2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2024.03.15

いよいよ明日です!

 北陸新幹線の敦賀開業が、いよいよ明日になりました。
 東京からの一番列車「かがやき501」号の切符は取ってあるのですが、現地の予定どころか、泊まる宿や帰りの切符さえ未手配で。
 どうするの…。
 まあ、行けば何とかなるでしょう。

Img_0003
 ちなみに金沢開業のときも、同じ東京からの一番列車「かがやき501」号に乗っていました。
 午前中に1往復して、午後からお仕事。
 翌日はグランクラスでまた1往復。
 アクティブとゆーか、予算に糸目を付けないとゆーか。
 そんな感じなのでした。
 そのときの様子はこちらに。


 ともあれ、明日が楽しみです。
 ちゃんと起きられますように。

2024.03.14

雑用

 貰い物の各種電子クーポンが溜まったので、コンビニ3店とファストフード2店を回って引き換えをします。
 何気に面倒臭いのです。
 サーティワンアイスクリームでは、味見させてもらったアイスを購入。
 でも、何て名前だったのか、ちっとも覚えていません。
 ひとつはポッピングシャワーです。
20240313_160831

 いや、写真撮るならフタを外せと…。
 ちなみに、シングルのレギュラーサイズはひとつ420円でした。

 セブンイレブンのATMでは、年末に購入したスマホのキャッシュバックキャンペーン、20,000円を受け取ります。
 SMSで詳細が届いたので、各種コードを入力して。
 そういう仕組みなんだ。
 同じメーカーでも、イヤホンのキャッシュバックキャンペーンは銀行振込なのですよね。
 金額が小さいから…?。
 どちらも、申し込みにはスマホが無いと応募自体が厳しそう。
 スマホ凄い。

 郵便局では、お年玉くじの引き換え。
 切手シートを貰います。
 もう10枚位しかやり取りしていないのに、毎年必ず1枚は当選しているのですよね。
 凄い強運。
 でも、それはもっと他のところで活かされて欲しいかも。

 残ったのはスタバのクーポンだあ。
 スタバなんて、数回しか行ったこと無いけれど。
 呪文怖い。
 ラーメン二郎なら、全然平気なのにな。
Screenshot_20240313202334_copy_1033x1018

 まさにこれです。
 MacBookは持ってないから、愛用のLet's noteを持ち込んでもドヤれるかしら。
 …止めなさいって。

 万博のEVERINGは未だに届きません。
 リングサイザーも届きません。
 当選30,000人なのは最初から分かっているのですし、対応した発送体制を組んでいるものとばかり。
 ぐたぐだなんです。
 この万博が成功する気が全くしませんよお。
 暇なので、試しにAIを使って、リングを選ぶ女の子のイラストを生成してみたり。
 どうして掌にリングが埋め込まれているの。
 レンズマンかよ!。
 いえ、レンズマンだって埋め込まれているのは手の甲なんですけどね。
 オレンジのリングを装着しようとしている女の子のイラストをリクエストしたら、こんなのが出て来ました。
 リングでっか。
 そもそもリングですらないものも混じっていたっけ。

2024.03.13

京成経由、振り替え輸送な帰り道

03/03
 昼下がりの総武緩行線に乗って爆睡していたら、ふと目を覚まします。
 車内放送が防護無線を受信したって言っているよ。
 非常制動で停まったの、全然気が付きませんでした。
 窓の外を見ると、秋葉原を発車した直後みたい。
 その後の情報によると、一つ前の列車が両国駅で人身事故とのことで。
 あ、これは駄目だあ。
 浅草橋まで一駅だけ運転して抑止になるそうなので、京成で帰ることにしましょうか。

 浅草橋で定期券(モバイルSuicaの画面)を見せて、振替乗車票を貰おうとしたら、そのままどうぞ、と。
 なので改札をタッチして通過します。
 駅前に出ると、丁度東京マラソンのランナーが走って行くのが見えました。

 浅草線の改札は口頭のみで通して貰い、ホームへ。
 反対側の羽田空港行が住宅・都市整備公団のC-Flyerだったから乗りたくなったけれど、我慢です。
20240303_135558

 何故か京成線方面の列車も遅れていて、特急京成高砂行に乗ったら、青戸での快速との接続が有りませんでした。
 暇なので、通過して行くスカイライナーを見送ったりしつつ。

20240303_141434

 後続の快速に乗りました。
 折角なので、東中山で降りてみよう。
 反対側のホームを、北総鉄道の電車が回送でのんびり走って行って。
20240303_143712

 全検明けなのでしょうか。
 東中山で降りるのは初めてですが、南口の駅前は何にも有りません。
20240303_144042

 広場すらなく、いきなり住宅街なんですもん。
 反対側の北口からは、中山競馬場行きの臨時バスが発着しますし、以前は船橋対策の急行の終着駅だったりもした、ちょっと特殊な駅なのです。

20240303_144346

 国道14号線まで出ると、東中山一丁目のバス停が有りますが、バスは1日1本だけ。
 以前はもっと多かったのですが、路線が下総中山駅起点に再編されたので、こんなことになってしまいました。
 ちなみに、東中山駅入口っていう名前で無いのは、木下街道のガード上に同名のバス停が有るからです。
 ちばレインボーバスが、北方十字路経由で西船橋駅と白井車庫を結んでいます。
 北方十字路っていう地名は、地元の人でないと読めないかと…。
 きたかた、ではないです。

 そんな感じの、思いがけない小さな旅でした。
 いいお天気で良かったね。

2024.03.12

田町のホテルに滞在です

03/11
 今日は、ホテルヴィラフォンテーヌグランド東京田町にお泊りです。
 気分転換というか、CLUB VILLA FONTAINEのポイントが月末で失効してしまうので、ポイント数調整の為、ただそれだけの理由だったりとかして。
 なので、なるべくお安いホテルとプランを探していたら、もう今日位しか有りませんでした。
20240311_185024

------
【プラン名】:【東京観光を満喫】17時チェックイン・このプランだけの価格でお財布にも嬉しい!=素泊り=
【お部屋タイプ/宿泊人数】:お部屋タイプおまかせ!!部屋タイプシークレット♪
------
 料金は11,970円です。
 個人的には高いと思いますけど、都内のホテルは何処もお値段が上がっていますものね。
 同じプランが、週末とかには倍以上になったりもします。
 ひい。

 ともあれ、田町駅から歩いてホテルに到着です。
 ここに泊まるのは5回目位…?。
 ロビーには外人さんが目立ちます。
 知らなかったのですが、17:00から19:00まではハッピーアワー開催とのことで。
 到着が18:44だった私は、ぎりぎり間に合ってしまいました。
 少しだけ残っていたチョコレートと日本酒を頂いて、と。
 15階の自室へと上がったのでした。

20240311_185050

 お部屋はちょっと狭い感じのツインルームです。
 コンセントの配置が少しだけ古さを感じるかな。
 設備自体は充実しているのですけどね。
 私は浴槽にお湯を溜め、持ち込んだ入浴剤を放り込んで、のんびりお湯に浸かるのでした。
20240312_070730

 ここのホテルは、浴槽がちょっと浅めなのが残念なところ。
 そんなことをしていたら、猛烈に眠くなってしまい、20:00前にはベッドに潜り込んで寝てしまって。
 照明もテレビのガイダンスも点けっ放しで。
 夜中に一度だけ目が覚めたけれど、そのまま寝続けて。
 ホテルの過ごし方としてはどうなのかと…。

 翌朝は06:00に起床です。
 外は雨。
 朝食はセットしていないので、お風呂に2回入って、買っておいたお菓子なんぞを食べて、11:00にチェックアウトしたよ。
 メンバー特典で13:00までは滞在出来るのですが、お腹が空いた。
 ノートパソコンを持って来たけれど、全く使わなかったにゃあ。
 実際、気分転換になったのかは良く分からない、ホテル滞在なのでした。
 でもこれで、CLUB VILLA FONTAINEのランクがゴールドに復帰する筈だよ。

 田町駅までの歩きは、雨が上がっていたので急いだけれど、残り100メートル位のところで土砂降りになってしまい、諦めて傘を出したのでした。

2024.03.11

救急車を2回乗り継いだお話

02/21
 救急車を呼んだら、船橋市内の病院では受け入れが出来ないとのことで、白井市の病院まで運ばれました。
 救急隊の方、30分近く病院を探してくれて。
 受け入れ先が決まったときには、思わず「神だあ」って言ってましたもん。
 大変ですよね…。
 でも、辿り着いた病院で検査の結果、専門医不在で処置が出来ず、八千代市の病院へとまた別の救急車で搬送されたのでした。
 それはいいのですが(良くないけれど)、近くて遠い、二つの病院なのですよ。

 白井の病院は鎌ヶ谷大仏駅からバスが出ていて、ていうか西船橋駅から近くまで直通のバスが有り、便利と言えば便利なのですけど。
 時間がかかり過ぎます。
 八千代の病院なんて、東葉高速鉄道に乗れば15分位で八千代中央駅に着いてしまいます。
 これは便利。
 でも、お高くって。
 13.8kmで576円にもなります。
 病院の前からバスで八千代台駅へ出て京成に乗り換えると、535円。
 反対側の東葉勝田台駅まで出て京成に乗り換えると、同じく535円。
 何と、直行するよりお安くなってしまうという…。
 そんな馬鹿なあ。

 結局、両方の病院へ診療費を払いに行くの、面倒なのでカーシェアを利用しちゃいました。
 ここ数か月、全く使っていなかったカーシェア、こういうときの為に契約を続けていたのですもん。
 決して旅行の為では有りません。
 地元の地の利を活かし、とにかく裏道だけを通ってみたりして。
 カーナビには頼らずに狭い道を走るの、何気に結構楽しかったりしたのでした。
 休園日なアンデルセン公園の前を通ったりしつつ。

20240226_133149

 八千代市の病院では、院内のレストランでご飯を食べます。
 病院のレストランへ行くの、実は結構好きなんです。
 三元豚のカツカレー930円をオーダー。
 味はともかく、ルーが凄く少なくって、スプーンで掬うのに苦労したです。
 直ぐ冷めちゃいますしね。
 支払いにはSuicaが使えたよ。
 ここの病院、敷地内にバスの待機スペースが有ったりするのが珍しかったよ。

20240311_161533

 バスと言えば、帰りに金杉台団地に寄ったら、船橋新京成バスの折り返し場ににへんてこな塗装のバスが居たです。
 リバイバルな旧塗装なのでしょうか。
20240226_144153

 初めて見ました。
 新京成電鉄が京成電鉄と合併したら、バスはどうなってしまうんだろ…?。
 去年で廃校になってしまった金杉台中学校の建物は、まだそのままでした。
20240226_144401

 階段は閉鎖されてしまいましたが、旧校内では何か工事をやっていたです。
 都市部での廃校って、リアルにも結構有るのですよね…。

2024.02.18

臨時特急、マリンきぬがわ

02/17
 えきねっとから北陸新幹線を予約したついでに、臨時特急「マリンきぬがわ」の特急券も確保したです。
 前日になって、窓側席にぽつぽつ空きが出ていたので。
 乗車区間は、12:23の西船橋から14:12の栃木(東武)まで。
 料金部分は2,000円。
 始発は海浜幕張ですが、全区間乗車する程の根性は無く。
 地元である西船橋が印字された特急券も見たかったですし、ね。

20240217_120550

 最近愛用している西船橋は、みどりの窓口の営業が02/19で終了となるので、指定席券売機も外側に移されました。
 びゅうプラザは遥か昔に閉店済み。
 まあ、窓口には特に用事が有りませんから…。
 私自身、困ることは無さそうです。

20240217_120757

 改札を通ると、「マリンきぬがわ」のポスターが貼られていました。
 先着20人には記念品も貰えるそうですが、さすがにもう終わっているよね。
 案内を見上げて、ホームへと上がりましょう。
 行先案内、どうも表示がずれているのが気になります。
 時刻の半角と全角も気になりますし…。

20240217_120852

20240217_120847

 ホームには、「マリンきぬがわ」を待つ人が30人位かな。
 結構賑やか。
20240217_141300

 程無く、特急表記の鮮やかな「マリンきぬがわ」が到着しました。
 先頭車付近では、駅員さんが手作りのプラカードを持ってお見送りしてくれていて。
 ミュージックホーンを鳴らして発車です。

 武蔵野線内をのんびり淡々と走って、新松戸、吉川美南、南浦和と停車します。
 ぽつぽつと乗り降りが有ったよ。
 新越谷で東武伊勢崎線と交差しますが、停車はしません。
 吉川美南では、女性の駅員さんが緑のフライ旗を持って発車合図を出していたっけ。
 最近はあまり見ない光景なので、振り返って確認しちゃいました。
 なかなか扉が閉まらなかったですけど。

 大宮では中線を通って、全く停止せずに通過です。
 運転士さんの交代が有るかと思っていたので、意外でした。
 でもまあ、相変わらずのんびりと走っているのですけど。
 東武アーバンパークラインの電車と並びます。

 栗橋で運転停車して、東武の乗務員さんと交代です。
 初めて車内放送でチャイムが流れて。
 JRから東武への切り替えで、一時的に車内の電気が全て消えることが案内されたのでした。
 その間に、左手をスペーシアXが駆け抜けて行きました。
 あれにはまだ乗ったことが有りません。
 つい先日、追加の2編成が甲種輸送されたそうなので、指定も取りやすくなるかな…?。
 東武線内は快調に飛ばして行きますよ。

20240217_141246

 はい、栃木(東武)に到着です。
 ホームで発車を見送って。
 後続の宇都宮行に乗り換えて、ライトレールを乗りに行こうかと思うのですが、お腹が凄く空きました…。
 反対側のホームに14:17発の「きぬ50」号が到着するので、取り敢えず写真を撮りましょう。
20240217_141622

 実は今回、これが今年最初の旅なのですよね。
 遠出と言うには近過ぎですけど、出歩く機会が全く有りませんでした…。

2024.02.16

「かがやき501」号と万博EVERING

 2月に入って、お仕事はトラブル続き。
 予定していた旅行をキャンセルせざるを得なくなって。
 なら、近場のホテルでごろごろしてようかと思ったら、これも大雪対応で会社に呼び戻されて、キャンセル。
 ポイント全損の大ダメージなのでした。
 こんなことなら、1月末に何処か行っておけば良かったにゃあ。
 あらら。

 今日は北陸新幹線開業の指定券発売日なのを思い出して、出勤途中の電車からえきねっとで事前申し込みをしてみたよ。
 東京からの1番列車、「かがやき501」号の窓側を指定。
 そしたら、あっさり取れてしまって。
 お久しぶりな北陸旅行が決定です。

 「EXPO2025デジタルウォレット」Welcome キャンペーンは、アプリのダウンロード数が少ないので、応募した全員が当選する可能性が高いって噂でした。
 でも、EVERINGのカラーとサイズの申し込みって、先着順だったのですね。
 油断してました。
 初日の時点で、かなりの完売?が発生していて。
 オレンジが欲しかったけれど、間に合いません。
 リングサイザー自体も品薄らしく、申し込みはしたけれど到着を待ってはいられないので、パープルを在庫のあるサイズから発注しちゃいました。
 小さくても、最悪小指なら入るかしら。
 ホワイトとブラックなら、在庫は多いみたいなのですけど。
 早く使ってみたいなあ。
Y1

 画面はイメージです。

2024.01.31

EVERING当選でした

 EVERINGの当選発表、本当にぎりぎりの本日12:00でした。
 アプリにログイン出来なくなったり、色々と心配だったのですよね。
 やっぱり、全員当選したのでしょうか。
 40,000人ですもの。
 何とリングサイザーまで貰えちゃいます。
 万博の予算て、おいくらまんえんなの…?。

 ともあれ、これを使って電車に乗ってみたいです!。
 1月は結局、何処にも旅が出来ませんでしたから…。
R
 画像はイメージです。
------
【大阪・関西万博】「EXPO2025デジタルウォレット」Welcome キャンペーン当選のお知らせ
この度は、「EXPO2025デジタルウォレット」Welcome キャンペーンにご応募頂きまして誠にありがとうございます。
厳正なる抽選の結果、当選されましたのでご連絡いたしました。
下記URLにアクセスいただき、クーポンコードをご利用の上、お申込みください。
RINGの発送は4月以降順次発送を予定しております。
お申込完了後から発送までお時間を頂きますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
大阪・関西万博開幕を楽しみにお待ちください。

2024.01.15

僕らは旅の途中

 今週末、3.5連休を取りました。
 北海道へ行きたいって思うのですけど、天候がすっごく心配で。
 今日も激しく計画運休してましたよねえ。
 現地で身動き取れなくなっては困りますから、函館に連泊して、状況を見て旭川か帯広にアタックするようにしましょうか。
 まるでエベレスト登山のような、ベースキャンプ方式なのです。
 北見やすすきの(と北24条)にも行きたくなっていたり。
 そういや、ソフトカツゲンの発音って、カツ↑ゲンじゃなく、カツ↓ゲンが正式なのでしょうか…。
 え、今までずっと間違えてたかも。
 現地で道民に聞いてみなくちゃです。
 アニメの影響はおっきいよ。
 スナックには行きませんけど。
 ちなみに、北見市が協力しているのかと思ったら、開発局だったりとかして。

 そう、アニメ!。
 冬アニメの新番組がスタートしましたけど、週間の予約数、アニメだけで30本とかになってしまい。
 さすがにこれ全部見るのは無理なので、実際に視聴したのは25本なのですが、それでも厳しい。
 旅行へ行ったりすると、溜まりまくった録画が頭痛の種になりそう。
 困ったものなのです。

 そうそう、なくしたと思っていた、スカイライナーの年賀はがき、引き出しの隙間から発見されました。
 わい。
 これで年賀状の返事が書けます!。
 いやもう、お年玉くじの抽選日も近いのですけど…。
20240115_174130

 お土産に貰ったお菓子、ポケモンかと思ったら、今年の干支の辰なのでした。
 可愛い辰なのですよ。
 さあて、旅はどーなることやら、です。

2024.01.07

小さな旅へ

12/10
 小さな旅へ。
 朝は中野で用事が有ったのですが、そちらに結構な時間を取られてしまって。
 10:28の快速に乗らないと、行程が崩壊してしまいます。
 ちょっと走って、ぎりぎり間に合ったよ。
 これで、東京11:00発の「つばさ135」号に間に合います。
 接続時間は14分。
 でも、すっかり忘れてましたけど、山形新幹線って、全車指定席なのですよね。
 指定を取ってないです…。
 えきねっとから予約はしたものの、東京駅構内の指定席券売機が混んでいたらアウトだもん。
 どきどき。
 何とか間に合いました。
 ってゆーか、ホームに上がって乗りこもうとしたら、まだこれから清掃が始まるところだったり。
 程無く扉が閉まったよ。
 なら時間が有るので、駅弁を買いましょう。
 迷いに迷って、あなご弁当を採用。
20231210_110309

 お値段1,500円の豪華版です。
 味わって頂かなくちゃ。
 私が指定した先頭車は、何故か後ろの1/3だけ席が埋まって、その先は全て空席。
 シートマップから、その真ん中を指定したです。
 のんびり。
 景色を眺めながら進みます。
 宇都宮に停車したとき、まだ乗っていないライトレールの幻覚が…。
 今日は遠慮したい気持ち。
 この列車、ちゃんと車内販売が乗車しているので、2回目の巡回のときにお菓子を購入して。
 ワゴンを覗き込んで物色していたら、メニューを見せてくれました。
 Suicaで決済。
20231210_121617

 お菓子を食べつつ、福島で「こまち」と別れます。
 複線化の為の連絡線も、かなり出来上がっていました。
 板谷峠を越える区間、懐かしい景色だよ。
 各駅は雪の為に冬季通過となるのですが、今現在、雪は全く全然有りません。
 四季を感じられない、不思議な1年でした。
 終点の山形には13:44の到着です。
 仙山線にはすぐの6分接続なので、急いでホームを移動しましたが、私の他に乗り換えた人は居なかったみたい。
 車内もがらがらで、ボックスシートに1人で座れてしまいました。
 途中、楯山で暫く停車します。
 対向列車の待ち合わせ。
20231210_140025

 快速列車なので、次の高瀬は通過です。
 高瀬の駅近くの喫茶店でランチを食べよう企画、今更思い出したりとかして。
 雪が無い今は、チャンスだったのですけど。
 今回は断念。
 高瀬に停車する列車は少ないので、レンタカーで来た方が効率良いです。
 初めて訪問したときは、真冬の山寺から延々と歩いて来たのですよね。
 自分ながら凄いと思ったり。
 山寺では、中国人のグループが複数下車。
 何か、日本人よりも旅慣れているような雰囲気が。
 日本人は、あまり旅行をしなくなってしまったような印象なのです。
 その後、作並でお客さんが増えて、私のボックスも相席になりました。
 15:10の定刻に仙台着です。
 これで、私の旅は終わりかな。
20231210_152710

 駅ナカでご飯と唐揚げ付きのカレーうどんなんぞを食べて。
 凄いボリューム。
 650円。
 NewDaysでお菓子を買って、「ひたち」乗ります。
20231210_154518

 16:06の「ひたち26」号で、のんびり東京まで帰りましょう。
 長い編成に安心感が有るです。
 じきに暗くなるので、東北本線の分岐をしっかり眺めて。
 車内ではごそごそ内職だよ。
 車内販売はいわきから乗車だそうです。
 と、非常制動がかかって、急停車。
 防備無線かな?と思ったら、異音を感知したとのこと。
 窓の外の線路を、懐中電灯を持った車掌さんが走って行くのが見えて。
 走行には支障が無かったようで、約15分遅れで運転再開です。
 その後は、さくさく飛ばして行きます。
 デッドセクションでは、何の予告も無く真っ暗になったから、びっくりしたよ。
 今でも暗くなるのですねえ。

 てことで、遅れを持ち越したまま、東京に帰って来たのでした。
 上野は着番変更になって、2分後の下りの特急と間違えて乗らないよう、繰り返し放送が流れていたっけ。
 いつもながら、見直してみると食べ物の写真しか撮っていないです。

2024.01.05

年始のお休みの過ごし方

 今年は年末年始もずっとお仕事でした。
 頑張った。
 勿論代休は取るのですけど、新年早々から世間では色々なことが起こり過ぎて、とても旅に出よう!なんて気分にはなれません。
 家でずっと、ごろだらしてようかな…。
 丁度アニメの新番組ラッシュが始まって、時間はたっぷり必要ですし。
 また有明ガーデンのホテルに引きこもるのは有りかも。

 三が日は、職場で大量のピザとかケンタッキーのお重とかを頼んで、みんなで食べたりとかして、楽しみも有ったのですけどね。
 ピザと言えば、ピザハットの五等分のキャンペーン、結局4回も参加出来ちゃいました。
20240105_192459
 クリアファイルは、3→1→4→5の順番で貰えたです。
 スリーブが2枚と。
 4回参加して、4回全て違うコが貰えたのは凄いです。
 4回参加して、一推しの二乃だけ出なかったのも凄い。
 運が良いのか悪いのか、良く分からない結果なのでした。
 まあ、ガチで集めている訳でもないのでっ。
 と、負け惜しみなんぞを。

 今年のお年玉くじ付きの年賀はがきと年賀切手、11/01の発売と同時に購入したのですが、どうも年賀はがきを間違えて捨ててしまったみたい…。
 おいっ。
 毎年買っているスカイライナーのエコーはがき、古紙に紛れ込ませてしまったかな…。
 とほほです。
 まあ、届いた8枚に返信するだけなので、どーにでもなるのですけど。
 そして、今年の旅は、いつ始められるのでしょうか…。

2024.01.04

再び、函館へ

 こちらから続いてます。
12/09
 苫小牧で迎える朝。
 06:00過ぎには起きちゃいました。
 あの厳重な遮光カーテンの中、良く起きられたなあ。
 外は雨降りで、駅まで歩くのがちょっと億劫になります。
 セットしていたホテルの朝ご飯には、苫小牧名物ホッキのカレーや炊き込みご飯があったよ。
 デザートも美味しく頂きます。
 もう一度露天風呂に入って、えきねっとから特急「北斗」の指定を確保して。
 わ、窓側が空いてるね。
 苫小牧10:29の特急「北斗8」号で離脱決定だよ。
 函館には13:35着ですね。
 チェックアウトすると、雨は殆ど上がってます。
 ただ、傘をさすかささないか凄いビミョーな降り方で。
 傘をさしていたのは私だけ。
 そして、冬装備だと暑い…。
 13℃もありますもの。
 券売機で発券を済ませて、ホームで待機です。
 土曜日の上り「北斗」は、途中駅での乗り降りは殆ど有りませんでした。
 さあて、函館に帰って来たよ。
 約3分遅れ。
 手持ち時間は結構有るので、海岸に打ち上げられたイワシの大群を見に行こうかなあ。
 でも、現場はひたすら生臭いだけみたいなので。
 却下。
 土曜日なので、カーシェアは満車ですし。
20231209_142342
 シスコライスを食べて、温泉に入りましょう。
 はこだて大森の湯。
 市電の松風町が最寄りです。
 まだ新しく、空いていました。
 いい時間調整になったよ。
 苫小牧と同じく、やっぱりつるつるしたお湯で。
 歩いて函館駅まで戻って、16:55の「はこだてライナー」に乗りましょう。
 駅ナカでお土産を見て歩いて。
20231209_161214
20231209_161346
 雪ミクのスタンディングがいくつも有ったよ。
 ひろはこ冬の観光キャンペーンってことで、函館と弘前のジョイントキャンペーンをやっているみたい。
 私が乗る「はやぶさ44」号は、新函館北斗17:26発の東京21:23着なので、所要は4時間を切っています。
 折角なので、上野通過の速達タイプを選んでみました。
 早くから入線していた「はこだてライナー」に座って、と。
20231209_163226
 木古内まで道南いさりび鉄道に乗るプランも考えたのですけど。
 時間が合いませんでした。
 帰りの「はやぶさ」は3列席を1人で使えて、のんびりなのです。
 上野はフツーに速いスピードで通過したよ。
 ホームには誰も居なかったな。
 降車専用ホームみたいなものですから。
 てことで、定刻で東京に帰って来たのでした。
 丁度、昨日の献血結果の通知がメールで届いて、今回は特に異常数値は出ていません。
 ほっ。

2024.01.03

東京発京葉線経由西船橋行

 東京から西船橋まで、京葉線の折り返し列車が設定されています。
 舞浜対策で、時々増発になったりもするみたい。
 通常は武蔵野線用の8両編成なのですが、京葉線用の10両編成が使われる時間帯も有ったりします。
 西船橋で見る赤い電車は新鮮。
 東京から帰るとき、たまたま2日続けて両方の電車に乗ることが出来ました。
 何か嬉しい。
 東京での乗り換えって、TDR帰りの楽し気な人達の波に逆らって歩くのが、ちょっとした風物詩みたいな感じなのです。

 それはともかく。
 西船橋って、京葉線なのか武蔵野線なのか、案内上はちょっと微妙な感じ。
20231210_210901

 乗り間違いを防ぐには、武蔵野線って表記の方が良いとは思うのですけど。
 実際、殆どはそうなっています。
20231210_210813

 でも、ホームの直上、コンコースのここだけは京葉線表記になっていて。
 謎なのです。

 電車自体の表示も謎で、西船橋のフォーマットは他とは違ったシンプルなもので。
20231210_211121

 そもそも、どうして各停じゃなくて普通表記なんだろ…。
 むむむ。
20231210_214812

 ちなみに、西船橋からの折り返し東京行では、通常のフォーマットになっていました。
 車内も各停表記だね。

20231210_214907

 この前日、武蔵野線8両に乗ったときには、折り返し回送でした。
 回送…?。
 そのまま新習志野へ向かうと方転してしまうで、東所沢へ返すのでしょうか。
 色々と考えさせられる電車なのでした。
 面白いね。

2024.01.02

芽室へ

 こちらから続いてます。
12/08
 新札幌のホテルでお目覚め。
 ここには新さっぽろ献血ルームがあるので、起きてすぐに10:00に全血400mLの予約をしました。
 成分献血は既にいっぱい。
 献血ルームの場所が分からず、一度外に出てぐるっと回ったりしたけれど、実はホテル前のエスカレーターを降りて直ぐだったという。
20231208_104434
 JR北海道バスのカウンターのお向かいだね。
 路面に積雪は有りませんが、横断歩道とかはかちかちに凍っていて、滑る滑る。
 怖いのです。
 あと、指先から検査の採血をするの、どうも未だに慣れません。
 これも怖いよう。
 ちくっていうか、ずきって痛みじゃないですかあ。
 地元の方にカレーやラーメンのお店情報を聞きつつ、献血は終了。
 手作り風のパンやクッキーが置かれていたのが珍しかったよ。
 あと、お土産にモーターを貰いました(←?)。
 その後、10:48の快速「エアポート」で移動を開始。
20231208_104937
 さすがに座れませんが、一駅ですし。
 先頭車に立っていたら、ATSの警告チャイムを久々に聞いたよ。
 ほしみ行きに乗り換えて、琴似で降ります。
 みよしのでぎょうざカレーを食べて、と。
 味はフツーで、特別美味しいわけでもないのですけど。
 暫く時間があるので、駅前のヨーカドーなんかを歩いて。
 高架をDLに牽かれた721系が走って行くのが見えたよ。
 スーパー銭湯へ入ってもいいけれど、お風呂は入ったばかりですし。
 札幌へ移動して、そのままリニューアルした11番線へ。
 学園都市線の篠路まで往復して時間調整です。
 uシート連結だったので、お得な感じ。
 すぐ降りちゃいますけどね。
 折り返す篠路での待ち合わせは約10分。
20231208_130717
 篠路は結構大きな駅で、乗り降りも多かったよ。
 にしても、電車の窓が凄く汚れていて、景色は殆ど見えません。
 札幌へ戻って、14:17の「おおぞら7」号に並びます。
 30分も前から並んでいたけれど、がらがらで発車だね。
 南千歳からは中国人?の外人さんが沢山乗って来て、満席。
 トマムで皆さん降りました。
 雪は殆ど無いけれど、そういう流動なのですね。
 私は新得までだよ。
 8分程遅れましたが、接続待ちの普通に乗り換えたのは私だけ。
 芽室で降りて、あかずきんにコーン炒飯を食べに行くです。
 元気な小学生がオーダーから会計からこなしていてびっくりしたり。
 コーン炒飯Aセット980円と、コーヒーフロート560円をD払いで決済。
20231208_174025
 私のスマホが凄くちっさいので、驚かれたりしつつ。
 美味しく頂きました。
 駅前のスーパー、フクハラは本屋さんから衣料品店から何でも有って便利です。
 千葉では見掛けない食材を見て歩いて。
 芽室の駅前は食べ物屋さんも充実していて、じっくり滞在したいところなのですが、近くに宿が有りません…。
 18:37の普通で一旦帯広まで戻ってと。
 19:22の「とかち10」号自由席で南千歳に戻ります。
 結局、札幌でも帯広でも改札からは出ませんでした。
 ご飯食べに来ただけだあ。
 本来の目的は電車に乗ることで、ぼーっと窓から景色を眺めるのが好きです。
 今夜の宿もまだ決めていないのですが、帯広は最近泊まったばかりですし、他にしておきましょう。
 車内から予約をしたよ。
 石勝線内で上りの「おおぞら」が鹿と接触なんて、不穏な情報も有りましたが…。
 新得では通勤の人達が結構降りて、がらがらになりました。
20231208_215024
 定刻21:40から8分遅れの南千歳で乗り換え。
 夜間の移動の方が、空いていて効率は良いかも、です。
20231208_220834
 今日は苫小牧泊まり。
 23:00までにホテルへ入れば、夜泣きそばが食べられるけれど、ぎりぎりだあ。
 南千歳には何も無いので千歳に移動。
 さらっと駅前を歩いたのでした。
 ホームへ上がると、昨日乗車した「北斗」が駆け抜けて行ったよ。
 22:33苫小牧着。
 ホテルまでは徒歩10分程。
 本当はもっと近いところが良かったけれど、快適性を重視して。
 まずは大浴場でのんびりしましょう。
 つるつるしたお湯です。
 サウナ推しのホテルですが、私はサウナが苦手なのでパス。
 露天風呂へ出たら、さすがにマイナス2℃は寒かったよ。
 ひゃっ、なんて声が出たもの。
 湯上がりのアイスが3種類も有ったのご楽しかったり。
 何だかんだで、午前02:00頃まで起きてたです。
20231209_100115
 ウェルカムサービスってことで、冷蔵庫にはお水と洋梨のゼリープリンが入っていたっけ。
 こちらに続いてます。

2024.01.01

新年のごあいさつ

 明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い致します。

 このブログは、ニフティが運営しているココログのシステムを利用しています。
 そのココログが20周年を迎えました。
 そうすると、この「ゆかねカムパニー2」も同じく20周年ということになります。
 そんなに長くやってましたっけ…。
 実感が全く無いのですけど。
 まあ、最近は毎日更新どころか、月一更新とかになってますし。
 あはは。
 自分用のメモを兼ねているので、細く長く続いてます。
 管理メニューから記事を検索すると、いつどこで何をしていたか、簡単に分かるのですもん。
 便利だよ。

 一応、メインサイト「ゆかねカムパニー」は別に有ります。
 そちらは過去ログ置き場みたいになっているので、トップページから入って来る方が非常に少なくって。
 トップページと旅のしおりのメニューは廃止しちゃおうかと思っています。
 HTMLいじるのが面倒になって来たです。

 昨年は、思っていた程のお出かけは出来ませんでした。
 7月に転勤して環境が変わったせいも有りますけど、春から秋にかけてあまりにも暑くって。
 家に居るのが幸せ。
 おかげでTVアニメの視聴が捗りまくって。
 自分のキャパぎりぎり、週20本とか見てますもの。
 感想とかは、全く全然書かなくなってしまいましけど…。
 年間で一番好きだったのは「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」かな。

 旅先の空き時間を使って、献血も結構出来たです。
 全血3回、成分4回の献血をして、トータルの献血回数は265回になりました。
 一時期、脈拍が100から下がらなくって、献血を断られてしまったのですが、どうも血圧を下げる薬が悪さをしていたみたい。
 血圧の薬自体は、常用していても献血を断られることはありません。

 このお正月はずっとお仕事ですけど、さすが割に合わないので、中旬には代休を取り、お出かけしちゃいます。
 取り敢えず、東京九州フェリーの「すいせん」に乗ろうかな。
 配船とお休みが全く一致しないということが発覚しましたけど…。
 あと、08/26に開業した宇都宮ライトレールにまだ乗れていません。

 昨年はJALに9回搭乗していて、意外と乗っている感じでしょうか。
 JALの生涯マイルは116,488マイル。
 サービスステイタスには、もうあまり興味が無くなってます。
 マイルを貯めたり、海外へ行ったり、そういうのもあんまり関心が無くなってしまったよ。
 みんなコロナのせい。
 デンマークだけは行きたいけれど。
Aurora_title1024x683
 スマホの世界時計は、未練がましくコペンハーゲンを設定しています。
 日本との時差はマイナス8時間。

 スマホと言えば、買っては売り、買っては売りを繰り返していて。
 スマホを4台、回線は5回線を運用中。
 何だかマニアみたいですよね。

 新年はカレーショップC&Cに寄らなくちゃ。
 新宿本店は本当に365日休まず、元日から営業しているのでした。

2023.12.31

函館へ

12/07
 今朝はお天気だったので、掃除したり洗濯したり。
 家事が捗るね。
 旅立ちは東京12:20の「はやぶさ23」号です。
 おそっ。
 何ですかそれ、やる気ないんですか。
 はい。
 だって、窓側みんな満席だったのですもん。
 てゆーか、3列席の真ん中しか空いてない…。
 一度は旅行自体をキャンセルしちゃおうかなって。
 テンション低いなあ。
 発車2時間前に窓側を確保出来たので、嫌々ながら(←?)決行します。
 ともあれ、秋葉原の券売機でえきねっと予約のきっぷを発券して、近くのC&Cでカレーを食べる。
 これをこなすのに、手持ちは何分必要なんだろ。
 結果的には8分でいけたよ。
 どちらも空いてて助かりました。
 本気で乗り遅れちゃいますもん。
20231207_122139

 念の為に上野から乗った私の席には、先客が居て。
 あれれ…?。
 荷物を広げてご飯食べてましたけど、E席と間違えて座っていたのが判明。
 移動して貰って、ちょっとばたばた。
 私は16:30の新函館北斗まで乗り通すのですが、特に眠くは無いので、景色をぼんやり眺めます。
 今日はこの後、どうしようかなあ。
 何も考えてないです。
 那須塩原を過ぎると、お天気が怪しくなってきたよ。
 福島では虹がはっきり見えたりして。
20231207_133403

 お隣りの方は八戸で降りたので、以降は席が広々使えます。
 さすがに新青森から先はがらがらでした。
 車窓に小さく、沖合いを往く津軽海峡フェリーが見えたり。
 青函トンネル突入前、懐かしい青函トンネル記念広場を確認したよ。
 北海道に上陸しても、まだかすかに明るかったです。
 木古内から接続の道南いさりび鉄道函館行きは、倒木の影響で運休になっているとのことで。
 それは大変そう…。
 新函館北斗で10分接続の「はこだてライナー」に乗り換えると、がらがら。
 17:00ぴったりに函館に着いたのでした。
 雨は上がっているね。
 取り敢えず、市電に乗って、五島軒へご飯を食べに行きましょう。
 久々だあ。
 レストラン雪花亭は空いていて。
20231207_172551

 店内にスタンディングが有ったけれど、艦これとコラボしているそうなんです。
 知らなかったな。
 限定メニューとか展開しているのですね。
 興味は有ったけれど、アクリルスタンドとか要らないですし。
20231207_172917

 私はNEW明治の洋食&カレーセット3,300円と道南ワイン飲み比べ白1,870円をオーダー。
 本当にさくっと運ばれて来ました。
20231207_173519

 以前と違い、ワントレーになって、コーヒーもつかなくなってしまいました。
 ちょっと寂しい。
 ワイン飲み比べは、あまりの量の少なさに、お気に入りの1種を選ぶと別のグラスが届けられるのかなって…。
 あはは。
20231207_173156

 気に入ったのは乙部かなあ。
 取り敢えず、満足です。
 函館に来ても、私は海鮮をあまり好まないので。
 十字街の電停へと坂道を降りて信号を渡ると、ベイエリアから花火が上がったので、そちらに向かいます。
 丁度18:00、イベントでしょうか。
20231207_180805

 クリスマスツリーも見えるよ。
 歩行者天国にして、ライトアップ?的なことをしていたみたい。
 調べたら「2023はこだてクリスマスファンタジー」というイベントで。
20231207_180520

 私は写真だけ撮って撤収、そのまま函館駅まで歩いたのでした。
 さあて、どうしますかねえ。
 このまま東京に戻るのも有り…?。
 宿すら決めて無いですし。
20231207_182515

 したっけ、丁度「北斗21」号の準備が整ったとの案内が流れて。
 ん、取り敢えず札幌まで行こう。
 自由席はがらがらだもん。
 18:48発、最終の札幌行きです。
 白老を通過する唯一の下り便。
 以前ならもう1本遅くにも走っていたけれど。
 長万部の時点で、先頭車には2人だけだあ。
 森までにみんな降りてしまって。
20231207_200821

 東室蘭で2人増えた。
 苫小牧では3人乗車。
 今日の宿は、新さっぽろに決めました。
 改札と直結していて便利そうです。
 今日の札幌はホテルに空室も多く、お値段もそこそこお安くって助かります。
 新さっぽろには22:32定刻です。
 一緒に降りた方の定期券がちらっと見えたのですが、金額が46万円超えだったです。
 すごっ。
 ホテルの入口は本当に改札前で、ローソンのお隣。
 買い物をして、雨が降っていますから、もう外には出ません。
 お風呂にお湯を張り、のんびり浸かるのでした。
 こちらに続いてます。

2023.12.29

ふわふあ年クリスマスイベント

12/24
 今日はクリスマスイブです。
 中山競馬場では有馬記念が行われていたので、西船橋から吉川美南行きの臨時列車が特発になりました。
20231224_154452
 中山開催日には他にも何本か走りますが、時刻表には載らない列車です。
 現地の人しか知らない列車。

12/25
 ハロウィンに続いて、クリスマスはお菓子を貰えるので嬉しいのです。
 いや、自分で買えよ…。
20231225_114540
 謎のミッキークリスマスベルを貰ったりもしたよ。
 一応、ラムネ入りのお菓子。

 西光亭のクルミのクッキーは、リスのイラストが可愛いのです。
 でも、クッキーを食べた後に真っ白な粉糖が大量に残るので、これは一体どーすればいいのか…。
 勿体無い病を発症してしまいます。
 あと、不用意に摘まむと、その辺りが粉だらけになるとゆー。

 なんて言っている間に、もう年を越してしまいます。
 12月は色々と大変でした…。

2023.12.01

F&Cを求めて

11/27
 最近、ピザハットでピザを沢山買ってます。
 五等分の花嫁キャンペーンとは全く関係無く、ブラックフライデーでかなりお安くなっていたのでっ。
 一応、1,000円以上になるように調整はしてました。
 オリジナルA5クリアファイルは、3→1→4の順番で貰えてますけど。
 2が出ない…。
 ちなみに、外からは見えないよう、厳重にパッケージされています。
1697611026259lp_01
 今日はおまけでオリジナルスリーブまで貰えちゃいました。
 公式サイトには「スリーブのみの提供は出来ません」って注意書きが有りますけど、もしかしてあんまり人気無くて余っているのかな…?。
 それとも、五等分ガチ勢と思われて(違うけれど)、サービスしてくれたのかもっ。
 ありがとうございます。

 さてさて、今日のお昼は東京駅の英國酒場Shake&Chipsへ行きました。
 フィッシュアンドチップスを食べるのだ。
 開店の11:00に合わせて友人と待ち合わせしていたけれど、私が店の場所をロストしてしまい、若干の遅刻です。
 最初、反対側の丸の内口へ行くっていう痛恨のミスをしたりとかして。
 お店は空いていて、てゆーか私達が最初のお客でした。
 私達はソファー席に案内して貰いましたが、お1人様席は背の高いスツールで、テーブルもちょっと狭そうな感じ。
20231127_111541
 フィッシュアンドチップスのランチメニューは1,580円。
 ドリンクは差額の500円を追加してビールです。
 結構お高くなりますね。
 特にパンとかも付かないですし。
 ビネガーとケチャップ、マスタードはボトルで置かれて。
20231127_112307
 届けられたでっかいフィッシュアンドチップスは、ふわふわでとても上品なお味。
 美味しかったよ。
 結構お腹いっぱいになりましたし。
 でも、ビネガーはかけ過ぎるとむせてしまいそう。
 本場ではお店の人にドバドバかけられたって、英国帰りの友人が嘆いてたっけ。
 それは…。
 御愁傷様でした。

2023.11.28

野母商船「太古」乗船記2

 ここには、野母商船「太古」福江10:10-博多17:50、の乗船記が有ります。
 とっても短い福江での滞在を終え、「太古」に再びの乗船です。
 博多までは220.9キロの船旅。
 昼便で船首のスイート利用ですから、凄く楽しみ。
20230622_095224_

 指定客室料金は半額になっていて8,800円、これを3人で分け合うと2,930円。
 基本運賃は復路割りで4,400円でした。
 こちらから続いてます。

06/22
 改めて岸壁から「太古」を見上げます。
 これから私達が乗船するスイートは、ブリッジの真下、船首の左半分になります。
20230622_093749

 わくわく。
 この「太古」については、野母商船の公式サイトで詳しく紹介されているので、そちらをご覧下さい。
 「太古船内 360°バーチャルツアー」も有りますよ。
 てゆーか、公式サイトだけ見ていれば済むっていう話もあります。

 ともあれ、まずはルームキーを受け取って、と。
20230622_170544

20230622_170549

20230622_170535

 嬉しかったので、キーを色々な角度から写真に撮ってみたりとかして。
 下船時にはキーの回収は無く、室内の所定の位置に掛けておく方式です。
20230622_100602

 長距離フェリーでは見られないシステムなのですよ。
 人員を割けない事情も有るのでしょうね。

20230622_100512

 奥まったところにあるスイート区画への扉、期待でいっぱいです。
 まずは室内を見て回りましょう。
 結構広いのです。
 ベッドは2つ。
20230622_100544

 靴を脱げる小上がりになっていて。
 定員は4人なので、マットレスの装備が2人分。
 空気清浄機まで有りますね。

20230622_100613

 化粧台にはアメニティ各種が置かれていて。
 紙コップも有ったりして。
 写真を見直していて、初めて気が付いた。
20231014_165330

 「太古」の船名が入ったビニール袋の中身はこんなでした。
 必要なものは全て揃っています。

20230622_100847

20230622_100859

 シャワールームと洗面台も明るく清潔な感じだよ。
 出航したら、後でシャワーを浴びましょう。
 有難い設備なのです。

 そして、何といっても前面に開けた展望が素晴らしくって。
 室内からの見晴らしは勿論、広々としたバルコニーにはチェアとテーブルが置かれています。
20230622_100935

 季節も良いので、ずっと外に出ているのも有りですね。
 ご飯は外で食べましょう。
 もう間もなく出航、福江の岸壁を見下ろしつつ。

20230622_101032

 はい、この先のスケジュール、寄港予定はこんな感じになっています。
------
青方11:50着12:10発
小値賀13:00着13:10発
宇久13:45着13:55発
------
 今日はお天気も良く、船酔いや遅延の心配は無さそうです。
 五島列島の島々を巡って行きますよん。

 スイート専用のプライベートデッキに出ると、日差しと海風が気持ち良くって。
 スイートにして良かったあ。
 テンション上がりまくりなのですよ。
 物凄い満足感だもん。
 同行者全員、同じ意見なのでした。
 お弁当も、より美味しく頂けます。

20230622_105142

 暫くすると、左側を対向して来たフェリーが通過して行きます。
 船名は「OCEAN」ですって。
 「OCEAN」は若松-奈留-福江を結ぶ、安田産業汽船グループの五島旅客船の運航とのことで。
 安田産業汽船ですかあ。
 懐かしい名前だな。
 生活航路らしく、デッキに出ているような人は誰も居ませんでした。

20230622_113839

 最初の寄港地、青方が近付いて来ると、右手に何だか凄そうな白い構造物が見えて来ます。
 発電所かな…?。
 調べてみたら、石油備蓄基地とのことで。
 上五島国家石油備蓄基地は、メガフロートを使用した世界初の洋上タンク式石油備蓄基地なのだそう。
 これで日本の石油需要7日分を賄えるとか。
 まだ建設中に見えたけれど、既に完成して稼働しています。

20230622_114449

 青方では5人が乗船して5人が下船。
 以降、流動をカウントしようかと思いつつ、面倒になって止めちゃいました。
 ここは結構立派なターミナルなのです。
 まだ新しそうな小さなターミナル、やがて路線バスがやって来て、すぐに発車して行ったよ。

20230622_114412

 対岸には、「フェリーありかわ」が停泊中。
 かつて佐世保港-上五島の航路に就航していたそうですが、旧五島産業汽船が経営破綻して、その後はどうなってしまったのやら。
 ここにずっと係留されているのかしら。
 寂しいね。

20230622_132011

 周囲には大小様々な島が見えて、凄く変化に富んだ景色。
 無人島でキャンプしてみたい気もしますけど、不便でしょうし、夜は怖いですよねえ。
 見ているだけならお気楽で、やっぱりそれが一番です。
 有人島ですら、人口は減り続けている訳ですし。

20230622_125906

 そんな島々の景色を眺めつつ、デッキと船室を行き来していた私達なのですが、出入り口の扉がどうにも開けにくくって。
 特に外から中に入ろうとすると、ハンドルの位置が不便です。
 足元に置かれているホースのドラムも絶妙に邪魔って言う。
 あはは。
 まあ、仕方無いですね。

20230622_125934

 宇久はかなり立派な港で、ボーディングブリッジも備えているよ。
 岸壁も広々としていて。
 港近くに、しっかりとした街並みが広がっていました。
 降りてみたいけれど、降りられません。

20230622_144824

 14:49には若松大橋を潜ります。
 プライベートデッキから見上げる橋は、往路とはまた違った楽しみが有って。
 やっぱり、次は橋を渡ってみたいよね。

 そんな感じに景色を眺めつつ、飽きたらベッドでゴロゴロして、優雅な時間を過ごすのでした。
20230622_170949

 スイートの室内には、案内所直通のインターホンも有ります。
 特に用事は無いので、使ってはいませんけど。
20230622_100425

 船内の自販機は結構充実していて、大型フェリーと変わらない品揃え。
 ラウンジみたいなチェアも有って。
20230622_100418

 寝転べる客室も、フェリーならではの設備なのです。
 片隅には箱型の枕が積んであるのもお馴染みの光景だね。
 
20230622_172716

 博多入港の直前、大型客船が対向して来ました。
 船名は「招商伊敦」と読めます。
 ファンネルにはバイキングの文字が入ってる。
 中国の客船なのですね。
 福岡市の公式サイトでクルーズ客船寄港予定を調べたら、長崎から来て広島へと向かう行程でした。
 「招商伊敦」は全長228m、定員930人とか。
 比較的小さめな客船。
 プライベートデッキにも人影は見えないので、船内で何かイベントをやっているのでしょうか。

 「フェリーちくし」が沖留めされていたり、港の反対側には近海郵船と商船三井のRORO船が見えたり、明るいと見える景色は違います。
 楽しいね。
 「太古」はきっちり定刻で博多に帰って来ました。
20230622_174304

 ポートタワーがお出迎え。
 これで今夜の「それいゆ」乗り継ぎもばっちりだよ。
 こちらに続いてます。

2023.11.24

荻窪の史跡と西荻窪のそば屋さん

11/24
 通勤定期券の期限が切れてしまう前に乗っておこうシリーズ。
 今日は荻窪と西荻窪です。

 荻窪には、駅から歩いて行けるところに史跡がふたつ有って。
 それが荻外荘と西郊ロッヂングです。
 初見では何て読むのかすら怪しかったりしそう。
 荻外荘(てきがいそう)は国指定史跡、西郊ロッヂング(せいこうロッヂング)は登録有形文化財になっています。
 言ってしまえば由緒ある建物、かな。
 アニメの背景として登場したことも有るよ。
 杉並区所在なアニメ制作会社は多いですから。
 どちらも荻窪駅の南口からが便利です。
 ちなみに北口のバスロータリー前には、地名の由来となった「荻」が線路脇に植えられています。
20231127_094725
 そして、西荻窪。
 駅前の名代富士そば西荻窪店は、その筋では有名な立ち食いそば店です。
 この近辺の立ち食いそば店では、中野駅前の田舎そばかさいが有名なのですが。
 そちらは2回しか食べたことがありません。
 西荻窪店は何と!現存する日本最古の富士そばなのです。
 公式サイトでも、ちゃんとこちらに紹介されていて。
 歴史なのですよ。

 荻窪も西荻窪も、裏通りの方を歩くと色々と面白いお店が見付かったりしますが、面倒なので訪問はせず。
 てゆーか、今日は暑過ぎなんです!。
 コート脱いで袖をまくっても暑かったですよお。
20231124_094828
 写真はこれだけを撮って。
 すぐお隣、ビル建て替え中のこけし屋の営業再開には間に合わず、転勤になってしまったのは残念でした。

«吉祥寺のカレーと三鷹跨線人道橋

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー