

発売日:2016年10月7日(金)~
価格:1,800円(税込) (お味噌汁、オリジナル海苔1枚付き)

※海苔の選択・ご指名はお受けしておりませんので、予めご了承下さいませ。
------
Img_6687
 海苔は千歌ちゃんでした!。
 嬉しいな。
 日本酒なんぞを飲みつつ、頂きます。
 大人ですからっ。

 このあわしまマリンパークは無人島に有るので、島への往復には船を利用します。
 サンシャイン!!のラッピングだよ。
Img_6670_3
 実はロープウェイも有るのですが、現在は使用してないみたい。
 廃線跡なのです。
Img_6679_3
 お天気が悪く、富士山はやっぱり見えません。

 ここには、うみねちゃんっていう既存キャラが居て、なかなか可愛いのですけど、ラブライブ!サンシャイン!!にかなり侵食されている感じ。
Img_6705
 折角なので、是非コラボして下さい。
 ちなみに、うみねちゃんは雌雄同体なのですって。
 モデルの生物に由来します。

 イルカのショーを見て、触れるウニやヒトデやサメにぺたぺた触って。
 日本一のカエル館では、ケースの中に居る筈のカエルを必死に探します。
 見付からない…。
 そりゃ、食べられないよう、保護色なんですものね。
 目が疲れた。
 腰痛い(^^;。
 残念ながら、カエルに触らせて貰えるコーナーは無いみたい。
 アマガエルやヒキガエル、子供の頃は良く捕まえたなー。
 カエル好き。
 ケロケロ。
 カエルも言ってます。
 積極的になれない自分を変えるんだ!。

 沼津の街も、凄くサンシャイン!!だったです。
 近いうち、私もまた来ますよお。
 これ↓を貰いたくって。
Miraiticket_2
 地紋がちゃんとメンバーのイメージになってます。

 ちかはゆったりとした船の旅が大好き♡。
Img_6709
 全速前進ヨーソロー!!。
Img_6710
 お船だぁ♡。曜ちゃんの運転はかいてきです!!。
Img_6712
 未来は、悲しみの消えた未来で有りますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野→敦賀

10/22
 今回、JALのダイナミックパッケージでフライトとホテルは予約済み。
 なのですが、お仕事が押してしまい、ぎりぎりなのです。
 乗り換え案内で検索してみると、京急の羽田空港駅到着が17:48。
 小松行きのフライトが18:05。
 …間に合うの?、これ(^^;。
 道すがら、スマホで検索してみると、10分前ならセキュリティを通過出来るとか出来ないとか…。
 無理だったら諦めて、家に帰る!。
 やる気無いなあ。

 でも、新宿では1本早い山手線に乗れて、品川では1本早いエアポート快特に乗れて。
 結果的には、予定よりも8分早く、羽田空港駅に到着出来たのでした。
 ほっ。
 更に、フライトは10分遅れだったりとかして。
 こういうのって、心臓に悪いですよね。
 どっきどきだもん。

 機内では、離陸前からぐーぐー寝ます。
 着陸の衝撃が目が覚めるってゆー、いつものお疲れパターン。
 お仕事、本当に忙しいのですもん。
 常にフル稼働していないと追い付かなくって。
 今の職場は、一番のハズレ部署だあ(^^;。

 小松空港からは、バスで福井駅を目指します。
 お腹空いたなあ。
 福井で何か食べましょうね。
 手持ち時間、30分位しか有りませんけど。
 エキナカを歩いて、ラーメン屋さんを採用。
 実はラーメンてそんなに好きじゃあ無いのですが、そうも言ってられません。

 夜も更けた北陸本線、北陸トンネルを通って、敦賀へ到着です。
 土曜日なので、電車は空いていました。
 それでは、新日本海フェリー「すいせん」敦賀-苫小牧東、乗船記に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おさんぽ川越」号と「ぶらり川越」号

10/16
 私の休日は不定なので、日曜日にお休みがぶつかると、ちょっと損をした気持ち。
 何処も混んじゃいますものね。
 でも、日曜日ならではの臨時列車が走ったりもするので、そんな列車に乗れる楽しみが有ったりもします。

 今日のお目当ては、川越線。
 「おさんぽ川越」号と「ぶらり川越」号だよー。
 乗車区間は、西船橋から川越までと、川越から柏まで。
 家の近くから乗れちゃうのが魅力なの。
 だから、始発駅からの全区間乗車には拘りません。
 目的地の川越は、お芋と鰻の街。
 現地に着いてから知ったのですが、今日は「川越まつり」が開かれているのですって。

 西船橋09:13発の「おさんぽ川越」号は、房総特急で使用しているE257系の5両編成。
 柏16:35着の「ぶらり川越」号は、「スーパーひたち」で使用していた651系の7両編成。
Img_6576
 どちらも、当日の朝、窓側の指定券が取れました。
 「ぶらり川越」号のグリーン車は、残り1席だったっけ。
 料金を考えると、快速のグリーン席って、お得ですものね。
 実際に乗ってみると、車内は意外と埋まっていた印象です。
 席の半分以上はお客さんが居たよ。

 西船橋駅の案内板は、残念ながら単に「JR」の表示で、がっかり。
Img_6527
 何故か、復路の茂原行きは、ちゃんと列車名が表示されていたりして。
 途中駅の表示も、ばらばらでした。
 これって、各駅毎に手動で対応しているのかなあ。
 列車自体の表示は、どちらも「臨時」表示だったよ。

 快速「おさんぽ川越」号は、のんびりと走って行きます。
 スピードが上がったのは、大宮の手前位。
 往路のポイントは、大宮駅地上ホームからの、川越線への分岐です。
 ここはまだ乗ったことが無くって。
 って、あれれ?。
 前回川越線に乗ったのって、気動車だったような…。
 いつの時代!?っていうのは別として、実はむしろ、地下ホームからの経路に乗っていないんじゃ…。
 はわわ。

 それはともかく。
 鉄道博物館からは、職員の方が手を振ってくれていて、ちょっと嬉しい。
 車内では、川越のパンフレットが配られます。
Img_6535
 JR東武直通特急10周年記念のマグネットブックマーカー付き。
 終点の川越では、歓迎の幕が掲げられていたです。
Img_6541
 イベント感が有って、楽しいね。

 さあて、何をして過ごそうかなあ。
 いっそ、西武の特急「小江戸」号で新宿へ出ちゃうとか!。
 いやいや(^^;。
 お祭りの山車を眺めると、随分とトップヘビーて安定悪そう。
Img_6549
 ひっくり返らないか、心配になっちゃいます。

 結局、献血とかして過ごすのでした。
 彩乃りこちゃんに迎えて貰って。
Img_6552
 所要は約2時間。
 ビルの同じフロアには、アニメイトとらしんばんが入居していて、随分と私向けのフロアだったにゃあ。

 後は、お祭りの屋台を見て歩いて、本川越駅へと。
 西武も単線なのですね。
 道は何処も人だらけ。
 あ、歩きにくい…。
Img_6556
 帰りの「ぶらり川越」号も、のんびり走って行きます。
 川越線内の各駅で運転停車するのは、こっちも単線だからなんだ。
 行きは気付かなかったよ。
 鉄道博物館の前では、随分と長く停まっていたにゃあ。

 帰りのポイントは、武蔵野線から常磐線への分岐です。
 この区間も、まだ乗ったことが無くって。
 窓に引っ付いて、景色を眺めていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.15

函館→羽田

 こちらから続いてまあす。

09/18
 五稜郭の朝は、のんびりと。
 09:00過ぎまで、ホテルに留まります。
 とってもお安いホテルなので、水周りは全てお部屋の外で、空調も有りません(^^;。
 中学生の団体さんが泊まっていて、昨晩から朝にかけて、すっごく賑やかだったにゃあ。
 まあ、それはそれで楽しいかも、です。
 道南の夜は、涼しかったですし。
 ちなみに、連休中は宿泊費が5割増し。
 元々のお値段が3,000円とかなので、5割増しになっても4,500円なのですが、函館のホテル事情、大変なことになってます。
 やっぱり、新幹線の効果なのでしょうか。

 昨日のうちに時刻を調べておいた、機関区前バス停からバスに乗るよ。
 かなりの長距離路線みたいで、整理券番号と金額が凄いことになっていました。
 でも、乗っているのは数人だけ…。
 函館駅前で乗換券を貰って、市電に乗り換えるです。
 十字街まで行って、ご飯を食べますよー。
 レストランの前まで行ったら、私が開店時間を勘違いしていたことが発覚。
 1時間程、ベイエリアのお店を覗いて歩いたのでした。
 ラッピとか、開店から凄い行列でした。
 有名店ですものね。

 ご飯を食べると、もうすることが有りません。
 帰りのフライトは、青森空港からの最終便なのですよね。
 直前の予約だと、その方がお安いので…。
 もう、青森へ行っちゃおうかな…?。
 色々と作戦を考えたけれど、最終的に、函館のネカフェで時間を潰すことにしました。
 おいっ(^^;。
 私にとって、それはそれで大切なこと、なのですよー。

 函館駅前から、五稜郭方面へ向かうバスに飛び乗って、スマホで地図を確認すると、偶然にもこの路線はネカフェの近くを通ることが判明。
 効率いいです。
 てゆーか、凄い偶然!。

 ネカフェできっちり3時間、時間を潰して、帰りは別の路線のバスで函館駅に戻ります。
 券売機で、新青森までの特急券を買って、と。
 「はこだてライナー」はかなり早くから入線していたので、さくっと乗車です。
 新函館北斗では、一旦改札口を出て、晩ご飯の駅弁を調達。
 どんな駅弁を買ったのかは、良く覚えていません。
 こら。
 デジカメのデータ、間違えて消しちゃったんですもん。
 多分、みかどの「北の駅弁屋さん」だったかと。
 なかなか美味しかったよー。

 新青森では、結構沢山の下車が有って。
 でも、在来線の青森方面へ乗り換えた人達は僅かだったです。
 弘前方面の方が多かった感じ。
 青森からは、JRバスで空港へ。
 待合室の券売機で切符を買おうとしたら、既に電源が落とされていました(^^;。

 青森空港の共用ラウンジで、リンゴジュースのシャイニーを貰い、満席の真ん中席で羽田へと帰って来たのでした。
 連休中、繁忙期の旅は、やっぱり大変だあ。
 次は閑散期にのんびりしたいね。
 そんな旅だったのでした。

 君のこころは輝いてるかい?。
 なんどもなんども立ち上がれるかい?。
 ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.13

メトロはこね21号から始まる旅

10/03
 お仕事、暇になった筈なのに、全然連休が取れないよー。
 不思議。
 時間を作る努力は、ちゃんとしている筈なのにな。
 暫くは日帰りで頑張ります!。

 何だか小田急な気分。
 なので、ロマンスカーに乗りましょう。
 北千住09:49発の「メトロはこね21」号ね。
 実は、北千住からの乗車って初めてなんです。
 東京メトロ直通のロマンスカー、初日に乗ったときは、仕事が押して始発に間に合わず、大手町から乗りましたし。
 今は亡き「ベイリゾート」初日は、新木場へ抜けてしまいましたし。
 今日は、ちゃんと北千住から乗るぞー!。

 でも、寝坊してしまったりします。
 こら(^^;。
 まあ、発車には楽々間に合いますけど、朝ご飯を食べる時間が無くなってしまったよ。
 お腹空いたあ。

 北千住へと向かう電車の車内で、ネットから特急券を購入して、と。
 がらがらです。
 やっぱり先頭車がいいな。
 シートマップを見ると、何故か山側だけほぼいっぱいで、海側はほぼ空席。
 どうしてこんな売り方なんだろ…?。
 海側、前の方を指定して、クレカで決済。

 綾瀬では、行き交う電車を眺めながら、時間調整をします。
 常磐緩行線多客の影響で、千代田線にも10分弱の遅れが出ています。
 回送で到着する「メトロはこね21」号を見届けて、1足先に北千住へ移動するよ。
Img_6506
 回送なのに、目の前、1号車の扉が開いたからびっくりしたり。
 北千住の特急券発売窓口は、なかなかに入りにくそうな雰囲気でした。
Img_6503
 ミュージックホーンを鳴らしつつ到着した「メトロはこね21」号は、すぐに発車します。
 各停車駅到着前には、必ずミュージックホーンを鳴らすのが楽しいです。
 これが聞きたくて、先頭車に乗ったんだもん。
 いいないいな。
 何故か、小田急線内では鳴らしません。
 発車のときに鳴らすのは、VSEだけなんですよね。
 勿体無いの。

 ロマンスーは、結構さくさくと千代田線内を走って行きます。
 気持ちいいよ。
 にしても、大手町はともかく、霞ヶ関と表参道が停車駅なのは、何だか良く分かりません。
 通勤用途の「メトロホームウェイ」がメインだからなのかしら。
 今日は皆さん、行楽目的らしくって、途中駅で降りたのは私だけなのでした。

 車内販売のワゴンは、地下鉄線内で早速回って来たです。
 お腹が空いているのですが、お弁当やサンドイッチには触手が動かず。
 なので、ティーブレイクセットから、コーヒー&カットラスクのセットを頂きます。
 500円。
 アイスコーヒーも選べるのですって。
 これは、アイスコーヒーを待って待機中の写真です。
Img_6512
 コースターも、ちゃんとロマンスカーなのですよ。

 私は、11:03の本厚木で降りました。
 約6分の遅れ。
 小田急線内も、さくさく走って、なかなか快適だったです。
 箱そば本陣だった場所が公衆トイレになっているのにびっくりしたりしつつ、改札を通ります。
 どこかで、箱そばも食べなくっちゃです。
 チキン龍田そばとか、変わったメニューも有りますし。
 グラコロ丼も気になるよー。
Img_6518
 この後の予定は、相鉄で横浜へ出て、京急に乗り換え。
 横須賀でカレーを食べて、浜金谷からは平日だけ運転の特別快速で船橋まで直帰、なんて行程なのです。
 天気は雨。
 ものすごーく蒸し暑いのが、なかなかやる気を殺いではくれますけど(^^;。
 小さな旅、満喫しなくっちゃ。

 どーでもいいのですが、琵琶湖環状線利用促進協議会から届いたこのパンフ、見ていると妙にモヤモヤするのですけど…。
20161012_0001
 滋賀なのに、電車が山手線なんですもん!。

 来週は、久しぶりに太平洋フェリーで仙台から名古屋へ向かいます。
 乗っていられる時間がちょっとだけ短いのが、残念なところ、かな。
 ここもお久しぶりなのです。

 そしてそして。
 ラブライブ!サンシャイン!!を見直して、色々と思い出を振り返ってみたりもするのでした。
------
 でも残念ですけど、ここには何も残ってなくて。
 μ'sの人達、何も残していかなかったらしいです。
 自分達のものも、優勝の記念品も、記録も。
 物なんてなくても、心は繋がっているから、って。
 それでいいんだよ、って。
------
 そういう選択も有りですよね。
 私もきっと、何も残していかないよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.09.23

土肥→船橋

 駿河湾フェリー(エスパルスドリームフェリー)「富士」清水-土肥、乗船記から続いてます。

09/22
 バスで修善寺の駅に到着です。
 凄く久しぶりだあ。
 駅は綺麗になっていて、じっくり観察したいところなのですが、改札口まで行ってみたら、丁度電車が発車するところで。
 慌てて飛び乗ります。
 乗り放題のフリーきっぷ利用なので、素早い行動が可能なの。
 素早過ぎて、修善寺には1分も滞在しませんでした(^^;。
 ホームの反対側には、東京行きの「踊り子」が待機中。
Img_6444
 電車にごとごと揺られて、伊豆長岡まで行きますよー。
 ドアエンジンの音がすっごく大きくって、何だか妙に気になりました…。
 伊豆長岡では、もう1本の、下り「踊り子」とすれ違ったよ。

 駅の売店では、のっぽパンを販売していて、バス転回場にはサンシャイン!!ラッピングのバスも見えるのですが、14:00発の伊豆・三津シーパラダイス(みとしー)行きのバスがすぐに接続しているので、観察は後回しだね。
 さくさく進まなくっちゃです。
Img_6447
 山を越えて海が見え、内浦の地名が聞こえて来たときは、ちょっと感動しちゃいました。
 坂が多いので、作中みたいに、駅まで自転車は、やっぱり大変そう。
 でも何故か、他の皆さんは病院と市役所でみんな降りてしまい、終点まで乗って行ったのは私だけなのでした。
 あれれ…?。
 道すがら、舞台となったお店には、沢山の人達が来ているのが見えました。
 私もお菓子買いたーい。

 みとしーでは、展示を急いで見て回ります。
 もう一度位は来る予感がするので、さくっと。
Img_6458
 ゆらゆら漂うクラゲとか、ゆっくり見なくちゃですね。
 イルカのショーは、ちゃんと見れました。
 3匹が水中に整列して待機している姿とか、小さい子供へのサービスぶりとか、イルカは侮れません。
 クリック音の意味は、是非解読して欲しいのですよ。
Img_6464
 東日本フェリーとは違って、イメージのイルカさん、目付きが老けている感じ(^^;。
 恋アクでは、善子ちゃんがここで踊ってました。

 売店では、みとしーのゆるキャラ、うちっちーのストラップと、出張販売ののっぽパンを買いました。
Img_6488_2
 これで、旅の目的はほぼ達成なのです。
 あわしまマリンパークや伊豆箱根鉄道、東海バスでもグッズを販売していますが、キリが無いので、今回はここまで。
Img_6484
 ラッピングバスで伊豆長岡駅に戻りましょう。
 声優さんの直筆サインとメッセージがあちこちに書かれているの、お気付きでしょうか(^^)。
Img_6487
 車内アナウンスもAqoursメンバー9人の声優さんですが、札幌市電同様、正式なアナウンスをしているのがいいですね。
 なりきり系のアナウンスは、いたたまれないような恥ずかしさが有りますもん(^^;。

 私は、途中の伊豆の国市役所で降りて、ロープウェイに乗り換え。
 しようと思ったのですが、あまりにも雨が強いので、面倒臭くなってしまい。
 3分後の長岡温泉場循環バスで、駅に戻ってしまったのでした。
 フリーきっぷの範囲内なので、乗り降りは自由自在ですし。
 って、本当にやる気無いなあ。

 伊豆長岡の駅は、思った以上にサンシャイン!!でした。
Img_6491
 電車もバスもタクシーも、ラッピング車が存在するのですよー。
Img_6493
 タクシーなんて、キャラ別に配車までして貰えて。
 凄いのです。
 三島の駅も、こんな感じ。
Img_6498
 奥の方には、何か別のキャラも見えますねん。
 ちなみに、今回は行けませんでしたが、東海バスオレンジシャトルも凄いんです。

 私は、15:50発の「踊り子」に乗って、三島へと出たのでした。
 このまま東京まで乗って行きたくなりますが、JRの乗車券と特急券、買ってないですし。
 あんまり現金は使いたくないのですよね。
 なので、三島で降りたよ。
 エキナカのお店で、980円と格安なのに妙にでっかいネタのお寿司が出て来てびっくりしたり。
 沼津の白穏正宗とか飲んでみた。
Img_6500
 お腹いっぱいになって、熱海からのグリーン車で船橋へと帰ったのでした。
 のっぽパンは家までお持ち帰り。
 とっても長いので、専用の袋が用意されてますよー。
Img_6489
 長距離を持ち歩くのは、結構大変だったかも。

 本当は温泉に一泊したかったなあ。
 地元にお金を落とさなくっちゃ、ね。
 そうそう、沼津駅の時刻表、井とか河とかの略称が、最初は何処の駅のことなのか、全く分からなかったです(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«船橋→清水